FC2ブログ

Content Creator Toolkit その3:Geometry Editorツール

Category : Content Creator Toolkit
DAZ Studio 4(DS4)用のフィギュア・セットアップツール『Content Creator Toolkit(CCT)』解説の第3回は、ポリゴン・グループの作成・編集などができるGeometry Editorツールです。

ポリゴン・グループと言えば、Poserフィギュアにはつきものの、フィギュアをパーツごとに分割したものです。ところがウェイトマップ・フィギュア世代になると基本的にシングルメッシュなので、その役割が変わり、ポリゴン単位で作ったグループを意味する言葉に解釈が広がっています。Genesis世代のウェイトマップ・フィギュアには、フェイス、サーフェイス、リージョン、リジッドのなんと4種類のポリゴン・グループがあります。

今まではポリゴン・グループ=オブジェクト分割、サーフェイス・グループ=マテリアル分割だったので一般のモデラーで設定できたのですが、4種類もグループがあるとそうもいきません。そこでこのGeometry Editorツールが必要になったわけです。
また、次回記事にする予定のNode Weight Map Brushツールでもこのツールでのポリゴン選択とポリゴン・グループが活躍しますので、結構重要なツールです。

CCT PolygonGroupEditor SS

※バージョンアップにより名称が「Polygon Group Editor」ツールから「Geometry Editor」ツールに変更になりました。
※ツールの名称変更につき、メニューなどの変更内容を記事に反映しました。(2014.8.11)

→続きを読む

スポンサーサイト



著書
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター