スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Content Creator Toolkit その9:Presentation Editor

Category : Content Creator Toolkit
DAZ Studio 4(DS4)になって、新しく追加されたタブにShapingタブPosingタブがあります。これらはParametersタブに表示される内容を2種類に分け、ユーザーが使いやすいように整理したものです。分類の基準としては、Shapingタブにフィギュアの体型や顔の形などを変更するパラメータを、Posingタブにはフィギュアのポーズや表情をつけるためのパラメータを表示するようになっています。現在、この決まりに則しているのはGenesisフィギュアのみで、そのパラメータがモーフであろうとERCであろうと関係なく上の規則に従って分類されています。
V4世代のキャラクターに表情を付ける時、キャラクターによっては表情モーフをキャラクター形成に使ってあったりしたので、はっきり分けられたことで表情プリセットなどが使いやすくなりました。

『Content Creator Toolkit(CCT)』でフィギュアのモーフやコントロール・プロパティを新たに作成する時、Parametersタブにはすぐにそのプロパティが表示されるようになります。しかしそれをShapingタブまたはPosingタブに表示するためにはParameter Settingsを使う必要があるのです。また、このエディタにはタブに表示されるプロパティの外観を設定する機能があります。
今回はParameter Settingsの使い方を解説します。これは特にCCTの機能というわけではないのですが、そうでなければそんなに使わないものなので、こちらに入れました。

※今回の記事を書くにあたって、DAZ 3D DOCSのこのページを参考にさせていただきました。

プレゼンテーション・エディタ SS

※DAZ 3D DOCSサイトのURLを修正しました。(2012.2.24)
※Presentation EditorがParameter Settingに統合されたため、記事の内容を修正しました。(2013.3.23)

■Presentation Editorの使い方

Parameter Settingsを起動するには、Parametersタブなどに表示されているプロパティの端にある歯車のアイコンをクリックし、出現するメニューから「Parameter Settings」を選択します。
プレゼンテーション・エディタ 縦長プロパティプレゼンテーション・エディタ アイコン

Presentation Parameter Settingsメニュー

するとParameter Settingsのウィンドウが出現します。
Presentation Parameter Settingsウィンドウ

今回の記事に関連する設定項目は以下のようになっています。
・Typeプロパティの種類を設定します。
・Color Aプロパティの背景のグラデーション部分の下端(縦長)または左端(横長)の色を設定します。標準の色はグレー(40,40,40)です。
・Color Bプロパティの背景のグラデーション部分の上端(縦長)または右端(横長)の色を設定します。標準の色は白(255,255,255)です。
・Icon横長の表示の場合に左端に表示する画像を設定します。Cardが設定してある場合はこれを設定しなくてもサイズが縮小されて表示されます。
・Card縦長の表示の場合に左側に表示する画像を設定します。画像のサイズは横147pixels縦185pixelsで、左側70%の範囲にだけに画像を配置、背景は透明にするように決められています。また、画像ファイルはdsfファイルと同じ場所に同じ名前のpng形式画像を置く必要があります。

既存プロパティをParameter Settingsを使って編集した場合、それを保存ファイルに反映させるにはProperty Editorタブを使って下さい。Property Editorタブのオプションメニューの「Save Modified Assets」を実行すると、変更のあったプロパティが一括で(上書き)保存しなおされます。ただし、Memorize Figureなどの初期値変更も変更したと見なされますので、不必要な上書きが行われないように注意して下さい。
プレゼンテーション・エディタ プロパティの更新


■タブに表示するためのルール

ShapingタブまたはPosingタブにそのプロパティを表示するために設定する項目は次のようになります。
Content Type(Type)はParameter Settingsで、Property Group(Path)はMorph LoaderProperty Editorタブで設定することができます。
タブContent TypeProperty Group(Path)
・ShapingタブModifier/ShapeActor
・PosingタブModifier/PosePose Controls

※Posingタブに表示するためのグループは絶対というわけではないようです。
※Shapingタブに表示するためのグループはActor直下だとダメかも。DAZ製品の衣服の調整モーフなどはActor/Shirtのようにアイテム名でグループが作られています。

例えば、GenesisのBasic Femaleモーフの場合は
 ・Content Type Modifier/Shape
 ・Property Group Actor/Female/Real World

Genesisの表情モーフMouth Openの場合は
 ・Content Type Modifier/Pose
 ・Property Group Pose Controls/Head/Mouth

Genesisの上体を屈伸するコントロール・プロパティWaist Bendの場合は
 ・Content Type Modifier/Pose
 ・Property Group Pose Controls/Torso

以上のように設定されています。

『Content Creator Toolkit その7:ERC Freezeでコントロール・プロパティを作る』で作成したコントロール・プロパティはそれだけではPosingタブには表示されません。そこでParameter Settingsを使ってContent Typeを設定してやることで初めて表示されるようになります。


■モーフ・パラメータの色分け

Genesisフィギュアにはモーフを追加するのが容易だという長所があります。しかし、グループの設定規則が製品名と関係ないため、このモーフは何の製品のだったかなと考えてしまうことになります。
いちユーザーならそれでも全然問題ないのですが、キャラクター・プリセットなどを配布しようという場合などは、必要プロダクトを調べるのが大変です。

そこで、そんな場合に便利だと思われるのが、モーフ・パラメータの表示のグラデーション色をParameter Settingsを使って製品ごとに変更しておくことです。
プレゼンテーション・エディタ モーフの色分け

上の画像は「Color B」の色をモーフ製品ごとに決めて設定し、GenesisのTorsoリージョンをShapingタブで表示したものです。こうやって色分けしておけば、サイドメニューを「Cullently Used」にしてリストアップされたパラメータの色を見るだけで、それが何のモーフ製品を使っているかが分かります。
設定が大変なのと、その製品のバージョンアップによってクリアされてしまう、という難点がありますのでオススメはしません。dsfファイルを直接書き換えてしまうという手もありますね。




Comment

DS4インストゥールから躓いています

大変丁寧な内容を感服しながら拝見しております。
なかなか初歩の部分でうまくいかず、何卒ご教示ください。

プレビューのキレイさに惹かれ、poser2012を使用しています。
Victoria 5が発売されたと聞き、
PoserPro2012にインポートするために、
DAZ STUDIO 4をインストゥールしましたが、
Genesisを呼びだすことができません。

関係がないかもしれませんが、PCは以下の仕様です。
Dell XPS 8300 Desktop
インテル(R) Core(TM) i7-2600 プロセッサー(3.4GHz, 8MB L3キャッシュ)
16GB (4GBx4) デュアルチャネルDDR3-1333 SDRAM メモリ
ATI Radeon(TM) HD 5870 1GB(DVIx2/HDMI/DP)
Windows® 7 Home Premium SP1 64ビット 正規

OS(C:)の中には
「Program Files」
「Program Files(x86)」
という二つのプログラムフォルダがあり、インストゥール先が間違っているのか、と考えたりもしています。

いくつか、質問させてください m(_ _)m
●「Genesis」を呼び出すにはどうすれば良いのでしょうか?
●「Victoria 5 Pro Bundle」を購入したのですが、これを使用するには、別途「Genesis Morphs」の購入も必要なんでしょうか?
●「PoserPro2012」の「リアルタイムOpenGLプレビュー」がきれいなので気に入っているのですが、「DAZ STUDIO 4」のプレビューも同等くらいのレベルで表示されますか?「DAZ STUDIO 4 ADVANCED」ではいかがでしょうか?それによっては乗り換えようと思っております。
●「Auto-Fit Tool」は、「DAZ STUDIO 4」では使えないのでしょうか?「ADVANCED」からでしょうか?

長々とすみません。
何卒よろしくお願い申し上げます。

Re: DS4インストゥールから躓いています

私のブログを見ていただいてありがとうございます。
過去の記事へのコメントも受け付けておりますので、今度からは関連性のある記事にコメントお願いしますね。PC環境を詳しく書いていただけたのは助かります。思わぬ部分に原因があったりしますから。

PoserでGenesisを使うためにはDS4でエクスポートしないといけないのはご存知のことと思います。
DS4が正常にインストールされていれば、起動時に自動でGenesisがシーンに読み込まれます。そうでないとしたら、DS4のインストール時にインストール先フォルダを変更されましたか?初期設定のままなら、DS4本体はProgram Files(x86)内に、デフォルトランタイム(Default Content Directory)はマイドキュメント内に作成されるはずです。そしてV5のインストール先は、そのデフォルトランタイムにして下さい。

PoserでGenesisが使えると言っても完全なものではなく、現状まともに読み込めるのはベースフィギュアだけのようです。DAZの発表ではPoserのSR待ちとなっています。

 □ Pro Bundleの必要プロダクトについて
含まれているキャラクター製品『Tori』と『Gabi』に『Genesis Evolution: Head Morphs』『Genesis Evolution: Body Morphs』が必要になります。この2つのモーフ製品は、V4で言うところのMorph++なので、これから登場するであろうGenesis用キャラクター製品やキャラクターを自作する場合にも必須になると思います。バンドル版がお得です。

 □ プレビュー品質について
残念ながらDS4のプレビューはどのエディションでも同じです。新Poserのプレビューは綺麗ですよね。とってもうらやましいです。

 □ Auto-Fit Toolについて
単品販売しているものは『DAZ Studio 4』と組み合わせて使えます。AdvancedとProには付属しています。
http://www.daz3d.com/i/shop/itemdetails/?item=12666

何度もすみません。

ご丁寧な返答、ありがとうございました。
また、コメント場所の件、失礼しました。
現状では、「DS4」からは「Genesis」はエクスポートできるが、
「Genesis Evolution: Head Morphs」「Genesis Evolution: Body Morphs」が必要となる「Victoria 5」、「Victoria 5 Pro Bundle」は「PoserPro2012」では使えないということになりますか?
「PoserPro2012」で使用できるのは今のところ、「Genesis」だけということでしょうか?
何度も恐縮です。
よろしくお願いいたします。

Re: 何度もすみません。

こんばんは。
ベースフィギュアと書いたことで誤解させてしまいましたね。衣服などのコンフォームドフィギュアではないフィギュアという意味で使いました。V5はGenesisのモーフです。CR2Exporterでは全てのモーフも出力しますので、Poserの方でパラメータを調整すればV5になります。細かい部分は該当記事を読んでみて下さい。

Pro Bundleに含まれる製品はポーズやマテリアルのファイルなどがPoserで読めるものではありませんので、Poserでそのまま使えるものは少ないと思います。

ありがとうございました。

何ども恐縮です。

実はまだ、genesisが現れない問題が解決しておりません。
前々回
>初期設定のままなら、DS4本体はProgram Files(x86)内に、デフォルトランタイム(Default Content Directory)はマイドキュメント内に作成されるはずです。

と書いていただいておりましたが、私のデフォルトランタイムは、
OS(C:)→ユーザーの中に出来ているのですが、そのフォルダ名が「’Ò–{Žu˜Y」と文字化けしており、その文字化けフォルダ内に「AppData」フォルダがあります。
もしかしてこれが原因でしょうか?
そしてそれが原因である場合、どんな名前のフォルダにすれば良いのでしょうか?

低レベルの質問でお時間を取らせてしまい誠に恐縮ですが、ご教示ください。

よろしくお願い申し上げます。

そろそろお名前(スクリーンネーム)を教えてもらってもよろしいですか?書いていらっしゃる名前だとお呼びしにくいので。
ご質問の文面の通りだとすると、お使いのWindowsのアカウントのユーザー名が「’Ò–{Žu˜Y」ということになってしまいますが、そうなのでしょうか?それともユーザー名のフォルダは別にありますか?

まず、海外のソフトを使う上で日本語(2バイト文字)のユーザー名のアカウントにインストールするのは不具合の元になりがちです。アルファベットを組み合わせたユーザー名のアカウントを作ってそちらへ移行することをオススメします。DAZ Studioの場合だと、レンダリング時にテクスチャが表示されないという現象が起きてしまいます。

DS4のインストール時に「Content Library」を例えばC:\ds\My Libraryなどの自分で設定したフォルダに変更しても問題は出ないはずです(デフォルトコンテンツとDS4本体の両方をアンインストールしてから再インストールする場合に限ります)。レンダリング時に出る不具合もPreferencesでテンポラリフォルダを変更すれば解消できます。
ただ、AppDataフォルダ内にアプリケーションにとって重要なファイルがたくさん入っていますので、そのフォルダ名の文字化けが原因だとすると不具合が出てしまう可能性は高いです。

いろいろお教えいただいて、ありがとうございました。

超初心者あらため、スクリーンネームは新之助です。
半角文字で新たにアカウントを作って作業すると解決しました。
これからもKotozoneさまのブログで勉強しつつ、進めていきたいと思います。

ありがとうございました。

新之助さんお答えありがとうございます。
アカウントの新規作成から環境を整えるのは大変だったと思います。お疲れ様でした。無事問題が解決したようでよかったです。
これからも私のブログをごひいきにお願いします。
非公開コメント

著書
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン バージョンアップ カスタマイズ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。