Content Creator Toolkit その13:Geometry Editorでの辺/頂点選択

Category : Content Creator Toolkit
Geometry Editorツール(旧Polygon Group Editorツール)はもともとフィギュアのポリゴンを選択して、ポリゴン・グループを作るのが目的のツールでした。バージョンアップにつれてリジッド・フォロー・ノードの作成やOpenSubdivのウェイト調整、さらにはポリゴンの削除などの編集機能が加わり、名称の変更にまで至ったと思われます。

その中でも大きな機能追加は、フィギュアのポリゴン(Polygon)だけではなく、エッジ(Edge)、バーテックス(Vertex)の選択ができるようになったこと、つまり選択タイプという概念が加わったことです。
それと共に、リジッド・グループの作成は選択タイプ:バーテックスの時に、OpenSubdivのウェイト調節は選択タイプ:エッジ/バーテックスの時に行えるように追加・変更されました。

今回は選択タイプのご紹介と、バージョンアップで追加された機能の中から、選択セットの作成とOpenSubdivのウェイト調節ついてをまとめました。

CCT geometryeditor SS

※過去記事『Content Creator Toolkit その3:Geometry Editorツール』『Content Creator Toolkit その4:Node Weight Map Brushツール』について、現在の仕様にあわせて記事の追記・修正も行っています。

→続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

合理的に汚しを加えるシェーダーDAZ Studio Dirt Shaders

Category : その他
『DAZ Studio Dirt Shaders』はオブジェクトに汚しを加えたり、緑青の浮いたブロンズ像のように見せることができるシェーダーです。
以前テクスチャに汚しを加える『Hybrid Grunge』というスクリプト製品をご紹介しました(記事はコチラ)が、まんべんなく汚しが入ってしまうという問題がありました。それに対して『DAZ Studio Dirt Shaders』は汚れのたまりやすい箇所に、合理的に汚しを入れてくれるすぐれもののシェーダーです。
ベンダーはハイクオリティな背景オブジェクトやロボットフィギュアなどを製作されているStonemason氏なので、このシェーダにも興味を引かれた方が多いのではないでしょうか。

『DAZ Studio Dirt Shaders』には大きく分けて3種類のシェーダーが含まれます。

 ・BronzePatina 緑青(青さび)付きのブロンズ像の質感
 ・DirtyCorner 溝にたまった汚れ
 ・DirtyEdge 端の方の塗料のはがれや錆

イメージ的には上記のような感じです。
今回はこのDirt Shadersの効果や使う上でのコツなどをご紹介したいと思います。

dirtshader SS

→続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

インタラクティブ・チュートリアル・コンテンツを活用する

Category : DAZ Studio 4
DAZ Studioの2月のバージョンアップ(4.6.2.118)で、インタラクティブ・チュートリアル(インタラクティブ・レッスン)という機能が加わりました。
その時の記事でご紹介したように、インタラクティブ・チュートリアルというのは画面の指示に従って操作しシーンを作っていくことで、DAZ Studioの基本的な機能を学んでいくことができるという機能です。

インタラクティブ・チュートリアルの種類はあとから増やすことができるようになっており、DAZストアのインタラクティブ・レッスンカテゴリにそのコンテンツを見つけることができます。
6/30現在でAuto-Fit機能の手順を学ぶものが4商品、シーンを作るものが5商品と、全て無料で公開されています。これらインタラクティブ・チュートリアル・コンテンツは、特にシーンを作る5商品については使用する素材が付属しており、チュートリアル以外にも使用できることから、お得にコンテンツを増やすことができます。

今回は、インタラクティブ・チュートリアルにどんなものがあるのかと、チュートリアルを進める上でのポイントなどをご紹介したいと思います。

レッスン SS

→続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

プラチナクラブプラスでPA商品をお得に購入

Category : 製品ニュース
すでにニュースレターでご存知の方も多いと思いますが、DAZストアの会員サービス(有料プラン)としてこれまであったプラチナクラブ(Platinum Club)に加え、プラチナクラブプラス(Platinum Club +)が始まりました。
まだ現在はベータ期間として正式なものではないようですが、プラチナクラブプラスはプラチナクラブに比べPA(Premier Artists:ベンダーがDAZ3Dではない)商品への割引が強化されています。

プラチナクラブプラスについての詳細ページはコチラです。
この記事の内容は上のページを参考にしています。

プラチナクラブとプラチナクラブプラスのサービス内容についての比較は以下のようになります。
プラチナクラブプラチナクラブプラス
月々の無料商品5アイテム5アイテム
DAZオリジナルアイテムへの割引30%オフ30%オフ
月1回のDAZクーポンありあり
プラチナクラブアイテムの価格$1.99または$2.9970%オフ
プラチナクラブアイテムの早期割引なしあり
月1回のPAクーポンなしあり
週替りのPAストア割引なし30%オフ

※クーポンについて
プラチナクラブプラスではクーポンの使用条件に次のような変更があります。
●DAZオリジナルに対する$6クーポン(DAZクーポン)
 プラチナクラブ プラチナクラブアイテムには使えない
 プラチナクラブプラス 新商品のプラチナクラブアイテムには使えない
また、プラチナクラブプラスではPA商品も使える$6クーポンも月1回配布されます。
●PA商品に対する$6クーポン(PAクーポン)
 プラチナクラブ -
 プラチナクラブプラス $18以上の注文時にリリースセール期間以外の商品に対して$6オフ
両方のクーポンともにギフトカード、メンバーシップに使えないのは従来どおりです。
DAZストアでは通常リリースから2週間(DAZオリジナルは1ヶ月間)をリリースセール期間(Intro Price Period)としているようで、PAクーポンはリリースセール中の商品に対して使えないだけで、DAZオリジナル商品、プラチナクラブアイテム、PA商品の別はありません。

※プラチナクラブアイテムの価格について
プラチナクラブではプラチナクラブアイテムカテゴリの商品は$1.99または$2.99(バリューアイテム)のどちらかという低価格で購入できるのがその魅力の一つでした。
プラチナクラブプラスではそれが大きく変更になりました。70%オフ(早期割引で79%オフ)となり、割引後はだいたい$2.09~$5.09というばらばらな価格になります。
ただし、プラチナクラブプラスのDAZクーポンは新商品以外のプラチナクラブアイテムに対しても使用できるようになりました。

※プラチナクラブプラスに入るには
プラチナクラブプラスに切り替えるには、詳細ページの一番下の画像にあるように、DAZストアのマイアカウントのプラチナクラブのページで「Convert Account」ボタンをクリックして、画面の指示に従って下さい。
まだプラチナクラブ会員でない場合は、プラチナクラブに入ってからプラチナクラブプラスに切り替えるという手順になります。
プラチナクラブプラスの会員料金はプラチナクラブのそれと同額です。
一度プラチナクラブプラスに切り替えると、プラチナクラブに戻すことはできません。
ただし、ベータ期間が終了する7月末に一度全てのプラチナクラブプラスメンバーはプラチナクラブに戻されます。
その後正式にプラチナクラブプラスが始まった際に、そのサービスが気に入った場合は再び切り替えるという仕組みになっています。



Platinum Club Annual Membership

Platinum Club Quarterly Membership


プッシュ・モディファイアにウェイトマップを適用する

Category : DAZ Studio 4
DAZ Studio 4.5で搭載された機能にプッシュ・モディファイア(Push Modifier)があります。オブジェクトを膨らませる(頂点を法線方向へ移動する)機能で、ジオメトリシェルと組み合わせて使われたりしました。
この機能、オフセットプロパティ(Offset Distance)を調節することで膨らませる度合いを調整できるのですが、適用したオブジェクト全体に均一にかかってしまうという点で用途の限られるものでした。

ところが先日のバージョンアップ(4.6.3.50)で、このプッシュ・モディファイアの効果をウェイトマップで調節できるようになったのです。つまり、全体を均一に膨らませるのではなく、ウェイトマップを使って膨らませる場所を限定できるようになったということです。

そこで今回は、このウェイトマップド・プッシュ・モディファイアの使用例として、フィギュアに衣服を着せたときの肌の突き破り(Poke through:ポークスルー)を修正する方法をご紹介したいと思います。

Pushモディファイア SS

→続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

著書
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
プロフィール

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

V4 DSプラグイン マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 Genesis セール アニメーション IBL タブ解説 LuxRender ダイナミッククロス スクリプト セットアップ ShaderMixer Download カスタマイズ SSS レタッチ Genesis2 トゥーン NGM ウェイトマップ ERC D-Form ファー Photoshop Miki2 大気 M4 物理シミュレーション カラーコレクション モーフセット IDL V5 ボリューム アナグリフ インスタンス Terrain ロボット RAMDisk K4 SLG Hexagon カメラ GIMP モーションキャプチャ Linux Python バージョンアップ ダイナミックヘア 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター