V4 Elite: Reby Skyとその関連製品について

Category : Tips
DAZ3Dで販売されているVictoria4.2用の高解像度テクスチャ&追加モーフの製品群であるEliteシリーズにある意味究極と言えるものが登場しました。Eliteシリーズはそれぞれにモデルさんがおり、その肌を高解像度の写真撮影したものを元にテクスチャにしています。先日登場した『V4 Elite: Reby Sky』は、アメリカでタレント、モデルとして活躍しているReby Skyさん(オフィシャルサイト)をデジタルデータ化したものです。これはスキンデータだけでなく、3Dスキャンを元にしたモーフデータも含みます。
日本ではなじみのない人物ではありますが、有名人をPoserフィギュアにするというのはとても興味深いものがあります。もしもお気に入りのグラビアモデルや女優のが出たら…と夢がありますねえ。

RebySky SS

※DSでのサーフェイス設定について追記しました。
※サーフェイス設定の項目にレンダリング画像を1枚追加しました。


■製品ラインナップ

ベンダーがDAZ3DになっているReby Sky関連の製品をリストアップしてみました。

・V4 Elite: Reby SkyEliteテクスチャ、Reby Skyモーフ、Elite Human Surface Shader、Carrara skin shaderを含む、中核となる製品です。
・Reby Sky Elite HairReby Skyさんのヘアースタイルに似せた髪です。DS3AのUberSurfaceを使ったマテリアルも付属しています。このマテリアルはUberSurfaceを使った髪のシェーダー設定の参考になります。
・Reby Sky PosesV4用のポーズが22種類含まれます。
・Reby Sky Magnet Fit既存の服をReby Skyモーフにフィットさせるためのマグネットセットです。
・Touchdown Baby: Reby SkyV4用セクシーフットボールスーツ『Touchdown Baby』をReby SkyモーフとS4モーフにフィットさせることができるフィギュアファイルと追加テクスチャのセットです。Rebyご本人がNFLのNY Giantsの大ファン(NY Giants Girlとして知られている)なのと、ランジェリー・フットボール・リーグのクォーターバックと呼ばれた?(Wikipedia)のに関係していると思われます。
・Reby Sky Bundle上記5製品と『Touchdown Baby』のバンドルセットです。
・Reby Glamour Hair非常に高密度なメッシュによって作られたもう一つのReby Skyヘアーです。
・Reby Sky Elite Hair Textures『Reby Sky Elite Hair』の追加テクスチャです。なんと40種類。
・Reby Sky Elite Texture Resource & Modeling『V4 Elite: Reby Sky』の製作時に撮影した高解像度写真によるテクスチャリソースと3Dスキャンしたモデルデータをセットにしたマーチャントリソースキットです。

この中で特殊なのが『Reby Sky Elite Texture Resource & Modeling』の存在です。
この製品はDVD-ROMでのみ販売されており、Reby Skyさんの肢体を撮影した写真と3Dスキャンしたモデルデータが含まれています。製品ページを見ると、173枚のテクスチャリソース写真(38メガピクセル)、181枚のモデリング参照用写真(22メガピクセル)、4つのボディスキャンモデルデータ、1枚の反射マップが入っているようです。写真はTIFF形式で、モデルはOBJ形式とのことです。
この撮影時の様子を録画したものがYoutubeで見られます。ココ
また、この製品は他のDAZ製品とライセンス条項が違うようで、製品ページの一番下にそれが書いてあります。とは言っても有名人だから厳しくしたというわけではなく、3Dモデルとそのイメージマップの製作のためにのみ使用できるという、一般的なリファレンス写真としてのもののようです(詳細はライセンス文をお読み下さい)。こういう形で有名人のパーソナルデータが販売されるというのは画期的ですね。
※この製品はパッケージのため、購入時には送料がかかります。


V4 Elite: Reby Sky

Reby Sky Elite Hair

Reby Sky Poses

Reby Sky Magnet Fit

Touchdown Baby: Reby Sky

Reby Sky Bundle



■V4 Elite: Reby Sky

Eliteシリーズの特長といえばリアルなテクスチャです。『V4 Elite: Reby Sky』にはGlamourとNaturalの2種類に分かれたマテリアルデータがPoser用とDS用両方収録されています。DS用は『Elite Human Surface Shader』(シェーダー本体も付属)を使ったものになっています。
RebySky content ポーズ

また、Reby Skyモーフも付属しています。これはV4のMorph++などと同じくExPファイルとなっていますので、DSの場合はPower Loaderで読み込めます。モーフは本人を3Dスキャンしたデータを元にしているため、完全カスタムの非常に生々しい体型です(専用乳首モーフとかあるし…)。体のスケールを変更するプロポーションモーフもありますが、頭以外を均一に90%にするだけなのでPoserPro以前のバージョンでも服のBODYのScaleを90%にしてやればフィットすると思います。Reby Skyご本人のスリーサイズは日本式に直すと 87(A75)-60-92 身長165cm だそうで、Reby Skyモーフもこれを忠実に再現しています。

これらに加えて表情モーフが17種類付属しています。これはBaseモーフを組み合わせたものではなくジオメトリを操作したモーフデータとなっています。一部の表情ではReby Sky頭部モーフ以外と組み合わせて使用すると(特に口元に)歪みが出てしまいますが、明るい表情が多くて使いたくなります。
RebySky content 表情

別にこれらをセットで使わなければいけないということは無く、Eliteテクスチャだけとか、表情モーフだけとか自由に使うことができます。また、あくまでElite Reby Skyであり本人ではないので、レンダリングイメージに関してもこれまで通りのライセンス条件で使用できるはずです。


■Reby Sky Magnet Fit

この製品はReby Skyモーフを持たない服に使い、それにフィットするようにするためのマグネット(デフォーマ)のセットです。Reby SkyモーフはV4Baseよりも肉付きが良く胸が小さいので、特に胸はMorph FollowerやWardrobe Wizardなどによる自動フィットではうまくいかない場合が多いです。そんな場合でも、この製品を使えばうまく服をReby Skyモーフに合わせてくれます(完全とはいきませんが)。
以前D-Formの解説でマグネットフィットを使ってみましたが、今回はDSで最初から余計な操作を排除した流れをまとめてみました。

 1)シーンにV4を読み込み、Parametersタブオプションから Zero > Zero Figure Pose を実行します。読み込み時にPower LoaderではReby Skyにチェックを入れておきます。読み込まれたV4には既にReby SkyモーフとReby SkyスケールがOnになっている状態です。
RebySky マグネットフィット使用過程1
※下着テクスチャはこちらで用意したものです。

 2)Auto Magnetizeがオフになっている(Preferences)状態で、服のパーツを読み込みV4に着せます。
RebySky マグネットフィット使用過程2

 3)Sceneタブで読み込んだ服を選択し、ContentタブProps > Reby Sky Magnet フォルダにあるRebyをダブルクリックして適用します。
RebySky contentタブ magnetfit

 4)読み込まれたデフォーマは服をReby Skyモーフにフィットするように変形させますが、もしそれが十分でないなら手動で調整を行います。デフォーマは非表示になっていますので、Sceneタブで目のアイコンをクリックして表示させて下さい。また、服に無い部位に適用するはずだったデフォーマはシーンにばら撒かれますので削除しておきます。
RebySky マグネットフィット使用過程3

 5)デフォーマをモーフ化します。そのためには、Sceneタブでその服のデフォーマのある部位を全て選択(Ctrlキーによる複数選択)し、D-FormタブのMorph Spawning欄のチェックを全て入れて「Spawn Morphボタン」をクリックします。
RebySky デフォーマをモーフに変換1
RebySky デフォーマをモーフに変換2
するとモーフ名を聞かれるので「Reby Sky」と入れておきます。
RebySky デフォーマをモーフに変換3
そして必要なくなったデフォーマを削除していいかも聞かれますので、Magと頭に付いたものはYesボタンをクリックしていきます。
RebySky デフォーマをモーフに変換4

 6)服のルートにReby Skyモーフチャンネルができているのを確認します。
RebySky デフォーマをモーフに変換5

 7)服に対してマグネタイズ(Poses > DAZ's Victoria 4 > Magnetize Clothing 内の !Magnetize to V4を適用)を行います。

フィットさせたい服パーツの数だけ2)~7)を繰り返します。

RebySky マグネットフィット使用過程4


■DSでのサーフェイス設定

この製品はEliteシリーズですので、DAZ Studioではシェーダーとして『Elite Human Surface Shader』(HSS)が使われます。しかもElite Reby Skyはそれだけではありません。新しい試みとしてシェーダーのSubSurface Scatterig(SSS:光の表面下散乱)とTranslucency(光の透過)にマップ画像を使ってあります。Surfacesタブのプロパティは次の画像のようになっています。
RebySky サーフェイスタブ プロパティ

Subsurface StrengthとTranslucency Strengthの両方に「V4Reby~ES.jpg」というというテクスチャが、Translucency Colorには「V4Reby~EC.jpg」というテクスチャが割り当てられています(これはFaceサーフェイスですが、皮膚の部分はテクスチャ名が変わるだけで同じ設定になっています)。
ESテクスチャはグレースケールで効果が出る部分を指定する強度マップ、ECテクスチャは光が皮膚を透過した時に浮き上がってくるカラーマップ(顔や手足が紅潮した画像になっています)です。これらのテクスチャマップを使ってSSSとTranslucencyの強弱や効果の出方を体の部位でコントロールしようというわけです。

実際にレンダリングするとどうなるのか試してみました。
まずはシェーダープリセット「Reby Elite MAT Natural All」を適用してレンダリングしました。
目には『Elite EyeLights』を適用して映り込みが出るようにしています。
RebySky サーフェイス設定 デフォルト
影の色が暗く、SSSなどの効果があまり出ていない気がします。

Translucency Strengthを4倍の100%に上げてみました。
RebySky サーフェイス設定 Translucency100%
バックライトを当てていますので、Translucency Colorに設定されているテクスチャの赤みが手と顔面に強く出てきます。

今度はデフォルトからSubsurface Strengthに設定されたテクスチャマップを削除します。
RebySky サーフェイス設定 SSSマップなし
テクスチャマップで制限されていたSSSの効果(一番強く出る部分でも半分以下の強度しかなくなっていました)が全身に現れます。

Subsurface Strengthのテクスチャマップは設定したままで値を2倍にしました。
RebySky サーフェイス設定 SSS強度2倍
影の色に赤みが加わったままナチュラルな感じにできました。

デフォルトからSubsurface StrengthとTranslucency Strengthのどちらも2倍にしました。
RebySky サーフェイス設定 SSSTanslucency強度2倍
このぐらいが皮膚の色のバランスがいいと思われますので、ここでフィックスとします。
この調整はライティングによって変わってきますので、これが正解とは言えません。ただ、テクスチャマップによってSSSとTranslucencyの効果が全体的に少し弱くなっているようなので、Strengthを上げてやった方が良いと思います。

今度はサーフェイス設定はGlamourプリセットのままでライトを全体的に暗め、スペキュラライトを増やしてレンダリングしてみました。
『Susu-Harai 0.20fix1』でのレンダリングですので、上の調整をしなくても弱めに感じていたSSSなどの効果が強く出てきます。Velvetだけは強すぎたのでちょっと下げました。また、かなりのアップですので、精密なスペキュラマップやバンプマップの効果もよく出ています。
Rebysky 顔アップリニアWF



■今日の一枚

Elite Reby Skyでポートレイト撮影風にシーンを作ってみました。
今回はDSで『Susu-Harai』を使ったレンダリングと、Poser8で『IDL Studio』を使ったレンダリングの2枚です。生き生きとした表情が出ていればいいのですが。

RebySkyクローンDSレンダ
Character:V4 Elite: Reby Sky
Hair:Reby Sky Elite Hair
Costume:FireFighter: Costume for V4

RebySkyクローンPoserレンダ
Character:V4 Elite: Reby Sky
Hair:Reby Sky Elite Hair
Costume:Boudoir Whispers for V4 , Boudoir Whispers V4 Unimesh Fits
Light:IDL STUDIO , IDL Studio Expansion 3 - STUDIO NOIR



追加の素材はこちら

Boudoir Whispers for V4

Boudoir Whispers V4 Unimesh Fits

Frangipani Dress for V4

Elite EyeLights

AD FireFighter Costume for V4
FireFighter: Costume for V4
AD IDL STUDIO
IDL STUDIO
AD IDL Studio Expansion 3 - STUDIO NOIR
IDL Studio Expansion 3 - STUDIO NOIR

Comment

Reby Skyいじってるのですが難しいので、とてもためになります。ありがとうございます。
こういうリアル・モデルさんだったのですね。日本で出たら画期的でしょうね。またまた、ためになりました!

あたたんさんいらっしゃいませ。
外国のモデルさんなので私たちにはピンと来ませんが、これはとても面白い試みですよね。
元がある分ご本人の写真と自分のレンダリング結果を見比べてガックリ来てしまいますが、いつかは写真かと見間違えるようにしてみたいものです。

kotozoneさん、Reby買われたのですね。
私はDAZ商品ページのレンダ画像みて、肌の疾患がちょっと嘘っぽかったので買わなかったのですが。
レンダリングの仕方で変わりますか?
一応エリートシリーズは全て集めたので残っているのはこれだけなんですが。

Arcxさんご質問ありがとうございます。
テクスチャを直に見た感じですと、肌の接写から製作されたのは素晴らしいのですが、バンプマップやスペキュラマップのキメが細かすぎて逆にのっぺりしちゃった風に見えます。肌の色で言えば、モデルさんがプエルトリコ人なので白人よりも暗めで黄色にやや寄った肌になります。
Eliteシリーズとして新しいのがSub Surface ScatteringとTranslucency用のテクスチャが付属しているところです。これについては記事に追加しようかなと調査中です。
製作者はEliteシリーズにずっと関わってきた方(Lanaも製作)なので、そのクオリティは言わずもがなです。

なるほど、きめが細かすぎて逆にのっぺりですか。
肌の質感がいまいちと書いたのは、なんか体全体を化粧したような、そのように感じたからです。
SSSとTransluency用のテクスチャって新しい試みですね。
この2つが何に影響してるか興味あるところです。
kotozoneさんの記事を楽しみにしています。

Anna-Marie Goddard Digital Clone
http://www.daz3d.com/i/shop/itemdetails?item=1354
V4でリアルキャラするとどんな感じかのリファレンス的価値があるんのですが、V4のAMGからどう手を加えたのか気になってましたが、、、、Reby Sky は Eliteシリーズなんですね、、、
Reby Sky は購入見送ったのでなおさら気になります。
Touchdown Baby の方は買ってました、、、、、
http://www.daz3d.com/i/shop/itemdetails/?item=9429

> Arcxさん
DSでのシェーダー設定をいろいろいじってみているのですが、SSSやTranslucencyなどの効果が弱めで、これを生かすのにはライティングにかなり凝らないといけないのでは?という感触です。まだ調べ中ですが、それぞれ強度を2倍くらいにすると肌の赤みが増して使いやすい感じです。Arcxさんはレンダリングは主にCarraraですか?

> kim99さん
Victoria3の頃からこういう試みはあったんですね。有名人のデジタルコピーというのはPoserフィギュアが行き着く先の一つなんですかねえ。
Reby Skyは製品構成の面でStephanie4と似ています。Poseは別売りですが。
私も2年前の10月セールでTouchdown Baby買ってました^^
非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター