UberSoft Lighting Kit その1:使い方とSky Colorの設定

Category : UberSoft Light
今回ご紹介するのはずっと気になっていたDAZ Studio(以下DS)用IBL(Image-based Lighting)システム『UberSoft Lighting Kit』です。
このプラグインは『UberEnvironment Light Shader IBL/HDRI』や『UberEnvironment2』と同じように、画像を光源にしたライティングとAO(Ambient Occlusion)による影の生成、そしてIDL(Indirect Lighting)を提供するものです。ただし『UberSoft Lighting Kit』が他と違う点は、光源となる画像を指定する部分が無いところです。その代わりにSky Colorとして3つの色を指定します。
今回は、『UberSoft Lighting Kit』の使い方と、そのSky Colorについて調べてみました。

※作者によるヘルプページがここにあります。ビデオチュートリアルもありますので、併せてご覧下さい。

ubersoft SS

※Horizon Heightプロパティについて訂正しました。
※Sky Colorを傾けることについて追記しました。

■使い方

『UberSoft Lighting Kit』はライトですので、シーンにオブジェクトを配置したのち ContentタブLights > UberSoftLightKit を開きます。

ubersoft contentタブ

いろんなアイテムが混在していて分かりにくいので、それぞれがどんな役目を持つものかを説明します。
・マスターライト「!UberSoftMaster」『UberSoft Lighting Kit』の本体です。
・補助ライト「!UberSoftDistant」
「!UberSoftPoint」
マスターライトを補助するDistant LightとPoint Lightの2種類のライトです。
・スカイプリセット「Set Master Alien」
「Set Master Drama」
「Set Master Noon」
「Set Master Warm」
Skyライトの設定をプリセットにしたものです。
・シャドウプリセット「Set Master Shad Directional」
「Set Master Shad Soft」
AOのDirectional Shadowingプロパティをそれぞれ100%、0%に設定するプリセットです。
・AO品質プリセット「Set Quality 0XLo」
「Set Quality 1Lo」
「Set Quality 2Med」
「Set Quality 3Hi」
「Set Quality 4XHi」
AOのクオリティを5段階に設定するプリセットです。
・ヘルプ「!UberSoftLightKit Help」インターネット上のヘルプページをインターネットブラウザで開きます。

ライトとして動作するのがマスターライト、補助ライトの3つのアイテムで、スカイプリセット、シャドウプリセット、AO品質プリセットはマスターライトに対して適用するアイテムになっています。

今回はプリミティブを並べたこんなシーンを作成しました。
ubersoft primitives プレビュー

まずは「!UberSoftMaster」をダブルクリックしてシーンに配置します。ここからSceneタブでUberSoftMasterオブジェクトを選択し、Parametersタブの各プロパティを調整していきます。
初期状態でSkyライトオン、AOオン、IDLオフとなっています。
ここでレンダリングすると次の画像のようになりました。AOの品質は低い設定ですので、影はざらざらしています。
ubersoft primitives 工程1

少し影の広がりが大きいのでAdvanced欄の「Maximum Trace Distance」を60に下げてみました。
ubersoft primitives 工程2

何かプリセットを使ってみましょう。「Set Master Noon」プリセットを適用しました。Sky欄の設定が変化したのがわかると思います。
ubersoft primitives 工程3

AO品質プリセットを適用して影をスムースにします。今回は「Set Quality 4XHi」を使いました。この操作をするとレンダリングにかかる時間がかなり長くなるのでご注意下さい。
ubersoft primitives 工程4

さらにAOを最高設定にして、IDLをStrength 50%でオン(Indirect Lighting Active On)にしました。IDLをオンにすることでもレンダリング時間は長くなってしまいます。
ubersoft primitives 工程5


■Sky Colorの設定

今度は『UberSoft Lighting Kit』の特長であるSkyライトの設定とその仕組みを調べてみたいと思います。
Parametersタブのプロパティは次のようなものになっています。
ubersoft parameters Sky

・Sky ActiveSkyライトをオン/オフします。
・Sky IntensitySky Color全ての明るさを調節します。
・Zenith Color天頂の色です。
・Horizon Color地平線の色です。
・Bounce Color天頂の対極(地面の下)の色です。
・Horizon Height地平線の位置です。

とりあえず上の画像のような設定で次のシーンをレンダリングするとどうなるか試してみました(AOはオフにしてあります)。
ubersoft Horizon Height プレビュー

ubersoft Horizon Height 50%

3色のSky ColorをIBL Mapに置き換えると、おそらく次の画像のようになると思われます(仮にSky Mapと呼びます)。
ubersoft Sky Map

Skyライトによるライティングは、このSky Mapを使ってシーンにIBLを行っているのと等しいと考えられます。

もう一つ、ここにさらに「Horizon Height」の値が関わってきます。
 ・Horizon Height 0%
ubersoft Horizon Height 0%

 ・Horizon Height 50%
ubersoft Horizon Height 50%

 ・Horizon Height 100%
ubersoft Horizon Height 100%

このプロパティはSky Mapの使う部分を制限する働きをするようですHorizon Colorの位置をずらします。
 0%で天頂の位置に、100%で天頂と対極の位置にまでずれます。

このようにSky Colorの3色とHorizon Heightの設定で、環境照明を手軽に作ろうというのが『UberSoft Lighting Kit』の機能の一つなのです。例えば、Zenith ColorとBounce Colorを白(255,255,255)に、Horizon Colorを黒(0,0,0)にして、Horizon Heightを50%にすると上下からの強いライトが表現できます。
ただし、このライトははDiffuse成分のみを含みますので、ハイライトを表現することができません。それが必要な場合は、スペキュラライトなどを補助として使って下さい。


■Sky Colorを傾ける

IBLにおいて風景などのHDR画像を使う場合、光源の方向を操作するためにY軸回転させることが多いです。一方『UberSoft Lighting Kit』ではSkyライトとして垂直方向への3色グラデーションしかできませんので、Y軸回転の意味はなく、他の軸を回転させるという操作が重要になってきます。そのためには、UberSoftMasterオブジェクトを回転させるだけで大丈夫です。

上の項目で使ったシーンのUberSoftMasterオブジェクトを以下のように回転させました。
 X Rotate -40.7
 Z Rotate 24.1

ubersoft primitives 軸を傾ける

このシーンでは色分けが極端ですが、3色を調節して明暗を作ってやれば、軸を傾ける操作は照明の構築に一役買ってくれることでしょう。



今回のツールと画像の素材はこちら

UberSoft Lighting Kit

Antoinette Bust Set



Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター