Carraraのインターフェース

Category : Carrara
今回はCarraraのインターフェース、ウィンドウ内の各部の名称と役割について説明します。
英語のアプリケーションの記事を書く時、特にインターフェースの呼び方を日本語に訳す事が多いです。しかし、それらの用語の共通認識が無いと意味が通らなくなってしまいますね。そこで、記事を書きやすくするために、各部の名称をまとめて紹介しようと言うわけです。おまけとして、各ルームの説明も付けてあります。
私自身Carrara暦は浅いので、バージョン7の英語のヘルプをほぼ直訳したものになっていますが、このブログではこれらの用語を使っていきますのでご了承下さい。

Carraraインターフェース SS
 ◆各部の名称と役割
Carraraインターフェース 汎用

画面はアセンブルルームです。アセンブルルームではシーンにオブジェクトやカメラ、ライトなどを配置したり、それをアレンジしたりすることができます。
・メニューコマンドアプリケーションの設定やファイルのオープン、オブジェクトの挿入など、コマンドベースのメニューが実行できます。ルームによって項目が変わります。また、一番左のDAZ3Dマークからはバージョン確認などができます。
・ルームボタンCarraraでは機能ごとにウィンドウの内容を切り替えて使います。左から アセンブル/モデル/ストーリーボード/テクスチャ/レンダー それぞれのルームに切り替えるアイコンです。
・共通ツール全ルーム共通のツールアイコンが並んでいます。オブジェクトを操作するマニピュレータ、プレビュー中のカメラを操作するカメラツール、ドキュメントウィンドウを操作するイメージツールです。それぞれのアイコン郡は場所を移動させたり、フロート状態で好きなところに置いたりすることができます。
・ルームツール各ルーム固有のツールアイコンが並びます。物理演算など特殊なものが並ぶ3Dビューツール、オブジェクトをシーンに追加するオブジェクトツールです。それぞれのアイコン郡は場所を移動させたり、フロート状態で好きなところに置いたりすることができます。
・ドキュメントウィンドウCarraraではシーンやモデル、シェーダなど一つ一つがウィンドウとして扱われ、同時に複数のウィンドウを持つことができます。また、ルームごとにウィンドウの役割が変わっており、アセンブルルームでは3Dワークスペースとして扱われます。
・プロパティトレイ上部では選択したオブジェクトのプロパティが表示されます。また、下部ではシーン内のオブジェクトやシェーダなどがリストアップされており、ルームによってはディレクターカメラからのプレビューも表示できます。トレイハンドルをドラッグすることでトレイの大きさを変えたり、クリックすることで最小化させたりすることができます。また、右上の矢印アイコンをクリックすることでトレイを切り離しフロート状態にすることもできます。
・ブラウザトレイシーンに読み込むことのできるコンテンツがリストアップされています。同時に、Poserコンテンツもこちらから読み込みます。また、ブラウザへシーン内の要素をドラッグ&ドロップすることで、プリセットとして保存することもできます。トレイハンドルをドラッグすることでトレイの大きさを変えたり、クリックすることで最小化させたりすることができます。
・シーケンサトレイアニメーション用のツールとオブジェクトごとのタイムラインが表示されます。トレイハンドルをドラッグすることでトレイの大きさを変えたり、クリックすることで最小化させたりすることができます。


 ◆モデルルーム
Carraraインターフェース モデルルーム

このルームではオブジェクトを作成・編集することができます。

 ◆ストーリーボードルーム
Carraraインターフェース ストーリーボードルーム

このルームではアニメーションを絵コンテのように表示することができます。
※このルームに入ると、レンダリングのファイルフォーマットがムービーになるのでご注意下さい。

 ◆テクスチャルーム
Carraraインターフェース テクスチャルーム

このルームではオブジェクトに適用されているシェーダを編集することができます。
・シェーダツリーエディタシェーダを編集するためのウィンドウです。
・シェーダプレビューウィンドウここで編集中のシェーダを球体に適用した様子をプレビューできます。


 ◆レンダールーム
Carraraインターフェース レンダールーム

このルームではシーンをレンダリングすることができます。
・イメージウィンドウレンダリングを実行すると、結果がそれぞれウィンドウで表示されます。
・レンダートレイCurrent Scenesタブでは現在開いているシーンファイルのうちレンダリングするものを選択できます。一方、Batch Queueタブではシーンファイルを読み込んで複数のレンダリングタスクを順番に実行することができます。





Carrara 8

Carrara 8 Pro



Comment

楽しみにしています。

こんにちは、 7,6でしたら メニューの日本語
パッチがあります。 自分も使わせてもらってます。
Carrara日本語化で検索できます 
これからも 記事楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 楽しみにしています。

eioさんコメントありがとうございます。
これは良いものをご紹介ありがとうございます。メニューコマンドの役割が分かりやすくなりますね。ランゲージファイルという形なので、他言語との切り替えが簡単なのも便利です。
もう1つのコメントの事ですが、お気持ちだけありがたくいただいておきます。
これからもDSだけではできない事をCarraraの記事にしたいと思っていますので、ご期待下さい。
非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター