SimTenero Particle Physics その2:エミッターのプロパティ

Category : SimTenero Particle Physics
DAZ Studio用のパーティクル・アニメーション・スクリプト『SimTenero Particle Physics』では、読み込むエミッターによってパーティクルの性質が変わるように感じられます。そのため、基本セットやアドオンの製品ページで紹介されているパーティクルしか生成できないと思いがちです。しかし、読み込む各エミッターはプリセットでしかなく、そのプロパティ等を調節することで驚くほど多彩な性質のパーティクルを生成することができるようになっています。

個々のパーティクルは独立したオブジェクトなのでエミッターから放出された後にそのマテリアルやアニメーションを変更することができるのですが、たくさんあるためそうするのは現実的ではないです。そこで、『SimTenero Particle Physics』ではエミッターの方のパラメーターやマテリアルを調節することで、それがシミュレーション時にパーティクルに反映されるという仕組みになっています。
今回は、そのエミッターのプロパティなどについてご紹介したいと思います。

パーティクル2 SS
レンダラータグ irayレンダラータグ 3delight

→続きを読む

SimTenero Particle Physics その1:使い方

Category : SimTenero Particle Physics
DAZ Studio用のパーティクル・アニメーション・スクリプト『SimTenero Particle Physics』のご紹介第1回は、基本的な使い方の流れを見ていきたいと思います。
このプロダクトは読み込んですぐレンダリングするものではなく、パーティクルを生成して物理シミュレーションさせるという工程があります。そうやってはじめてレンダリングできる形でパーティクルがシーンに配置されるのです。

今回は『Core Engine』のみを使いますので、出来上がりの画像を見ても、どんなことに使うのか今一つピンと来ないと思います。
製作者による動画がありますので一度ご覧下さい。



また、アドオンについても動画がありますので、この再生リストからご覧下さい。

また、ドキュメントセンターの商品ページからダウンロードできるユーザーガイドPDFも参考になるかと思います。
レンダラータグ irayレンダラータグ 3delight

→続きを読む

粒子アニメーションをシミュレートする『SimTenero Particle Physics』

Category : 製品ニュース
『SimTenero Particle Physics』はDAZ Studio用のパーティクル・アニメーション・スクリプトとして、煙や火花、水といった粒子アニメーションを実現するものです。シーンのエフェクトとして粒子が重力にしたがってアニメーション、オブジェクトに衝突する様子をシミュレートすることができます。


SimTenero Particle Physics - Core Engine

SimTenero Particle Physics - The Complete Bundle

『SimTenero Particle Physics』では以下のようなことができます。

 ・煙や火花、水滴といったパーティクル(粒子)をシーンに加えることができます。
 ・スクリプトによってパーティクルをアニメーションさせることができます。
 ・パーティクルは重力に従って動き、シーンのオブジェクトと衝突し、設定した時間が経つと消滅します。

『SimTenero Particle Physics』は次のような仕様になっています。

 ・パーティクル一粒一粒はアニメーションやマテリアルを持つオブジェクトとして、シーンに配置されます。
 ・通常のマテリアルに加え、時間経過による色と透明度のアニメーションをつけることができます。
 ・パーティクルを放出するエミッターには、パーティクルの初速ベクトルや大きさ、重力、衝突によるパワーロスなどのプロパティがあります。
 ・マテリアル等は3Delightレンダラー用とIrayレンダラー用の2種類が用意されています。

パッケージにはエミッターのプリセットやパーティクルのマテリアル及びシェイプが含まれており、『Core Engine』(基本セット)だと次のような内容(Irayレンダラー用)になっています。

 エミッターのプリセット - 5種
 マテリアルプリセット - 5種
 パーティクルのシェイプ - 2種

さらにアドオンを購入することで、これらを増やすことができます(Core Engineに必要なものは揃っているので、他の3DCGソフトでパーティクルを使ったことのある人であればアドオンは必要ないかもしれません)。

久しぶりに面白そうなものが登場してきました。これまでは炎や魔法といったエフェクト、シャワーや雨の水滴といったものは、静止したオブジェクトとしてシーンに配置する商品はありましたが、使えるケースが限られたものでした。この『SimTenero Particle Physics』では一般的なパーティクル・システムのようにエミッターから多量のパーティクルを放出し、シーンのオブジェクトと衝突するアニメーションを作ることができます。

DAZ StudioやIrayの仕様を考えると、おそらくできることとできないことがはっきり分かれてしまう分野だと思いますが、次回からは『SimTenero Particle Physics』でどのようなエフェクトを作れるのかを見ていきたいと思います。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター