FC2ブログ

DAZスクリプトの導入

Category : Basics
Daz Studio(以下DS)もPoserなどと同じようにスクリプト言語によるプログラムを実行することが出来ます。こちらはDaz Scriptという独自の言語のようです。自分でスクリプトを書くのは大変ですが、ありがたいことに、すでに多くのスクリプトがネットに公開されています。
今回は、スクリプトを導入して便利にDSを使ってしまいましょう。
スクリプトメニュー


■スクリプトをインストールする
DS用のスクリプトは、DAZフォーラムのこのトピックにだいたい載っています。
 OLD DAZ Studio Scripts and Plugins list

私が使わせてもらっているスクリプトを少し紹介します。
※DS4.5対応版があるスクリプト以外は、DS4.5ではほとんど動作しません。

・Show Logログファイルを表示します。レンダリング時間を確認するのに便利です。DS3では必要なくなりました。
・Poser Format Exporterこれは無料の製品として登録されています。Poser形式のポーズ/アニメーションファイルを出力できます。
・InjectPMDコンテンツパラダイスのMiki2など、外部PMDファイルを使用するモーフをフィギュアに読み込めます。
・Node toolsこの中のDistanceというスクリプトで2つのオブジェクト間の距離を測れます。※DS3版はこちらからダウンロードできます。
・Light panel シーン内のライトを一元管理できるツールです。グループにまとめて、グループごとのオンオフなども可能です。

スクリプトの中には、インストールすればすぐにメニューに登録されるものもあります(メインメニューのEdit)。登録されないものは、ContentタブStudio > Scripts 以下に見つけることが出来ます。
スクリプトコンテンツ


■カスタムアクション
Studio > Scriptsを毎回開くのも大変ですので、よく使うスクリプトはカスタムアクションとして登録してしまいましょう。
ContentタブでDSのコンテントディレクトリ以下のアイテムはカスタムアクションとして登録することが出来ます。そのためにはアイテムのアイコンを右クリックして、Create Custom Action を選択します。
スクリプトカスタムアクション化

※この時点で、メインメニューにScriptsというメニューが追加され、そこからアイテムを読み込めるようになりました。以下の操作は不要です。

次に、メインメニューの Edit > Customize を開いてみましょう。左側のActionリストの一番上Customラベルにそれが登録されています。これで、DSの部品としてカスタマイズできるようになりました。
その際、アイテムの右クリックから詳細な設定が出来ますので、アイコン画像の追加など試してみてください。
スクリプトアクションリスト


■スクリプトメニュー
では、メインメニューにスクリプトメニューを作成してみましょう。
Customizeダイアログで、右側のMenusタブを開きます。そのMain Menuラベルを右クリックし、Add Submenuを実行します。すると、New Itemが追加されますので、名前を半角文字で &Scripts と変更します。Customizeダイアログの詳細については以前のエントリーを参照してください。
スクリプトメニュー作成

次にそこへ左側のアクションリストから先ほど登録したカスタムアクションをドラッグ&ドロップし、Acceptボタンを押してCustomizeダイアログを終了します。
メインメニューに反映されていることを確認してください。これでスクリプトが使いやすくなりました。

Comment

InjectPMD

最近DAZ Studioを始めようとしているのですが、InjectPMDのようなスクリプトは現バージョン用には存在しないのでしょうか?
もしあるようでしたらアドバイスいただけると嬉しいです。

Re: InjectPMD

Yugaさんこんにちは。
残念ながらInjectPMDスクリプトはDAZ Studio 4以降に対応しておらず、pmdモーフを読み込むことはできません。
DAZフォーラムを検索してみるといくつか同様の問題についてのトピックが見つかりますが、解決には至っていないみたいです。

No title

アドバイスありがとうございます。
なんとなく調べていたらそういう事かな?と思っていたので
Kotozoneさんの見解を聞けて納得できました。

そういうことであれば、Poserでpmdモーフを解除(再設定?)してからDAZ STUDIOに移行する方式で行こうと思います。

余談ですが、Ver4.9に対応したノウハウ書籍は出されないのですか?
こちらのサイトもとても貴重な情報で参考にさせてもらっているのですが、
バージョン違いによる情報の取捨選択が難しいです(^^;
pdf版もアリだと思いますので是非ご検討を。(^^

それでは(^^)

まとめて形にするのはなかなか労力がかかるものでして。自分だけではなんともできない部分もありますしね。
まずはブログの記事の内容を現行バージョンに対応できるよう、更新していきたいと思ってます。
これからも当ブログをよろしくおねがいします。
非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター