スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Content Management Service その3:メタデータ・プロダクトの設定

Category : DAZ Studio 4
DAZ Studio 4(以下DS4)のSmart Contentタブに既存のコンテンツを表示させるために、『Content Management Service その1:メタデータ・アセットの設定』ではメタデータの設定の方法を解説しました。ところでこのメタデータ、配布できる形で出力することができます。DS4に付属しているコンテンツは、そうして出力されたメタデータを取り込むことで、Smart Contentタブに表示できるように設定されるのです。
そこで今回は、プロダクト設定の方法と、メタデータの出力について解説します。
また、この記事の通りにして私が出力したメタデータをダウンロードできるようにしておきました。

今回の記事を書くに当たっても、DAZフォーラムのトピック「DS4 Tutorial: Adding meta-data to existing files」を参考にさせていただきました。

メタデータ Contentタブ プロダクト表示

※一部余分な記述が残っていましたのでファイルをアップロードし直しました。


■プロダクト表示

前回の『Content Management Service その2:アイテムのカテゴリ分け』でちらっと出てきましたが、DS4のContent LibraryタブにはProductsフォルダというものがあります。また、Smart ContentタブにもProductsページがあります。これは、インストールされたコンテンツを製品ごとに整理する分類法で、DS4になって導入されたものです。
Content LibraryタブProducts>G>Genesis Starter Essentialsなどを表示してみると分かると思いますが、プロダクト表示ではその製品に含まれるアイテムが全てリストアップされるようになっています。DS4でのカテゴリ分けの弱点であるアイテム同士のつながりを補足する役目もあるように思います。
メタデータ プロダクト表示 Genesis

下の画像はSmart ContentタブのProductsページです。
Genesisフィギュアを選択して、サイドメニューをWardrobeにしているので、Genesisフィギュア用の衣服製品が3つ表示されています。
メタデータ MyStuffタブ プロダクトページ

ここで、例えば『Magus for Genesis』アイコンをダブルクリックしてみると、次のようにそのプロダクトに含まれるアイテムが全て表示される詳細表示になります。
メタデータ MyStuffタブ プロダクト詳細

Smart Contentタブのプロダクト詳細表示ではさらにカテゴリをたどって特定のカテゴリに含まれるアイテムだけを表示することができます(一番上の製品画像右横のメニュー)。また、製品画像をクリックするとストアの製品ページがインターネットブラウザで開かれます。
緑色のBackボタンをクリックするとプロダクトリストに戻ります。


■プロダクト設定

プロダクト表示をするためには、プロダクト設定をしなければいけません。また、この設定をすることでメタデータがファイルとして出力できるようになりますので、プロダクト表示が必要ない場合でも設定しておいて損はありません。

今回は『Victoria 4.2 Base』をプロダクト設定してみました。
各アイテムのカテゴリ分けやコンテンツタイプ設定、適合性設定は済ませた状態です。

Content Libraryタブのフォルダやカテゴリを右クリックして、メニューから「Create a Product」を実行します。この場合はPoserフォーマットのコンテンツディレクトリのFigures>DAZ Peopleフォルダですね。この時、サブフォルダやサブカテゴリ内のアイテム全てがそのプロダクトに含まれることになりますので注意して下さい。
メタデータ プロダクト 作成工程1

製品名を聞かれますので、「Victoria 4.2 Base」を入力します。
メタデータ プロダクト プロダクト名入力

作成したプロダクト、Products>V>Victoria 4.2 Baseを開きます。
※プロダクトフォルダでは製品名の先頭のアルファベットでフォルダ分けされています。
必要ないアイテムも登録されていると思いますので、それらを選択して右クリックメニューから「Remove References」を実行して削除します。
メタデータ プロダクト 作成工程2

すると、削除していいか聞かれます。問題なければYesボタンをクリックして下さい。この時Show Detailsボタンをクリックすると、削除するデータベースの登録情報に対応するファイルのパスが表示されます(ここに表示される実データが削除されるわけではありません)。
メタデータ プロダクト 登録情報の削除

別のフォルダにインストールされたアイテムをプロダクトへ追加します。
DAZ Studio Formatsのコンテンツディレクトリ>People>Victoria 4>Materials>V4 Sample-Resを開き、マテリアルプリセット3つを選択して右クリックメニューから「Copy」を実行します。
メタデータ プロダクト 作成工程3

先ほどの「Victoria 4.2 Base」のプロダクトフォルダを表示して、アイテムの横の空白部分などで右クリックをして、メニューから「Paste Reference」を実行します。
メタデータ プロダクト 作成工程4

これでコピーしたアイテム情報がペーストされました。
メタデータ プロダクト 作成工程5

製品に含まれるアイテムすべてをかき集めた(DSで使えないアイテムなどは含めなくてもいいです)ところで、Content DB Editorを開きます(実は今回はポーズファイルを含めていません)。作成したプロダクトフォルダ内を表示しておき、オプションメニューから「Content DB Editor」を実行します。すると次のように、適合性設定の時には無かったProductページが表示されます。
メタデータ プロダクト DBエディター

・Store製品を購入したストア名。現在はDAZ3Dのみ。
・Global IDプロダクトの識別ID。勝手に設定されるので気にする必要は無し?
・Name製品名
・Token製品のストアコード。DAZ3Dの場合はURLの末尾の数字。
・Description製品の説明文。
・Artists製品の製作者名。
・Supportメタデータのファイルパス。
・Files製品に含まれるファイルの全リスト。
・Scene IDsプロダクトに含まれるアイテムのScene IDのリスト。

ここで記入しなければいけない部分は特にありません。入力できない箇所も多いですし。しいて言えば、DAZ製品の場合はStoreとTokenだけ入れておくと良いと思います。プロダクト内の各アイテムのメタデータを修正したい場合はAssetsページに切り替えて行って下さい。
このウィンドウでAcceptボタンをクリックすると、メタデータがファイルとして保存されます。

保存されたメタデータはDAZ Studio フォーマットのコンテンツディレクトリ(初期設定ではMy Library)のRuntime\Support\フォルダ内に<ストア名><プロダクト名>.dsxというファイル名で存在します。同じ名前の.dsaファイル、.pngファイルの3ファイルがセットになっています。先ほど作成したプロダクトには画像ファイルがありませんが、入れておくとSmart ContentタブのProductsページで画像が表示されるようになります。この画像ファイルの大きさは110*143pixelsで、DAZストアの製品サムネイル画像と同じサイズになっています。


■メタデータの再利用

ファイルとして保存したメタデータは再利用できます。コンテンツの再インストール時やデータベースをリセットした場合などに、その製品のメタデータがあれば、カテゴリ分けなどの面倒な設定をもう一度やらなくてもそのメタデータをインポートするだけで全ての設定が完了します。3回の記事に分けてやってきた成果が全て詰め込まれているわけです。
新たにインストールしたコンテンツに対応するメタデータがあった場合も、次の作業を行って下さい。

メタデータをインポートするには、Content Libraryタブのオプションメニューから「Content DB Maintenance」を実行し、「Re-Import Metadata」にチェックを入れてAcceptボタンをクリックして下さい。
メタデータ カテゴライズ法 DBメンテ
メタデータ カテゴライズ法 メタデータ

するとメタデータのリストウィンドウが出現し、どのメタデータをインポートするかを設定できます。今のところ、全チェックでも問題ないようです。
メタデータ カテゴライズ法 メタデータ 選択

この時、インストールしていない製品のメタデータがあっても問題ありません。

メタデータがあればSmart Contentタブが便利に使えるのに、今回製作した『Victoria 4.2 Base』のものも含め、既存の製品のものは一向に配布されません。それぞれの製品のアーティストが作成しようにもカテゴリ分けなどの明確なガイドラインが発表されていない状態で、着手しにくいのだと思います。
今回の『Victoria 4.2 Base』用のものも含め、私が作成したメタデータを配布することにしました。このままではSmart Contentタブがもったいないし、これまでに3回の記事にした内容を分かってもらうには一番早いと思うからです。
ただし使用には注意点がありますので、よく読んで下さいね。

 ・解凍してできたRuntimeフォルダをコンテンツフォルダMy Library内にコピーし、メタデータのインポートを行って下さい。
 ・これは非公式なメタデータです。
 ・カテゴリ分けはDS3方式で行っています。ただしベースフィギュアだけはDefaultカテゴリ内にもカテゴリ分けしました。
 ・将来的に公式なメタデータが配布されたら、それと差し替えてください。
 ・製品画像は含まれていませんので、必要なら規則に従って作成して下さい。
 ・メタデータの内容の削除は今のところContent DB Editorで手動で消していくしかありません。

次の画像をクリックするとSkyDriveのダウンロードページにジャンプしますので、「DS4metadata_kozotone_set1.zip」をダウンロードして下さい。

(最新の仕様に合わなくなってしまったため、ファイルの公開を中止しました)

以下の製品のメタデータが含まれます。
Victoria 4.2 Base
Basicwear for V4 Unimesh
V4 Elite Texture Lana
Haru Ver 1.0 SET
Cute Boyish for Haru Ver 1.0
Sailor Suit for Haru Ver 1.0
Sportswear for Haru Ver 1.0
Tennis Wear for Haru Ver 1.0

多くの人が持っているであろう『Victoria 4.2 Base』『Basicwear for V4 Unimesh』のメタデータを用意しましたので、とりあえずこれでSmart Contentタブを使ってみて、メタデータを設定したら便利だなというのを感じていただければと思います。


Comment

同一ファイル名は

どうもお久しぶりです。
記事をいつも拝読させて頂いています。
当記事を読んで自分でメタデータをいそいそと作っていますが、同じ製品には同一名のファイルは含められないようですね。
例えばDLD Stone Shader for DSにはnatual/polished/veinedと3つのサブカテゴリがありますが同一名のファイルが複数あるため、全てを追加しても完全なメタデータにならないようです。
上書きにもならないようで、最初に作られたファイルの情報がそのまま残るようです。
今のところ解決策がないようなので、そういう仕様なのかもしれません。
恐らく既に知っていると思いますが一応ご報告まで。

それではサイトがんばってください。

追記

同一名ファイルを含めることができました。
というかReal Metal for DSのDB情報を見ると同一名ファイルが含まれていたので仕様的には可能であることは確認できました。
で、やり方ですが各サブカテゴリを含むルートカテゴリで一気に製品登録すると同一名ファイルはやっぱりダブりとなり1つしか含まれなくなるため、まずはサブカテゴリで製品登録。
次に製品をクリックして表示し、その中のコンテンツでダブりとなるファイルをrenameで名前を変えます。
そしてPaste Referenceで同一名のコンテンツを貼り付け、最後に名前を変更したコンテンツの名前を元に戻せば同一名で複数含まれるようになります。
DB情報を見ると、カテゴリ違いで2つ登録されているのでこれで行けるようです。
しかし手順が相当面倒です、もっといいやり方あるのでしょうか?

どうやら

私の環境のCMSかおかしかったみたいです。(恐らく)
各サブカテゴリが含まれている親カテゴリでCreate productするとちゃんと同一名でも含まれますね。
うちの環境ではなぜか含まれる場合もあり、親カテゴリのコンテンツだけが含まれる場合もありとなぜか製品によって挙動が異なるので恐らくCMSが変なのでしょう。
お騒がせして申し訳ありませんでした。

arcxさんお久しぶりです。お元気でしたか?

なるほど、確かにPaste Referencesする時に同じファイル名のアイテムはコピーされませんね。
Smart Contentタブのアイテムビューの表示は同じファイル名でパスが違うものなら問題ないようですので、プロダクトへの登録方法が他にもあれば大丈夫ということになります。

書いているうちに問題解決されたようですね。
確かに、プロダクト作成時に親フォルダから作成すれば問題ないですね、私の方でも確認しました。
非公開コメント

著書
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン バージョンアップ カスタマイズ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。