DAZ Studio Basics:タブ解説 Shape

Category : Basics
DAZ Studio(以下DS)が3.1にバージョンアップしてから複数の機能追加がありました。マイナーバージョンアップなのに!?と思ってしまいますが、これはバージョン4の新機能の先取りという位置づけみたいです。
今回はその中からShapeツール(Shapeタブ)について解説します。
最初見た時は、どういう目的で使うものなのだろうかと考えてしまいました。しかし使っていくうちに、素晴らしいツールだということがわかってきたのです。
簡単に言えば、これはフィギュア等のモーフを調整するためのツールです。Parametersタブと違うのは、モーフを適用した結果がサムネイル画像として表示される点と、レスポンスが良い操作が可能な点、Puppeteerツールの様にモーフのミックス機能があるという点です。

※この記事はバージョン3.1のものですので、これから仕様や外観が変わる可能性があります。
※このタブはDS4以降には搭載されていません。

Shapeタブ SS

■Shapeタブの表示

Shapeタブ タブ解説

Shapeタブを表示するには、メインメニューView > Tabs > Shape を選択します。すると次の画像のように何も内容のないタブが出現すると思います。
Shapeタブ 選択なし

モーフを調整するためのツールですので、そうしたいオブジェクトをビューポートSceneタブで選択します。今回はV4フィギュアを例にしました。
選択しても表示は大きく変わりませんが、「Select Morph Set」という欄にMake Selectionと書かれたポップアップメニューが出現します。ここではモーフグループを選択するようになっており、さらにその下にグループがあればメニューも多層に増えていくようになっています。
もしもメニューにグループ名が出てこない場合は、一度選択を解除してそれから再選択してみて下さい。
Shapeタブ グループ選択

Morph++グループに属するモーフを調整したい場合は、Morphs | Shapesグループを選択し、さらにその下のメニューからMorphs++グループを選択します(もちろんインジェクトしたモーフしか表示されません)。
すると、そのグループに属するモーフがサムネイル画像で8つずつ表示されます。この画像は現在の状態からそのモーフを100%適用した状態を表示しています。

Shapeタブ 操作画面 フィギュア1

キャラクターの体型や表情を決めようと思った時、とりあえず適当なモーフを100%にしてみることってないでしょうか?Shapeタブではそれが簡単にできます。目的のモーフのサムネイル画像へマウスポインタを重ねるだけでいいのです。するとビューポートのフィギュアは一瞬でそのモーフを100%適用した状態になります(ゼロフィギュアからではなく現在の状態に加算されます)。マウスポインタを外せばちゃんと元に戻ります。

Shapeタブ 操作画面 フィギュア2

実際にモーフパラメータを設定するには、サムネイル画像の下のモーフ名にマウスポインタを重ねます。するとそこがスライダーに変化するので、それを調整してモーフを設定して下さい。
Shapeタブ スライダー

また、真ん中にあるグレーのボックスをドラッグすることでもモーフ値を操作できます。ボックスがサムネイル画像に近づくに従ってパラメータは増加し、サムネイル画像が隣り合っているモーフなら複数のモーフ値を同時に操作することもできます。
Shapeタブ ボックスでのモーフ操作

四隅にあるモーフだけを操作するのがほぼ無理なので、風水の八卦鏡みたいな配置にしてほしいと思うのは日本人的発想なのでしょうか…。
ボックスのドラッグ中にマウスボタンから指を離せば、その時のパラメータで固定されます。
ここからさらに操作をすることができますが、サムネイル画像は変化しないので、そうしたい場合は右上の更新アイコンをクリックして下さい。
もし状態を元に戻したい時はアプリケーションの通常のUndo操作をするか、ボックスの中央に出現する「Undo」ボタンをクリックして下さい。

上記の操作はイメージビューと呼ばれる表示でのものですが、Parametersタブと同じ様な表示に切り替えることもできます。右上のリストビューアイコンをクリックして下さい。
すると下の画像のように表示が切り替わりますので、従来の感覚でパラメータを操作する事ができるようになります。
Shapeタブ リストビュー

Shapeタブ独自の機能としては、モーフ名のところにマウスポインタを重ねると、フィギュアにそのモーフを100%適用した状態をビューポートでプレビューすることができます。
イメージビューに戻すには右上のイメージビューアイコンをクリックして下さい。


■Shapeタブのオプションメニュー

オプションメニューはありません。


■モーフミキサー

Shapeタブの一番下に「Drop here to add to a Custom Mixer」と書かれた部分があります。ここはコレクターと呼ばれる部分で、ここへ使いたいモーフのサムネイル画像をドラッグ&ドロップしていくと、それらのモーフだけをミックスするためのタブ(ミキサータブ)を作る事ができます。
必要なモーフをドロップし終わったら、最下段にできた「Mixer 1」というタブをクリックして下さい。表示が切り替わります。

Shapeタブ モーフミキサー

ミキサータブではサムネイル画像に囲まれたボックスを動かすことで、それらの位置関係からモーフをミックスするファジーな操作ができるようになっています。Puppeteerタブライクですが、サムネイル画像はそのモーフ100%を表し、現在の状態を記録したものではないという点が違いますね。
サムネイル画像は位置を動かす事ができます。削除するには右クリックメニューからDeleteを選択して下さい。
元のイメージビューに戻るには適当なグループタブをクリックして下さい。

ミキサータブは + アイコンの付いたタブをクリックすることで増やす事ができます。ドロップした時にモーフを追加するタブがどれになるかは、最後に開いたもの(他より明るい色)になります。


■Shapeタブの用途

ご紹介してきましたShapeタブですが、操作の結果がわかりやすくグラフィカルに表示されるモーフ操作ツールと考えていただければいいと思います。
レスポンスが非常に良く(PC性能によるかもしれませんが私の環境では一瞬です)、衣服を着せていてもそれがクロストーク可能で該当モーフを持つものなら一緒に変化してくれますし、
Shapeタブ 操作画面 服アリフィギュア

フィギュアの頭部などの一部位でも大丈夫です。
Shapeタブ 操作画面 表情

また、これは結構有効なのではないかと思うのが髪(小道具型でも可能)のスタイリングです。
Shapeタブ 操作画面 髪

あるいは、衣服に用意されているモーフの確認などにも活躍してくれそうです(フィギュアに着用させた状態だとすべてのモーフを表示できないのでご注意下さい)。
Shapeタブ 操作画面 服

パカパカとキャラクターのフォルムが変化するのは見ていても面白く、デモンストレーション用ツール!?かと思ったほどです。ぜひ一度触ってみて下さい。



今回の画像の素材はこちら

Angel for V4

Scoopback Mini Dress

AD Zephyrus Hair
Zephyrus Hair
Hongyu's SportBaby for V4
Hongyu's SportBaby for V4
AD Aerobic for Hongyu's SportBaby for V4
Aerobic for Hongyu's SportBaby for V4



Comment

こんばんは。
この機能、実は用途がいまひとつ不明だったので使っていなかったんですが、この記事を拝見して実際に使ってみたら驚くほど便利だということに気がつきました。(;゚Д゚)

いまちょうどTY2をいろいろいじっていたところだったのですが、モーフを組み合わせて好みの顔を作るような用途では劇的に作業しやすくなりますね。大変参考になりました。ありがとうございます。m(_ _)m

使ってみて気がついたのですが、InjectPMDを使って追加したモーフは一度シーンを保存してロードしなおさないとShapeタブで認識してくれないようです。フリーのプラグインなので仕方ないのでしょうね。(;´∀`)

とうふさんこんばんは。
機能は単純なのですが、画像とレスポンスの良さで、ここまでの便利機能に昇華されていますよね。
InjectPMDの件ですが、確認したところmiki2のRDNA UBMとNGMでは大丈夫でした。ただ、最初にフィギュアを選択した時点ではグループが表示されていなかったので、一度選択解除してから再選択してみて下さい。
私も最初Morph++が表示されなくて、使えない~と嘆いてました^^
ちなみに私の使っているバージョンは3.1.1.48です。

情報ありがとうございます。
私の使っているバージョンは最新の安定版(3.1.0.148)なのですが、それだと選択しなおしてもやはりInjectPMDのモーフは追加されないっぽいです。まぁいったん保存すればちゃんと使用できるので、それほど大きな問題ではないですしね。(;´∀`)

でも意を決してベータ版使ってみようかしら。(´・ω・`)

なるほど、その後にバグフィックスが行われたのかもしれませんね。
今のところ3.1.1.48で特に問題なく動いています。なぜかFBX Exporterが付属していてシリアルの入力を求められますけど…。使わないまま勝手に30日の試用期間も過ぎてしまいました(゚_゚;)
非公開コメント

著書
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン カスタマイズ SSS バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター