FC2ブログ

Look At My Hair その1:プリセットで動物をふさふさにする

Category : Look At My Hair
人の髪の毛や動物の毛皮など、毛を3DCGで表現するのは困難です。毛を一本一本モデリングするのは大変な作業なので、テクスチャマッピングを透明度に使ってエッジをギザギザにしたり、ディスプレイスメントに使って凹凸を作ったりするテクニックが使われます。それらの方法に対して、3Dモデルに毛を一本一本生やしレンダリングしようというのが「ファー(fur)」と呼ばれるものです。

『Look At My Hair』(LAMH)はDAZ Studio 4.5で使用できる「ファー」プラグインです。
LAMHでは次のようなことができます。

 ・フィギュアや小道具にファーを生やす
 ・ポリゴン指定または密度マップによる生やす場所(follicle:毛包)の指定
 ・ガイドヘアを使ったファーの調髪
 ・専用シェーダー(3種類)の適用
 ・Renderman curve(ライン)またはポリゴンメッシュでのファー出力
 ・プリセットデータの保存・読込
 ・毛の代わりに指定したオブジェクトのインスタンスを生やす

プラグイン製作者による公式サイトには、チュートリアルビデオやサンプル画像、市販フィギュアに対応したプリセットデータなどが充実しています。
今回はそのプリセットデータを使って、DS4.5でファーをレンダリングしてみます。

LAMH SS

→続きを読む

スポンサーサイト



著書
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター