FC2ブログ

Carrara8の新機能を試す:ゴッドレイ

Category : Carrara
先日Carrara8が発売されたわけですが、ドキュメントはまだ整備されていない状況ですし、付属コンテンツには新機能のデモと呼べるものは入っていません。そのため新機能に興味があっても使い方がわからない!!と言う方も多いと思います。それもあって、このブログでは新機能の使用例をご紹介してきたわけです。
そして今回はゴッドレイを使ってみたいと思います。ゴッドレイとは雲間から太陽の光が差し込んでいるのが柱のように見えるものを指します。薄明光線とか、天使のはしごなんて呼ばれたりもするようです。
ゴッドレイを使うにはRealistic Sky Atmosphere Editorで設定します。これの使い方も見て行きましょう。

RSAE SS

※レンズフレアの項目を追加しました。
※Accuraryの説明が間違っていたのを修正しました。

■RSAEを使うための設定

Carraraでは空の様子を簡単に設定できるようになっています。そのためにはRealistic Sky Atmosphere Editor(RSAE)を使います。この項ではその前準備を解説します。

まず、シーンに最初からあるライト(Light 1)をサンライトに変更します。ライトのプロパティトレイのGeneralタブLight欄のDistantとなっている部分をクリックして、ドロップダウンメニューからSun Lightを選択します。
RSAE サンライトへ変更

ライトを削除して新たにサンライトを挿入しても構いません。サンライトはその名の通り太陽の光を表現するライトです。また、こうすることで、RSAEからライトの角度を調整することが可能になります。逆に、RSAEを使わないのであればサンライトを使う必要はありません。

次にInstancesタブSceneをクリックするか、メニューコマンドのEdit(編集)> Edit Scene Effects(シーン効果の編集)を実行します。そしてプロパティトレイのEffectsタブAtmosphere欄のNoneとなっている部分をクリックして、Realistic Skyに変更します。
RSAE Atmosphereを変更

この時、その横のアイコンをクリックすればシーンウィザードが開き、あらかじめ用意されたSkyおよびRealistic Skyプリセットを読み込むことができます。Skyの方は簡易版と考えればいいと思います。

同様にAmbient欄をBasicからSkyに変更しておきます。こうすることで、空の色に合わせたアンビエント(影の色と明るさ)にしてくれるようです。
RSAE Ambientを変更

Atmosphere欄のEditボタンをクリックしてRSAEを開きます。


■RSAEの概要

RSAE ウィンドウ

このウィンドウでは、太陽や月の位置、大気やフォグ、ゴッドレイの設定、空の色、雲の設定ができます。
セクションごとにどのようなことができるか見て行きましょう。

・Previewこのウィンドウでの設定内容をプレビューレンダリングします。最初は設定を変更するたびに再描画されるようになっていますが、Auto Refreshのチェックを外して必要な時だけRenderボタンをクリックしてレンダリングするようにすることもできます。シーン内の他オブジェクトもレンダリングに含まれるのでご注意下さい。
・Accurary空に関するレンダリングの精度です。Fast simulationにチェックを入れてAccuracyの値を下げることで、複雑なシーンでもプレビュー描画が早くなります。本番のレンダリングにも影響しますのでご注意下さい。
・SunSun Editorと呼ばれる部分です。太陽の位置と色、大きさを設定できます。ここに表示されている円上でマウスドラッグすることで太陽の位置を変更できます。この表示はカメラ視点からのものではなく、中心が天頂、周囲が東西南北となっていることに注意してください。
また、Advancedボタンをクリックすると、地球上のある位置から見た何年何月何日何時何分の太陽の位置を計算することができます。例えば、2010年5月30日PM5時半の日本からの太陽の位置を設定するには次のように入力し、Compute Sun Positonボタンをクリックします。
 Year 2010
 Month 5
 Day 30
 Hour(GMT、小数点以下は十進数) 8.5
 Latitude(緯度) 35
 Longitude(経度) 135
Auraは太陽の周囲を明るくします。
Nightにチェックを入れると太陽が消え、夜になります。
・MoonMoon Editorと呼ばれる部分です。月の位置と色、月齢(Phase)、傾き(Tilt)を設定できます。Show the Moonにチェックを入れることで月が描画されるようになります。位置の操作は太陽と同じく円上をマウスドラッグします。
・Atmosphereこれ以降のセクションはウィンドウ左下のアイコンをクリックすることでその右の内容が切り替わります。Atmosphereは大気の設定です。空の色や明るさ、もや(Haze)などを設定できます。
・Fog & Sun Beams霧(Fog)とゴッドレイ(Sun Beams)の設定ができます。それぞれEnableにチェックを入れることで発生します。
・Clouds4枚の雲(Clouds)レイヤーが用意されています。遠近感のある雲が表現できるのですが、あくまで一枚の板上に描かれたテクスチャなので、ボリューム感を出すことは難しいです。しかし4枚のレイヤーを駆使していろんな雲の表現ができます。アイコンの横のEnableにチェックを入れることで雲レイヤーが描画されるようになります。

Sky Colorはベースカラーであり、太陽の高さによって空の色は変わってきます。例えば、太陽が地平線に近づくにつれ空は夕焼け色に変化していきます。


■レンズフレア

太陽が画面内に存在している時にぜひ付け加えたい効果がレンズフレアです。これはカメラなどのレンズが強い光に向いている時に発生する光の像で、画像にリアリティを加えるのに役立ってくれます。

RSAE レンズフレアサンプル

これはRSAEとは関係ないのですが、太陽を扱う以上ここで書いておきます。
レンズフレア効果を付加するのは簡単で、ライト(サンライト)のプロパティトレイのEffectsタブLens Flare欄のEditボタンをクリックしてレンズフレアダイアログを呼び出します。
RSAE レンズフレアの設定

レンズフレアダイアログでは詳細な設定ができますが、すでに多くの種類のプリセットが用意されていますのでPresetからそれを選ぶだけでも十分です。基本的にはレンズの種類によってレンズフレアの形は変わります。


■ゴッドレイ

さて本題のゴッドレイですが、チェックを入れるだけで設定はできるものの、実際にゴッドレイが描画されるようにするのは難しいようです。かなりまじめに大気やスケールの設定をしないとだめみたいで、私はまだはっきりしたゴッドレイを出せていません。
DAZ3Dのフォーラムのこのトピックによると、
 ・太陽を厚い雲やオブジェクトでさえぎる
 ・大気は濃く
すればいいらしいです。

これだけではなんなので、そのトピックのリンクよりShareCGにアップロードされているゴッドレイのサンプルをレンダリングしてみました。

RSAE ゴッドレイサンプルレンダリング

Volumetric Clouds(ボリュメトリック雲)がたくさん用いられているのでレンダリングがかなり重く、AntiAliasing:Fast、Object Accuracy:1、Shadow Accuracy:0.5、Image Size:W480H225で22分4秒かかりました。その甲斐あって、すごく綺麗に出ています^^
このファイルを参考に私ももう少し思考錯誤してみようと思います。


Comment

ゴッドレイ、なかなか出ませんよね。私もC8になってから何度か試してみたんですが、いまだに成功していません。
この記事を参考に再チャレンジしてみます。(`・ω・´)

そうなんですよね。条件が厳しすぎるのか、自分がそういうシーンを構築するセオリーを知らないためなのか、なかなか出ません。でもサンプルファイルで実際に描画されるのを見たら、また挑戦してみようという気になりました。
非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター