FC2ブログ

コンテンツDBを再構築する

Category : DAZ Studio 4
DAZ Studio 4.6にアップデートする際に、私の環境では新たにインストールしたコンテンツのメタデータが登録されないという不具合が起こりました。
以前記事にした『コンテンツDBのメンテナンス』はSmart Contentタブにはっきりと表れるエラーの除去をDSの機能で行うというものなので、今回のように原因不明でメンテナンス機能も及ばないものには効果がありませんでした。ただし、コンテンツDBのリセットは試していませんが。

ブログにいただいたコメントなどで、Content Management Service(CMS)の完全アンインストールで直った事例を教えていただき、私もそれを試すことにしました。
CMSとは、DAZストアの製品のメタデータをコンテンツデータベース(コンテンツDB)に登録し管理するためのOSのサービスです。DS4のSmart Contentタブや、DAZ3D Install Manager、Carrara8.5のコンテンツブラウザは、このCMSとやり取りして、インストールされたDAZストアの製品の情報をもらったりしています。

CMSの完全アンインストールと再インストールで、無事起こっていた不具合は解消されました。
そこで今回は、CMSの完全アンインストール、そしてコンテンツDBのバックアップ方法を記事にしました。

DAZフォーラムのこのポストより、CMSの完全アンインストール方法を参考にさせていただきました。

※CMSのインストール手順を一部修正しました。(2013.9.16)

→続きを読む

コンテンツDBのメンテナンス

Category : DAZ Studio 4
DAZストアで購入した製品を管理するソフト『DAZ3D Install Manager』はもう使ってみましたか?

現状「まだ」と答える方の方が多いのではないでしょうか。
あるいはダウンロード機能だけ使っている、とか、カタログとしてだけという方もいらっしゃるかもしれません。おそらくですが、DAZが想定する『DAZ3D Install Manager』の一番問題の出ない使い方は、専用の1つのコンテンツディレクトリ(長いので今回はCDirと略します)に購入済み製品を全部インストールし、カテゴリ分けなどの利便性はSmart Contentタブで補う、という方法だと思います。

とはいえ、それだとPoserでも使う場合に不便ですので、私はこれまで使ってきたCDirと新規に作ったCDirとを共存させて使っています。これまで使ってきたCDirにも『DAZ3D Install Manager』でインストールする形です。
そこで今回特に必要に迫られたのが、「コンテンツデータベース(コンテンツDB)」のメンテナンスでした。
コンテンツDBは、OSのサービスとして動作するDAZ Content Management Service(CMS)が管理している、インストール済み製品データベースで、DAZ Studio4以降のSmart Contentタブ、Carrara8.5以降において参照されています。

今回はコンテンツDBに不具合が出てしまった場合のメンテナンスの方法をいくつかご紹介します。

コンテンツDBメンテ SS

→続きを読む

ジオメトリシェルで簡単ボディスーツを作る

Category : DAZ Studio 4
DAZ Studio 4.5の新機能として、インスタンス(Instance)と並んでジオメトリシェル(Geometry Shell)が追加されました。
簡単に言うとマテリアルの変更できるインスタンスなのですが、他にも結構面白そうな特長を持っています。

今回は、ジオメトリシェルを使ってGenesisにピッタリフィットするボディスーツを作ります。また、他にもどんなことに使える機能なのかを考えていきます。

※インスタンスについてはコチラの記事をご参照下さい。

ジオメトリシェル SS

→続きを読む

グループノードでオブジェクトを整理する

Category : DAZ Studio 4
グループノード(Group Node)もDAZ Studio 4.5の新機能です。
これはヌル(Null)と同じように、レンダリングしても描画されないオブジェクトです。使い方や特性もヌル(Null)と似ていますが、ペイントソフトのレイヤーのように、シーン内のオブジェクトを整理することを主な役割としています(Illustratorのレイヤーがイメージ近いと思います)。

今回はグループノードの使い方と特性を調べました。

以前『インスタンスを使ってオブジェクトを複製する』でご紹介したものを単記事にまとめました。

グループノード フィギュア Sceneタブ グループ1

→続きを読む

DUFプリセットの保存と再利用

Category : DAZ Studio 4
DAZ Studio 4.0より導入されたDSONフォーマットのファイルは、それまで使われていたDAZ Scriptフォーマットのものに置き換わるように実装されてきました。そしてついにDS4.5より、ほぼ完全にDSONフォーマットが標準の地位を獲得しました。

シーンデータの保存はDSONフォーマットでしかできなくなり(dazファイルの読み込みはまだできます)、DAZ Scriptフォーマットのプリセット保存はDeprecated(非推奨)として隅に追いやられました。また、DSONフォーマットのファイルの拡張子として.duf(DAZ User File)が新設され、それまで使われていた.dsf(DAZ Support File)はジオメトリなどの実データのみに使われるように変更されました。
また、保存できるプリセットとしてHierarchical Material(s)、Wearable(s)といった便利なものが追加されました。

今回はDSONフォーマットで保存できるプリセット(DUFプリセット)のうち、フィギュア周りのものと、新規追加されたものを説明していきたいと思います。
『Content Creator Toolkit その8:DSF形式での保存』のDSFプリセット保存部分のDS4.5対応版となります。

DAZ Studio 4.5.0.137 Proを使用しています。

DUF保存 SS

→続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

著書
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター