PoserのマテリアルをDAZ Studioへ:バンプ再考

Category : Tips
前回のエントリーでPoser用マテリアルをDAZ Studio(以下DS)向きに調整するためのパラメータを紹介しました。ところがバンプマッピングの部分があいまいだったので、今回改めて調べてみたいと思います。

バンプ比較 SS

※記事の内容を訂正いたしました。

→続きを読む

PoserのマテリアルをDAZ Studioへ:スペキュラとバンプ、ディスプレイスメント

Category : Tips
Poser用のフィギュアや衣装をDAZ Studio(以下DS)に読み込んだ時、最初のレンダリング結果にがっくりすることがままあります。それはマテリアルがPoser用に調整されているためです。そのアイテムがDS用のマテリアルの付属したものならMATポーズファイルを適用すればいいのですが、なければこちらで調整するしかありません。
今回はこれまではなんとなくいじっていたパラメータを、まじめに差を調べてみようという試みです。その中でも差がわかりやすいスペキュラ(ハイライト)、バンプ、ディスプレイスメントについてです。

マテリアル比較 SS

※ハイライトサイズの訳が間違っていたのを訂正しました。Roughnessのほうが正しいです。
※バンプとディスプレイスの単位について追加訂正しました。

→続きを読む

カテゴリビューでランタイムを整理する その2

Category : Tips
前回に引き続きDAZ Studio(以下DS)のContentタブカテゴリビューの使い方について説明します。今回はアイテムのカテゴリとタイプを定義するmapファイルについて、それによって有効になる機能とからめて説明していきます。自動カテゴライズにも関係するファイルなのですが、あまり過度な期待はしないほうがいいかもしれません…

→続きを読む

カテゴリビューでランタイムを整理する その1

Category : Tips
ハードディスクにインストールしたフィギュアなどのアイテムをDAZ Studio(以下DS)から利用するためのContentタブ、これがなくては始まらない重要なタブですが、アイテム数が増えてくるにしたがってどんどん内容が複雑になり、目的のものを探すのが大変になってきます。
このタブには、フォルダ構造そのままで表示するフォルダビューと、ユーザーが自由にアイテムを分類できるカテゴリビューがあります。このブログではインストール場所の説明上フォルダビューをお勧めしてきましたが、今回は、カテゴリビューでアイテムを整理する方法をまとめたいと思います。
使い始めると便利なんです!コレガ!

カテゴリビュー SS
本文とはあまり関係ありませんが、DS3になってからはアクティビティを一つにまとめ、Contentタブはアイコンで随時呼び出すようにしています。

※3つ目のカテゴライズ方法を追記しました。

→続きを読む

2種類のCPUでのDAZ Studioレンダリング時間比較

Category : PC
前回のエントリーでは結果を書きなぐったみたいになってしまったので、今回はさらにいくつかレンダリング時間を比較したものを載せます。
と言いつつ、まとめっぽいことは書きません。

→続きを読む

マシンスペック 2009.9

Category : PC
PCをアップグレードしましたっ!

CPU:Intel Core2Quad Q9550 2.83GHz
Memory:8GB RAM(実効3.5GB)
Graphic Card:nVidia Geforce 9600GT
OS:Windows XP Pro SP3 32bit

デュアルコアのAthlon64 X2 2.8GHzからクアッドコアになり、大幅にパワーアップしました。
試しに過去のこの記事のシーンから背景を取り除いて被写界深度を切ったものを768x1024pixelsの大きさでDAZ Studio 3Advancedにて比較レンダリングしたところ、

 Athlon64 X2 2.8GHz  53分14秒
 Core2Quad 2.83GHz  9分11秒

このような結果になりました。
ちゃんと設定等揃えたつもりですが、こんなに差が出るとは思わず、一瞬自分の目を疑いました@_@
以前の環境に戻すことはできませんし、ほんとに一例だけなので信用に足るデータとは言えませんが、自分としてはアップグレードしたかいがありました。

実は最初はエラーの出始めたDVDドライブを交換しようかと思ってただけなんですけど、マザーボードに問題があることがわかってきて、いっそのことCPUも換装してしまおうと。AdobeのPhotoshopなども使っている手前、IntelチップセットとCPUの方が安心ですからね。

Victoria4の身長はいくつ?

Category : Tips
前回のエントリーでPoserとDAZ Studio(以下DS)とのやりとりをしているうちに、1つの疑問が浮かび上がりました。それは、DSの長さの単位はなんだろう?という事です。マニュアル等では1ユニットと表現されているのですが、現実の単位で捉えられた方がわかりやすいし、他アプリケーションとのやり取りの際にも便利です。
どこかに書かれていないかとDSのユーザーガイドを探したところ、手がかりがありました。

The scale from Hexagon to DAZ Studio is 10:1, 1 unit in Hexagon = 10 cm.


と、あるページに書かれています。
訳しますと、HexagonからDSへのスケーリングの割合は10対1で、Hexagonでの1ユニットは10cmです。というところでしょうか。
ということは、DSでの1ユニットは1cmになります。
確認してみるとDAZ製フィギュアVictoria4の標準状態での身長は約180cmとなり、通説と合っています。ちなみに、Show Floorで床を表示した時の升目は100cmごとになっています。
今回はあっさりとしたTipsでしたが、これで距離などのパラメータの感覚がつかみやすくなったと思います。Poserの方の単位もcmにすれば、やり取りをする時にも楽になりますね!

背は伸びたかな?
著書
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター