Movie Makerで背景つき簡単動画作成 その1

Category : Movie Maker
Movie Makerと言ってもWindowsに付いている動画編集ソフトのことではありません。今回ご紹介するのは『Movie Maker for DAZ Studio』という、DAZ Studio(以下DS)用の動画製作補助ツールです。
このプラグインはMovie Makerタブとして動作する本体と、それ専用の背景パックで構成されています。そして背景パックはシーンごとに別売となっています。
このツールを使用する利点としては

 1. レンダリング時間の短縮
 2. ライトの影を計算する時間の短縮
 3. 高クオリティの背景セット
 4. シーンに合わせたライト設定
 5. カメラのアニメーションの制御

が挙げられています。このツールはあらかじめ高解像度でレンダリングされた360度パノラマ背景画像(背景パックとして別売)を使用します。それによって、1~3が実現されるわけですね。同時に、背景パックにはそのシーンに合わせたライト設定が付いており、違和感無くフィギュアを背景に溶け込ませることができます。また、シャドウキャッチャーにより背景画像にもちゃんとフィギュアの影が落ちるようになっています。そして実のところこのツールで一番重要なのが5です。これを使ってカメラの制御をすることになります。

フィギュアアニメーションツールaniMateと組み合わせて簡単に動画が作成できるというのがウリになっているようで、Youtubeを製品名で検索すると、これを使って製作した動画を多数見る事ができます(前述のソフト名で引っかかってしまうものも多いですけど…)。その中に製作元のDreamlightの製品紹介動画などもありますので、ご興味を持たれた方は一度ご覧下さい。

現在このツールはセール中で50%オフとなっています。ただし、期限は現時時間の18日いっぱい(日本時間の19日午後3時ごろまで)となっていますのでご注意下さい。全部入りの『Movie Maker Hollywood Producer Pack』だけは30日までのセールとなっています。
※『Movie Maker Hollywood Producer Pack』以外の新製品は30日まで30%オフに切り替わりました。
※『Movie Maker Director Bundle』『Movie Maker Director Bundle 2』には『Movie Maker for DAZ Studio』は含まれません。
※『Movie Maker Hollywood Producer Pack』は『Movie Maker Director Bundle』『Movie Maker Director Bundle 2』『Movie Maker for DAZ Studio』すべてをバンドルした製品です。
※バンドル製品内の1つ1つの背景パックは単品販売もされています。

※『Movie Maker for DAZ Studio』はDAZ Studio 4.0以降では動作しません。
DAZ Studio 4.6以降に対応した『Movie Maker DS 4.6 Edition』がリリースされました。


■使い方

フィギュアにアニメーションをつけただけのシーンに
MovieMaker V4使用前

Movie Makerを使うことで簡単に背景つきでアニメーションレンダリングができます。
MovieMaker V4使用後

しかもレンダリングにかかる時間はフィギュアのみをレンダリングした時とほぼ変わりません。
それでは使い方を順に見ていきましょう。

まず、メインメニューから View > Tabs > Movie Maker を選択し、Movie Makerタブを表示します。
Movie Makerタブ内には3つのタブが用意されており、最初にLoadタブが表示されていると思います。
MovieMaker Loadタブ

ここにはインストール済みの背景パックがサムネイルで表示されています。名前にSampleと付いているのはプラグイン本体に付属するサンプルシーンです。
使いたい背景パックをダブルクリックして下さい。自動で次のControlタブへ移動します。
この時、シーン内にすでにあるライトをすべて削除しますので気を付けて下さい。

シーンに背景とプレビュー用ライトのセットが読み込まれます。
MovieMaker Sceneタブのツリー表示

シーンにフィギュアを読み込んでアニメーションをつけて下さい。この工程は一番最初にしても構いません。
注意点としては、フィギュアがシーンの中央からあまり離れないようにして下さい。

MovieMaker Controlタブ

Controlタブではカメラのスイッチングとそのキーフレームの編集を行います。
キーフレームとは、アニメーションのキーとなるフレーム(アニメーション単位)です。キーフレームに記録されたカメラの状態をそのキーフレーム間で補間してスムーズなアニメーションを製作するのがこのツールの役割の一つです。

Scene Positionsエリアではカメラの位置を切り替える事ができます。サムネイルをダブルクリックするとカメラ位置が移動し、それに合わせて背景画像も切り替わります。同時にキーフレームが打たれる事も覚えておいて下さい。
1つの背景パックには24~50のカメラ位置(と、その背景画像)が収録されています。
現在のフレームの移動にはTimelineタブを使用して下さい。

ここでカメラの操作法について解説します。
Movie Makerを使用中にはそれによって制御されるカメラMVM Cameraの操作に関して制限がかかります。

 ・カメラ位置を動かすことはできません。Controlタブで背景画像ごとスイッチする必要があります。
 ・ビューポートのカメラコントロールアイコンで操作できるのは、Rotate(カメラの回転)、Focal Zoom(焦点距離変更によるズーム:右マウスボタン)、Bank(カメラの傾き)の以上です。
 ・ビューポートでカメラを操作した後は必ずControlタブのAdd Keyボタンをクリックして下さい。

作業としては、Timelineタブでフレームを移動 > ビューポートでカメラの操作 > Movie MakerタブでAdd Key という一連の動作を繰り返す流れになります。そして場合によってはScene Positionsエリアのサムネイルを使ってカメラのスイッチングを行います。

Controlタブでは他にも以下の様なことができます。
・Background Quality背景画像の解像度を変更します。Renderで6000*3000pixels、Previewで4000*2000pixelsの360度パノラマ背景画像を用います。作業中はPreviewにしてレンダリング時にはRenderに切り替えたりできます。レンダリングサイズが小さければPreviewでレンダリングしても十分です。目安としては、Render品質でレンダリングサイズ1280*720pixelsでFocal Zoom 110mmまでならくっきりとした背景になります。それ以上ズームしたりレンダリングサイズが大きいと背景がボケる可能性が出てきます。
・DOF Effect背景画像をぼかしたものに切り替えます。シーンすべてについて有効になります。
・Key Skipカメラのキーフレーム間を移動します。Previousボタンで1つ前の、Nextボタンで1つ後のキーフレームに移動します。
・Add Keyカメラにキーフレームを打ちます。
・Interpolationキーフレーム間の補間方法を選択します。TCBでなめらかに、Linearで直線的になります。変更した次に打つキーフレームより有効になります。
・Delete Key現在のフレームにあるカメラのキーフレームを削除します。ただし、カメラのスイッチング情報は削除されないようなのでご注意下さい。
・Clear Allカメラのキーフレームをすべて削除します。


カメラのアニメーションがすべて済んだら、あとはレンダリングです。Movie Makerタブ内のRenderタブへ切り替えてください。
シーンのレンダリングはこのタブで行って下さい。
MovieMaker Renderタブ

・Clear Ambientシーン内のすべてのサーフェイスのAmbient Strengthを0%に設定します。Ambientが設定されたサーフェイスが夜のシーンなどで明るくなってしまう場合に使います。照り返しなども考慮したライトになっているので、昼でも使った方がいいかもしれません。
・Clear Reflectionシーン内のすべてのサーフェイスのReflection Strengthを0%に設定します。環境マップが設定されたサーフェイスが夜のシーンなどで明るくなってしまう場合などに使います。
・Shadow Typeライトの影の描画方法を選択します。テストレンダに便利なNone(影なし)、エッジがソフトなDeep Shadow Map(シャドウマップによる影)、くっきりした影になるRaytrace(レイトレースによる影)から選択できます。Raytraceは髪などの半透明サーフェイスのレンダリングにより時間がかかりますのでご注意下さい。また、Deep Shadow Mapの時でもMVM Shadow Planeの大きさを(影が欠けない程度に)小さくすることで、はっきりした影にすることもできます。
・Shadow Strength影の濃さを調整できます。背景に合わせて自動で調整されるので、基本的にほっておいて大丈夫です。
・Render Frame現在のフレームをレンダリングします。DSのRenderツールではプレビューライトでのレンダリングとなってしまい、地面に影も落ちませんのでこちらを使って下さい。
・Render Movie動画としてすべてのフレームをレンダリングします。先にDSのRenderタブでTimelineをMake Movieにして、Render Toを選択し、保存先を設定しておく必要があります。

MovieMaker アニメーションレンダ設定


■メモ

Movie Makerを使っていてよく起こる問題をまとめてみました。

 症状1)カメラのスイッチング前後でカメラの動きが予測できないものになってしまう。

 解決法1)スイッチングの1フレーム前にAdd Keyしておき、InterpolationをLinearにしてからスイッチングを行う(スイッチングのキーフレームのみLinearにする)。スイッチングの1フレーム後にもAdd Keyしておけば万全。バージョン3.0.1.3でほぼ問題ないように修正された模様。

 症状2)カメラの動きがなめらかにならない。

 解決法2)ビューポートでカメラの操作をした後は必ずAdd Keyする。Interpolationの確認も。適度なキーフレームの設定も重要。

 症状3)地面に落ちた影が途切れてしまう。

 解決法3)MVM Shadow PlaneのScaleを大きくする。

 症状4)フィギュアを中心にしてカメラの方を回転させたい。

 解決法4)このプラグインの影響下では不可能。ただし、背景画像のみを流用すればそれも可能。


Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン バージョンアップ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー ERC D-Form Miki2 IDL 大気 物理シミュレーション M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 アナグリフ カメラ インスタンス RAMDisk ロボット Genesis8 3Dプリント GIMP SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター