スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poser Format ExporterでポーズをPoserへ

Category : Poser Format Exporter
DAZ Studio(以下DS)でフィギュアのポーズやモーフパラメータを保存するには、ポーズプリセットという形で保存します。しかしそれはDSでしか使えないファイル形式(.dsb)です。せっかくポーズ編集機能の充実したDSでそれはもったいないという事で登場するのがPoser Format Exporter(PFE)です。
これはDAZ3Dのフリースクリプトで、Poserと同じ形式のポーズファイル(.pz2)、表情ファイル(.fc2)、ハンドポーズファイル(.hd2)を出力する事ができます。これで保存すれば、PoserやPoserコンテンツを読み込めるCarraraなどの他のアプリケーション(DS含む)でそれを読み込めるようになります。

今回の記事を書くにあたってDAZフォーラムのこのトピックを参考にさせていただきました。

PFE SS

※Morphformsについて追記しました。

■PFEのオプション

PFEを使ってポーズを保存するには、保存したいフィギュアや小道具を選択した状態でContentタブのPoserFormatExporterアイコン(インストールしたDSランタイムのScript > Utilities > Poser Format Exporter v1.5(DS4 Only)にあります)をダブルクリックして下さい。
すると次のようにオプションウィンドウが現れます。
PFE オプションウィンドウ

・Pathファイルを保存する場所です。Pathボタンをクリックすることで選択ダイアログが現れます。
・File Name保存するファイル名を設定します。拡張子も併せて変更して下さい。
・Nodes基準となるノードを決めます。Rootでフィギュアのルートノード(BODY)、Selectedで選択されているノードとなります。
・Propagation伝達設定です。Noneで選択されたノードのみ、Recursiveでその子供のノードすべてを含みます。
・Timelineアニメーション設定です。Current Frameで現在のフレームのみ、Animated Rangeでアニメーションとして保存します。アニメーションとして保存する場合は次のStart FrameとEnd Frameで出力する範囲を設定してください。
・Transforms変形について保存する内容を設定します。Rotation(回転)、Translation(移動)、Scale(拡縮)についてXYZ軸それぞれにまで設定できます。
・Othersモーフパラメータについて保存する内容を設定します。各パーツの個々のモーフパラメータがMorphs(targetGeom)で、それらを制御するルートノードのFBMなどがNumeric(valueParm)となるようです。
・Attributes属性について保存する内容を設定します。ParametersタブのMisc欄のそれぞれの内容に対応します。ここにチェックをいれることはめったにないでしょう。

Pathを毎回選択するのが面倒な場合は、Pathの設定後Prefencesタブに切り替えて「Set Preferred Options」ボタンをクリックして下さい。その時のオプション設定が初期値として保存されます。
作成したポーズファイルを使うためには拡張子によって別の場所へコピーしなければいけません。pz2ファイルならPoseフォルダへ、hd2ファイルならHandフォルダへ、fc2ファイルならFaceフォルダへ、PoserランタイムLibrariesフォルダ以下のそれぞれのフォルダへ適当なフォルダを作成してそこへコピーして下さい。


■具体的なオプション設定

ここでは、実際にPoser用のデータを保存する時のオプション内容をご紹介します。
※検証にはVictoria 4.2フィギュアを使用しています。

 ・フィギュアのポーズ
PFE オプション1 フィギュアのポーズ
拡張子: .pz2
Nodes: Root
Propagation: Recursive
その他のオプション: TransformsのRotationとTranslationすべて

フィギュアのどのパーツでもいいので選択してからPFEを実行します。
とりあえずフィギュアの全身ポーズを保存したい時はこれです。
データ的に必要最小限のものを作りたい時はhipを選択しNodes:SelectedにしてRotationすべてとTranslation-Yのみ保存するといいと思います。最近出たばかりのThe Kids 4のオフィシャルポーズファイルもPFEで作成されているんですよね。

 ・フィギュアのハンドポーズ
PFE オプション2 ハンドポーズ
拡張子: .hd2
Nodes: Selected
Propagation: Recursive
その他のオプション: TransformsのRotationすべて

フィギュアのrHandまたはlHandを選択してからPFEを実行します。
読み込み時に適用する手の左右を選択するので、どちらの手を保存したかは関係ありません。ただ、実際に読み込んでみるとDSでは問題なかったのですが、Poser7JSR3ではrHandを保存したデータでしか正常動作しませんでした。

 ・フィギュアの表情
PFE オプション3 フィギュアの表情
拡張子: .fc2
Nodes: Selected
Propagation: None
その他のオプション: OthersのMorphs(targetGeom)

フィギュアのHeadを選択してからPFEを実行します。
フィギュア頭部のモーフパラメータのみを保存する設定です。モーフパラメータを保存する場合すべてに言える事ですが、インジェクションしていない(隠されている)モーフパラメータも含めて全パラメータを保存してしまいます。そのため表情プリセットとして使えるようにするためには、出力されたファイルを編集していらない部分を削る必要があります。そうでないと、キャラクターモーフなども保存した時の状態になってしまいます。

以下、番外編です。こんなファイルも作れるという参考程度にしておいてください。

 ・フィギュアの部分ポーズ
拡張子: .pz2
Nodes: Selected
Propagation: None
その他のオプション: TransformsのRotationすべて

フィギュアの保存したいノードのみを選択してからPFEを実行します。
Ctrlキーでの複数選択なら親子関係的に隣にあるノード(lCollarとrCollarなど)でも選択できます。そこで、下半身だけとか腕だけなど、部分的にポーズを保存することもできます。

 ・キャラクターセット(胴体)
拡張子: .pz2
Nodes: Root
Propagation: None
その他のオプション: OthersのNumeric(valueParm)

フィギュアのどのパーツでもいいので選択してからPFEを実行します。
Morph++などの既存モーフのみを使っていて、FBMのみを操作して作成されたキャラクターを保存する設定です。注意点はフィギュアの表情の項目と同じです。

 ・キャラクターセット(頭部)
拡張子: .pz2
Nodes: Selected
Propagation: Recursive
その他のオプション: TransformsのTranslationすべてとOthersのMorphs(targetGeom)

フィギュアのHeadを選択してからPFEを実行します。
Morph++などの既存モーフのみを使って作成されたキャラクターを保存する設定です。注意点はフィギュアの表情の項目と同じです。

 ・小道具型の髪のプリセット
拡張子: .pz2
Nodes: Selected
Propagation: None
その他のオプション: 保存したい項目

PFEでは小道具のポーズデータも保存する事ができます。たくさんのモーフを持った髪などではスタイルプリセットとしてファイルを作っておくと便利かもしれませんね。


■アニメーションとして保存

オプションをTimeline:Animated Rangeにすればアニメーションとして保存する事ができます。それが変形アニメーションでもモーフアニメーションでも保存可能です。
この場合の注意点を以下に書き出してみました。

 ・aniMateで作成したアニメーションを保存するには、aniMateタブの何もない部分で右クリックして「Bake To Studio Keyframes」を実行しておく必要があります。
 ・保存したデータは「何フレーム目にこの値」という風に対応して保存されるので、それを読み込む時もそれが再現されます。例えばStart Frameを20にして保存したデータを読み込むと、20フレーム目からのアニメーションとなります。


■Morphforms

フィギュアのポーズを保存する上で注意しなければいけない点があります。それはDAZ3DのV4フィギュアなどにあるMorphformsと呼ばれるモーフです。V4の場合はMoprhs++をインジェクションすると付加されるMorphformsグループのモーフや、Stephanie4(S4)のProportionsグループのモーフがそれに当たります。
MorphformsはおそらくMorphとTransformsを合成した造語だと思われ、モーフチャンネルによりフィギュアの変形(移動・回転・拡縮)を操作するものです。例えばV4のMorphforms > Morphs++ > ChestSizeモーフを1にすると、chest、lCollar、rCollarのScale(XYZ)が115%に変化します。

注意点というのは、Morphformsに値が入ったフィギュアのポーズをPFEで保存する時には、Numeric(valueParm)にチェックを入れる必要があるという事です。Transformsの方にはMorphformsで変化した値は保存されません。

余談ですが、この名前で思い出したのがCarrara8に付属していた「Morphforms to Transforms Script」です。名前からするとMorphformsで変化したパラメータをTransformsに焼き込むDAZスクリプトだと思われます。ただし、これはDS2用のもののようで、DS3では動きませんでした。DS3用のも作って欲しいところですね。



今回のツールはこちら

Poser Format Exporter




Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン バージョンアップ カスタマイズ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。