FC2ブログ

CarraraからPoserコンテンツを使う

Category : Carrara
Carrara6以降のバージョンでは、Poserのコンテンツを直接ブラウザトレイから利用できるようになりました。それまではメニューコマンドから開くという形のみだったようで、それに比べると格段に使いやすくなりました。
これはPoserやDAZ Studioを併用されている方にとっては常識のことでしょうが、Carraraの基本として今回改めて記事にしました。

Carrara8の最新ドキュメントなどの情報へのリンクはartzone wikiのこのページに集約されています。
今回はその中からCarrara 8 Pro & Std Beginning Setupを参考にさせていただきました。

CarraraにPoserランタイム SS


■Poserランタイムの自動認識

Carrara8を初めて起動した時に、次のようなダイアログが出現する場合があります(おそらくDAZ Studioをインストールしている場合)。
CarraraにPoserランタイム 自動認識

ここでOKボタンをクリックすることで、Poserのランタイムフォルダを自動でブラウザトレイに登録してくれます。
もしCancelボタンの方を選んでしまったとしても、後からブラウザトレイのContentタブを開きファイルメニューのAuto Detect Runtimesを実行すれば同じ事ができます。


■Poserランタイムの手動登録

自動で登録されなかったランタイムは手動で登録する必要があります。
ブラウザトレイのContentタブを開きます。
CarraraにPoserランタイム 手動登録1

トレイ右上のファイルメニューアイコンをクリックし、ポップアップメニューからAdd Runtimeを実行します。
CarraraにPoserランタイム 手動登録2

フォルダ選択ダイアログが開きますので、登録したいランタイムフォルダを選んで下さい。Runtimeという名前のフォルダを指定してやればOKです。

これでブラウザトレイのContentタブからPoserのFaces(表情)、Figures(ポージングモデル)、Hair(小道具型髪)、Hands(手のポーズ)、Poses(ポーズやマテリアル)、Props(小道具)を読み込めるようになりました。
CarraraにPoserランタイム 手動登録3


■ブラウザトレイからPoserコンテンツを読み込む

今度は使う時を見ていきましょう。
と言っても難しいことはありません。ブラウザトレイのContentタブを開き、PoserやDAZ Studioで使うのと同じ様にすれば良いだけです。

アイテムのアイコンを
 (A)ダブルクリックする(着用させたい場合は先に対象フィギュアを選択しておく)。
 (B)ドキュメントウィンドウ(3Dビュー)へドラッグ&ドロップする(着用させたい場合は対象フィギュア上へドロップ)。
 (C)プロパティトレイ下部のInstancesタブへドラッグ&ドロップする(着用させたい場合は対象フィギュア上へドロップ)。
どの方法でも読み込むことができます。

(A)の場合にドキュメントウィンドウが一つも無い時は、オブジェクトの読み込みと共に新規ドキュメントが作成されます。
この時、メニューコマンドのFile(ファイル) > New(新規)から作成した時と違い、Sceneのプロパティ内PhysicsタブのUse Default Gravityのチェックが外れ、Physics SolverもStandardの方になってしまっているので、物理シミュレーションをする場合はご注意下さい。


■メニューコマンドからの読み込み

ブラウザトレイからアクセスできる以外にも、メニューコマンドからPoserのファイルを読み込むことができます。
新しいドキュメントに開くならFile(ファイル) > Open(開く)を、既存のドキュメントに追加するならFile(ファイル) > Import(インポート)を実行して下さい。

読み込めるPoserのファイル形式は以下の通りです。

Poser Camera (*.cm2,*.cmz)
Poser Character (*.cr2,*.crz)
Poser Hair (*.hr2,*.hrz)
Poser Light (*.lt2,*.ltz)
Poser Prop (*.pp2,*.ppz)
Poser Scene (*.pz3,*.pzz)

ランタイム外のファイルはもちろん、カメラやライト、シーンなどはこちらからしか読み込めないようです。

他にもDAZ Studio形式 (*.daz)が読み込めるようなのですが、Windows7 64bitの私の環境ではエラーが出て単純なシーンでも読み込むことができませんでした。DAZ COLLADA形式 (*.dae)を使ってくれということなんでしょうか。


Comment

こんばんは。
D|Sの.daz形式で保存したシーンは私の環境でもエラーになることが多くてダメでした。
エラーログがD|Sのログファイルに残るところを見ると、CarraraでインポートするときはD|SのDLLを仲介させてるっぽいので、そのあたりで何かあるのかもしれませんけど・・・うーん、原因は不明です。(´・ω・`)

とうふさんコメントありがとうございます。
ふむふむ、ということはDSがインストールされている必要があるんですね。
私の環境の場合DSのログには何も残っていませんでしたので、CarraraがDSのインストール先やdataフォルダを見つけられていないような感じがします。
DS3.1RC版が出たらCOLLADA形式でのやりとりを試してみようかなと思っています。

はじめまして。

DAZ COLLADA形式でCarraraに読み込めたので報告します。
Export前に1つやっておかなければならないことがあります。
aniMaite Liteの最終フレームがデフォルトで1秒のところにありますが、これを0秒にします。
この状態でDAZ COLLADA形式でExportし、Carrara側で新規シーンにInportすると取り込めました。
#もっともコレだと静止画限定になってしまうのですが・・・。

あとImportする時にCarraraの画面上中央にプログレスバーが表示される時は成功し、
表示されない時はメモリ不足で途中までしか取り込めていませんでした。
#D|StとCarrara同時立ち上げ、Firefoxなど立ち上げてるとだめでしたね。
#Export後は一旦D|Sを終了させた方が良いようです。

当方の環境は↓の状態です。
OS:XPSP3 Mem:3.25GB
DAZ Studio
3.0.1.144(Free Edition 32bit)
Carrara 8.0 Pro Build231

取り込んだシーンは、
V4.2,Aiko4 Morphs,Base Morphs,Morphs++にV4 Standard-Resのテクスチャ、Skin_Bump,Skin_Specを設定、
ヘアーにAmarseda V4、ポーズは適当に付けて、ライト等はデフォルトのままです。

ブログ、いつも参考にさせてもらってます。
それでは。

GA-jさんはじめまして。レポートありがとうございます。
aniMateとの関係と、メモリ消費量はとても気になりますね。

私も試してみてお答えしようと思ったのですが、3.1.0.148(一応Public Release扱いのようです)にバージョンアップしてからまともにCOLLADA形式でエクスポートできていない状態です。
新たにオプションが加わってCarraraとのやりとりもスムーズになると期待していたのですが、もっと調べてみないとだめなようです。

追記:PowerLoaderのオプションで「Include Support for Checked Products Only」にして余分なモーフセットを読み込まないようにすれば、エラーが出ずにエクスポートできるようになりました。

3.1.0.148 32bit版にアップデートしたので追試報告を、と思ったら読み込めたようですね^^ 良かったです。
今回のBuildでaniMateの設定は関係無くなったみたいです。(デフォルトの1秒のところでもOK)
出力されるファイルも若干小さくなっているようです。(130MB→102MB:aniMate1秒の時)

とはいえ、余計なデータはExportしない方が無難のようですね。

GA-jさん追試ありがとうございます。
私もいろいろなケースを試しているのですが、DAZ Studio 3.1.0.148ではV4にLegacy INJection Slots(いわゆる空きチャンネルといわれるものですね)があるとCOLLADAでエクスポートできないみたいです。これはキャラクターの顔モーフとかに使われることが多いのでちょっと困ります。現在出ている3.1.1.11ではこれが修正されていますが、ベータ版なのでお勧めしにくいところです。
非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター