FC2ブログ

D.I.Y. DAZ Studio Lightsでライティングを組み立てる

Category : その他
あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方々に私のブログを見ていただきました。どうもありがとうございます。今年も、DAZ Studioだけでなく、私が気になった3DCGアプリケーションやコンテンツについて記事にしていきたいと思っています。どうぞごひいきによろしくお願いします。

さて、新年最初の記事はライトにいきましょう。『D.I.Y. DAZ Studio Lights』という製品をご紹介したいと思います。これはその名の通りD.I.Y.(Do It Yourself)にライティングを構築できるDAZ Studio(以下DS) 3 Advanced用のライトセットです。さっきのライトは軽くっていう意味ですよ。heavyの反対語の。
閑話休題。この製品は、計35種類のライトプリセットを組み合わせて思うままにシーンのライティングを構築しようというものです。このベンダーは他にも同様の製品バリエーションをラインナップされていますね。Poser用もあります。
最初これを使おうとした時に私は戸惑いました。DIYできないじゃないか!と。もちろん、その解決法は見付かりましたので、今回はこのライトセットの使い方をご紹介したいと思います。

DIYLight SS

■使い方

この製品は、IBLライトプリセット10種類、Rimライトプリセット10種類、Shadowsライトプリセット10種類、Specularライトプリセット5種類のアイテムを含みます。
Contentタブの製品をインストールしたDSランタイム内の Lights > FW_D.I.Y_Lights フォルダにカテゴリごとにアイテムが並んでいますので、使いたいものを読み込んでやるだけでいいのです。簡単ですね。
DIYLight contentタブ

ただし、これらのライトプリセットを組み合わせてDIYするためには、2つ目以降のアイテムをCtrlキーを押しながらダブルクリックする必要があります。これが重要です。そうしないと、先に読み込んでいたライトが削除されてしまうのです。その操作によって、次のようなダイアログが出現します。
DIYLight Add Light

ここでAction欄のドロップダウンメニューを「Add」に変更してAcceptボタンをクリックすることで、ライトを追加することができます。このことに限らずContentタブでのCtrlキーは非常に重要な働きをしますね。


■ライトプリセットの種類

35種類もライトプリセットがありますので、それぞれどんなライティングになるか確認するのも大変です。
そこで、それを簡単なシーンでレンダリングしたものを一覧にしました。
そのためにサンプルシーンとして胸像と赤い球が円柱に載っているシーンを用意しました。このシーンにそれぞれのライトプリセットを読み込んでレンダリングしてあります。
DIYLight 胸像デフォルトライトレンダ

それぞれのプリセットは基本的にライト1灯(またはDiffuseとSpecularを分けた2灯)で構成されています。
※ファイル名の下に↑アイコンの付いているものは上方向を向いているライトですので、地面などのオブジェクトでさえぎられる可能性があります。そのため、一部画像では土台の円柱を隠してレンダリングしています。

・IBL
シーン全体の明るさを上げるためのアンビエントライトとして使われるライトプリセットです。
UberEnvironment2のAmbientモード(AOなし)が使われています。そのためのAdvanced版指定なんですね。
DIYLight カタログ IBL

・Rim
オブジェクトのふちを明るくさせるために使われるライトプリセットです。
Deep Shadow Mapによる影の付いたDistantライトが使われています。ただし、04だけはスポットライトですので位置の調整が必要になるかもしれません。
DIYLight カタログ Rim

・Shadows
メインライトなどに使われるライトプリセットです。
Raytracedによる影の付いたDistantライトが使われています。
DIYLight カタログ Shadows

・Specular
スペキュラのみを発生させるためのライトプリセットです。
影無しのDistantライトが使われています。
DIYLight カタログ Specular


■ライトをDIYする

以上のようなライトプリセットを組み合わせて、自分なりのライティングを組み立てられるのがこの製品の特長です。
一例としては、IBLでシーンの明るさを底上げし、Shadowsでメインライトを配置、Rimでオブジェクトの輪郭を浮かび上がらせ、Specularでスペキュラを強化する…というような組み立て方が考えられます。同じカテゴリ(IBL以外)を複数使ってもいいですし、まったく使わなくてもいいです。

おそらく、ライトを増やすたびにシーンはどんどん明るくなっていきますので、Parametersタブを使ってそれぞれのライトの強度(Strength)を下げる必要も出てくると思います。
特にIBLは明るめの状態ですので、Intensity Scaleを下げて暗めにしたり、Environment Modeを変更してAOやIDLを有効にしたりするとより深みのあるライティングができると思います。
DIYLight UberEnvironment2パラメータ

UberEnvironmentのプロパティの意味については『UberEnvironment Light Shader IBL/HDRI その2:設定』『DAZ Studio 3 Advanced その7:進化したUberEnvironment2を試す』をご参照下さい。

次の画像はサンプルシーンをIBL04+Rim01+Shadows01でライティングしてみたものです。
DIYLight 胸像DIYライトレンダ

お気に入りのDIYライトセットができたら、保存しておきましょう。メインメニューから File > Save As > Light(s) Preset を実行することで現在シーンにある全てのライトをプリセットとして保存することができます。


■今日の一枚

最後に『D.I.Y. DAZ Studio Lights』を使ってライティングをしたシーンを作りました。
うさぎ年ということで、バニーさんです。キャラクターとライティングのおかげでいくぶんか淫靡なものになってしまいましたが(^_^;)
このシーンでは、IBL06+Rim07+Shadows04+Specular01という構成でDIYしています。
黒うさぎ

Character:Lil Sis Kaly
Hair:Pris Hair
Costume:IMPACTS: Lies for V4/A4/G4/Elite , Katbbit
Props:Martini Nights for V4 & A4
Lights:D.I.Y. DAZ Studio Lights



今回のツールと画像の素材はこちら

D.I.Y. DAZ Studio Lights

Katbbit

AD Lil Sis Kaly
Lil Sis Kaly
AD Pris Hair
Pris Hair
AD IMPACTS Lies for V4A4G4Elite
IMPACTS: Lies for V4/A4/G4/Elite
AD Martini Nights for V4A4
Martini Nights for V4 & A4

Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター