PoserのマテリアルをDAZ Studioへ:HSSのスペキュラ

Category : Tips
以前の記事にてPoserとDAZ Studio(以下DS)とのスペキュラの違いを比較しました。その際は、DS標準のシェーダ、DAZ Studio Defaultシェーダを用いましたが、今回はomHumanSurfaceシェーダ(HSS)(Eliteテクスチャ付属)および、その上位版であるUberSurfaceシェーダ(DS3Advanced付属)のスペキュラについて調べてみたいと思います。
※今回の記事でHSSとある部分は、UberSurfaceと置き換えても同じことになります。

HSS作者による英語Wikiがココにあります。ご参考にどうぞ。

HSSスペキュラ SS

※Secondary Specularの画像をより差がわかりやすいものに差し替えました。
※スペキュラモデルの参考画像を追加しました。

→続きを読む

Suzu用アイメイクをLIEで再現する

Category : Layered Image Editor
まにほにさん作のMiki2ベースのキャラクター『MH Suzu for Miki2』では、アイメイクをPythonスクリプトを使って実現しています。これには同じく同氏作の『SkinBlender』の機能限定版が使われています。
しかしDAZ Studio(以下DS)ではPythonスクリプトは使えないので、代わりに『SkinBlender』と同等の機能を持つプラグイン『Multi-Layered Image Editor』を使って再現しようというのが今回の企画です。

LIEアイメイク SS

→続きを読む

Miki2をDAZ Studioで使ってみる

Category : Tips
Content Paradise(コンパラ)で販売されているフィギュアにMiki2.0があります。日本人キャラクターとして製作されたもので、パッケージとしても販売されているフィギュアですね。このフィギュアをDAZ Studio(以下DS)で使うには気をつけなければいけない点があります。今回はそれをご紹介していきます。

DSでMiki2 SS

※SubDをかけた時にレンダリングが正常に行えない問題について追記しました。
※Miki2Hairについても追記しました。

→続きを読む

PoserのマテリアルをDAZ Studioへ:環境マッピング

Category : Tips
Poser用のマテリアルしか持たないアイテムをDAZ Studio(以下DS)上でもPoserの表示になるべく近づけようという企画の今回は、環境マッピングについて調べてみたいと思います。
あらかじめ反射像をテクスチャとして用意しそれを写りこませることで、鏡のようなサーフェイスを表現する手法です。目や金属の反射の表現によく使われますね。Surfacesタブのパラメータで言うとReflectionにテクスチャを適用した場合になります。

リフレクション比較 SS

※Index of Refractionについて追記しました。

→続きを読む

著書
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン バージョンアップ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー ERC D-Form Miki2 IDL 大気 物理シミュレーション M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 アナグリフ カメラ インスタンス RAMDisk ロボット Genesis8 3Dプリント GIMP SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター