スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hexagon BETA 2.5.2.109が公開

Category : 製品ニュース
 先月末にDAZ3Dのモデリングソフト『Hexagon 2.5』の最新ベータリリースである『Hexagon BETA 2.5.2.109』が公開されました。
これは、2018年第1四半期に予定されている64bitサポートに先駆けて、安定性の向上をメインに行われたものです。
詳しい内容はDAZフォーラムのこのトピックで見ることができます。

hexagon25beta SS

 インストールは、DAZストアの『Hexagon BETA』商品ページから購入(無料です)し、Install Managerから行います。
ダウンロードの際、商品ページにあるようにInstall Managerの設定でDownloadsタブの「Public Build」にチェックを入れておく必要があります。起動には『Hexagon 2.5』のシリアルナンバーが必要ですが、現在そちらもフリーになっていますので、まだ未購入の方はこの機会に入手しておきましょう。
ベータ版であることをご了承の上、セーブを頻繁にしてお使い下さい。

 主なバージョンアップ内容は次の通りです。

 ・Install Managerからのインストールに対応
 ・安定性の向上
 ・起動時にHexagonに関する最新のニュースを表示する「Hexagon News」を搭載
 ・設定にDAZ Studioの場所を指定するオプションを追加(Edit > Preference Editor > Import/Export > Daz Studio Bridge)
 ・メニューテキストなどの更新、日本語およびフランス語への未対応テキストの翻訳
 ・Large Address Aware (LAA)をデフォルトに(Windows版:32bitアプリケーションのまま使用メモリ4GBまで対応)
 ・DWG/DXFインポートの修正(Windows版)
 ・PowerPCサポートを削除(Mac版)

DAZ Studioとの連携機能「Hexagon Bridge」がとっても便利なモデリングソフトですので、そちらのバージョンアップに合わせて『Hexagon 2.5』もバージョンアップしていって欲しいですね。



Hexagon BETA

Hexagon 2.5



スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

DAZストアのインタラクティブライセンス

Category : 製品ニュース
 InstallManagerを起動するときに許諾を求められるので気付かれたと思いますが、先日DAZストアのEULA(使用許諾契約書)に変更がありました。また、DAZストアの商品ページには新たに「Interactive License(インタラクティブライセンス)」というチェック欄が加わりました。
このインタラクティブライセンスについて説明するページもできていましたので、それを参考にインタラクティブライセンスとは何なのか引用しつつ見ていきたいと思います。

インタラクティブライセンス SS


→続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

DAZ Studio 4.10 Proが公開

Category : 製品ニュース
 DAZ Studio 4.10 Pro(4.10.0.107)が正式公開されました。
詳しい内容はDAZフォーラムのこのトピックで見ることができます。

 今回の注目機能『dForce』の紹介と対応した衣服のセールページはコチラ
dForce_sale

 主なバージョンアップ内容は次の通りです。

 <Iray関連>

 ・Iray 2017.0.1へアップデートされました。
  そのためGPUレンダリングを行うにはFermi(GeForce 400シリーズ)以降のGPUと最近のドライバーが必要になります。

 <シミュレーション関連>

 ・新たな物理シミュレーションエンジン『dForce』が実装されました。(Simulation Settingsペイン)

 <コンテンツ作成/変換関連>

 ・Transfer Utilityに「Distance Tolerance」「Parent To Source Figure」オプションが追加されました。

 <PowerPose関連>

 ・全体的なパフォーマンスの向上

 ・ペイン内で「Template Set」「Template」をドロップダウンメニューで変更できるようになりました。

 ・ポイントの編集ができるEditモード(右クリックメニュー)が追加されました。

 ・フィギュアテンプレートの保存/読み込みに対応しました。

 <その他>

 ・メニューを最新にアップデートする メインメニュー > Window > Workspace > Update and Merge Menus が追加されました。

 ・SubDにSubDivision Normalsプロパティが追加されました。

 ・BVHImportに「Limit Translations to Hip」オプションが追加されました。

 ・FBXExportに「Locks」「Limits」オプションが追加されました。

                    ***

 今回の注目機能は衣服のドレープを作る(クロスシミュレーション)ことが可能な『dForce』です。
何年も音沙汰のなかった『Dynamic Clothing』に代わり、最新フィギュアに対応する形で登場しました。私も少し触ってみましたが、『dForce』がスゴイのは次の点です。

 ・既存の衣服(コンフォーム服)に適用できる。
 ・オブジェクトの落下・衝突・風になびくなどの物理シミュレーションができる。
 ・グラフィックカード(OpenCL1.2に対応)を使って計算できる。

『dForce』はDAZ Studioに搭載される物理シミュレーションエンジンとして登場し、最初に導入されたのが「クロスシミュレーション」とのことです。
DAZストアでも既に設定を済ませた衣服商品が販売されていますが、『dForce Starter Essentials』にサンプルシーンや衣服1着が入っていますので、Install Managerからダウンロードして試してみて下さい。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Genesis 8 と Victoria 8 が新登場

Category : 製品ニュース
 DAZ Studio 4.9.4 Proの公開と合わせるように、DAZ3Dの新しい人体フィギュア『Victoria 8』が登場しました。

 新世代のGenesisが出たということで、そのベースフィギュアである『Genesis 8 Female』も配布開始されています。’3’から飛んでGenesis’8’になったのはキャラクターの方とナンバーを合わせるためでしょうね。
Install Managerから『Genesis 8 Female Starter Essentials』『Genesis 8 Female PowerPose Templates』が無料でダウンロードできるようになっています(初日にPowerPose Templatesの方をダウンロードされた方は、中身が違っていたためアップデートして下さい)。

0615-victoria8-b-fix4.jpg
0616-slider.jpg

 『Genesis 8』がどんなフィギュアなのか、『Genesis 3』とどう違うのかはおいおい紹介していくとしまして、今回はDAZストアの紹介ページでリストアップされている点をご紹介します。

 ・簡単にリアルな表情を作るための、新しいPowerPose表情インターフェイス
 ・まつげの別オブジェクト化と新たな目のデザイン
 ・新たなコンテンツタイプを見越したデフォルトポーズの改善
 ・よりリアルな手と足の指、爪床
 ・自然な肌表現のための新しいSSS要素をもって劇的に改善されたIray Uberシェーダー
 ・Genesis、Genesis2、そしてGenesis3(男女間さえ)との互換性のためにクローン(アセット)が付属
 ・腹、肩、鎖骨の曲がり方の改善と、ビルトインされた筋肉の屈曲
 ・より多くの靴のタイプをサポートするためのかかととつま先の手直し
 ・エクストリームな後方互換性とアメイジングな先進性が同居

私がざっと試したところでは、デフォルトポーズがTポーズからPCゲームの人体モデルのように八の字に変更された点、足首のボーン数が減った点、まつげが服扱いになった点以外は『Genesis 3 Female』をほとんど継承しているようです。
ノード名やマテリアルグループ名はほぼ共通で、Auto-fit機能用のクローンフィギュアもインストールされるので、『Genesis 3 Female』の資産の流用は最大限できるように作られています。
また、『Genesis 8 Female PowerPose Templates』をインストールすることで、PowerPoseペインが『Genesis 8』に対応します。『Genesis 3』以降ノード数(ボーン数)が多くなったことへの対処の一つだと思われますが、これで表情を付けるのはかなり難しいのではないかと思います。


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

DAZ Studio 4.9.4 Proが公開

Category : 製品ニュース
 DAZ Studio 4.9.4.115 Proが正式公開されました。
※すぐPowerPose関連の修正が入り、DAZ Studio 4.9.4.117 Proが公開されました。
詳しい内容はドキュメントセンターのページDAZフォーラムのトピックで見ることができます。

 同時に、バージョンアップ記念セールが開催されています。
49時間限定で、対象の新商品、DAZオリジナル商品、Iray関連商品などが49%オフになっています。

0613-slider-a.jpg

 主なバージョンアップ内容は次の通りです。

 <Iray関連>

 ・Iray 2016.3.2 (278300.12584)へアップデートされました。

 ・Iray Iberシェーダーにてchromatic subsurface scattering colorがサポートされました。(Volume>SSS Modeプロパティ)

 ・Iray IberシェーダーにてBase Color Effectプロパティ(Base>Diffuse>Translucencyグループ)に「Scatter & Transmit Intensity」が追加されました。

 ・Iray IberシェーダーにてDual Lobe Specular Weightプロパティ(Base>Dual Lobe Specularグループ)が追加されました。

 <PowerPoseペイン>

 Genesis世代のフィギュアに対応するための改良が進行中です。(まだGenesis3には完全には対応していません)

 ・リセットポーズボタンが削除されました。ポーズのリセットにはオプションメニューなどからRestore>Restore Figure Poseを実行してください。

 ・Tipsページが追加されました。

 ・複数のノードを同時に操作するポイントが追加されました。

 <Auto-fitツールとTransfer Utility>

 両ツールとクローン・アセット(Clone Assets)を使って、そのフィギュアのために作られたアイテムをもう一つのフィギュアへ自動でフィットさせることが可能になります。そのためにクローン・アセットには両方のツールの結果を改善するための追加情報を含めることができます。

 <その他>

 ・キャラクター・プリセット保存時に、読み込み後実行するスクリプト(post-load script)を指定することが可能になりました。

 ・クローン・アセットに関する多数の改良がされました。

 ・アニメーションの範囲(Range)やFPSなどをシーンファイルで保存/読み込みできるようになりました。

 ・その他多数のバグフィックス


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

著書
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット ボリューム V5 インスタンス カメラ Genesis8 アナグリフ Hexagon GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。