Carraraでフィギュアのポーズを保存する

Category : Carrara
DAZ Studio(DS)でNormal Mapを扱った記事のCarrara版を書いていたのですが、その際に解説の必要がありそうなので、今回はCarrara上でフィギュアのポーズやモーフパラメータを保存する方法を書きたいと思います。

Carraraを使っていて、フィギュアのポーズやアニメーション、モーフパラメータなどを再利用できる形で保存しておきたいと思う事があります。Poserではライブラリに追加、DSではプリセットとして保存、という風にそれぞれ保存しておく事ができます。CarraraではそれはClipと呼ばれます。

クリップ SS

※Poserの保存方法を間違っていました。訂正いたします。

■Clipの保存

フィギュアのルートを選択すると、プロパティトレイにはNLAタブが現れます。NLA(Non-Linear Animation)とはアニメーションデータを個々のモーションクリップとして保持し、それをタイムライン上に複数並べることでアニメーションをブレンドしたりできるアニメーション編集方法です。
アニメーションとそれに関わるシーケンサートレイについてはまた別の機会に譲るとして、今回はフィギュアのポーズとモーフパラメータを保存する事に限定して話を進めたいと思います。

クリップ NLAタブ
さて、NLAタブの内容をご覧下さい。ボタンが並んでいますが、「Create Master Pose」がポーズを保存するものになります。クリックするとPose Creationダイアログが開き、保存する内容を選択する事ができます。

クリップ クリップ保存オプション

ツリーを開いてみるとPositionやRotationなどの変形を始め、モーフパラメータからモディファイアリストなど、プロパティトレイの内容を全部記録できるようです。
右クリックからSelect All(すべて選択)、Unselect All(すべて非選択)、Invert Selection(選択状態の反転)そして表示する項目の選択ができるようになっています。しかし、フィギュアのすべてのパーツについて選択項目を設定するのは大変なので、DSみたいにTransformだけ選択するなどのプリセットが欲しいところですね。ちなみにV4で始まるノード(V4フィギュアの場合)はデフォーマー(マグネット)で、パラメータを保存する必要のない部分です。
例えば
 フィギュアの汎用ポーズデータなら、各ノードのMotion Method - Transform - PositionとRotation、
 キャラクターモーフパラメータならルートノードとheadノードのMiscellaneous Data
にチェックを入れておきます。
シーンの作成途中の一時保存場所として使うならすべて選択された状態でいいと思いますけどね。

なにはともあれ、このウィンドウで選択する項目とクリップ名を設定してOKボタンをクリックすると、マスタークリップとしてポーズデータが保存されます。シーン内の保存されたクリップはプロパティトレイ下部のClipsタブで確認する事ができます。


■Clipのブラウザトレイへの保存

保存されたクリップはシーンデータに含まれますので、そのシーンでは自由に使えますが、他のシーンへ持って行くにはブラウザトレイへ保存する必要があります。
やり方は簡単、プロパティトレイ下部のClipsタブからブラウザトレイのClipタブへドラッグ&ドロップするだけです。ブラウザトレイの他のタブでもそうですが、ユーザーがデータを保存できるように最初からMy ~という名前のフォルダが用意されています。ブラウザトレイのClipタブMy Clipsフォルダへ保存しておきましょう。
クリップ ブラウザトレイへの保存

ところでこのMy ~フォルダ、他のCarraraコンテンツとは違う場所に作成されています。
Preferences(環境設定)のImaging, Scratch DiskメニューのLocation of the folder for temporary documentsで設定された場所になります。ここにCarrara 8\My Presetsフォルダが作られ、ユーザーのデータが一括して収納されます。

ちなみにフィギュアに使われているすべてのシェーダーをまとめて保存するには、テクスチャルームのMultiple Shading Domains(多色に塗り分けられた球体)をブラウザトレイのShadersタブ内へD&Dします。


■Clipの読み込み

保存したクリップをフィギュアへ読み込むには次のようにします。
まずフィギュアのルートを選択してプロパティトレイのNLAタブを開きます。

クリップ NLAタブ

今度は「Load Clip Data」ボタンをクリックして下さい。
するとMaster Clip Selectionダイアログが現れますので、使用したいクリップを選択してOKボタンをクリックして下さい。

クリップ クリップ選択ダイアログ

この時ブラウザトレイに保存したクリップデータは、一度プロパティトレイ下部のClipsタブへコピーしてから使用する必要があります。




Carrara 8 Pro



Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン カスタマイズ SSS バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター