DS4に対応したReality 2.0が登場

Category : 製品ニュース
DAZ Studio用のLuxRenderエクスポーター『Reality』がバージョン2.0になりました。
現在、作者のサイトから購入することができます(Paypal)。価格は$49.95で、1.xからのバージョンアップが$19.95となっています(これは2012年1月10日までの特別価格で、標準価格は$79.95、バージョンアップは$24.95となります)。
DAZストアでの販売はまだ未定らしく、またバージョンアップ価格で購入できるのも作者のサイトからのみとのことです。
もしも、2011年11月10日以後に前のバージョンを購入していた場合は無料バージョンアップとなります。この場合も作者のサイトのアップグレード購入から手続きができるようです(価格の確認はお忘れなく!)。

このバージョンでの新機能および改善点は次のようなものがあります。

 ・DAZ Studio 4に対応(Mac64bit版を含む)
 ・OpenCL版LuxRenderによるGPUアクセラレーション
 ・SLG(Small Lux GPU)での100%GPUレンダリング
 ・フォトンマップ(ExPhotonMap)、SPPM(SmartPhotonMap)によるレンダリング
 ・ライトのIESプロファイルのサポート
 ・マテリアルプレビューの改善
 ・metalマテリアルへのテクスチャ適用
 ・metalマテリアルのプリセットの追加
 ・SubDのサポート
 ・ノーマルマップのサポート
 ・アニメーションレンダリングのサポート

他にも多数の改善点や新機能がありますので、詳しくは作者のサイトの関連ページをご覧下さい。

現在は同じDS用LuxRenderエクスポーターとして、とうふさんの配布されているLuxRenderDSもあります。LuxRenderのレンダリング機能のサポートについては同じくらいになったのではないかと思うのですが、RealityはDS4でも動くという点がアドバンテージになりますね。
LuxRenderDSはマテリアルを細かく調整できたり、ボリュームを正しくサポートしているという特長がある(それにフリーです!)ので、そのDS4対応にも期待してます。

DAZストアでもバージョン2.0の販売が開始されました。
標準価格は$79.95で、2012年1月12日まで10%オフになっています。
AD Reality 2 for DAZ Studio
Reality 2 for DAZ Studio


Comment

買いました

こんばんは、ご無沙汰しています。
Reality 2.0 買ってみました。
Macの64bitなのですが、Luxがメモリをバカ食いしまして、メモリが足りなくなります(^^;)
Dev版のバグなのか、メモリ12GBで足りなくなるのは早くなんとかして欲しいです(笑)
それから、V5のGeo-Graft Genitaliaを使ってレンダリングするとSkin-Hipが真っ白になります。
どうやらUVマップがおかしくなるみたいで、股間部分しかUVが割り当てられてないようです。
初物は色々ありますね・・・・(^^;)

Re: 買いました

新宮院まさおみさんこんばんは。ご報告ありがとうございました。
LuxRenderはメモリを大量に使うのが難点ですよね。使用するテクスチャの最適化の処理が行われていないのでしょうか、12GBで足りないというのは異常ですね。一度RealityのOutputオプションのCollect Texturesでテクスチャを1箇所に集めてみるというのはどうでしょう(Texture SizeはFullで)。
Geo-Graftingはかなり特殊な処理のようですし、DS4のバージョンアップの方で対応してもらわないとどうにもならないかもしれません。

Texture Size Full有効でした!

早速のお返事ありがとうございます。
Outputオプション試してみました。
OSXからアプリケーション落としてと言われる事もなく、Luxを途中で終了するとメモリ解放までCPUは回りまくり、メモリは使いまくり、などという事象から解放されました。
Collect Texturesはチェックしていたのですけど、サイズは初期設定のまま(0.25K)でした。Fullにしたところメモリのバカ食いをしなくなり、半分ぐらいで落ち着いて動くようになっています(^-^)

アドバイスありがとうございました m(_ _)m

Re: Texture Size Full有効でした!

新宮院まさおみさんこんにちは。
正常にレンダリングができるようになって良かったです。
 「Collect Textures」はLuxシーンファイルを出力するフォルダに使用するテクスチャを全て集める
 「Texture Size」はそのテクスチャをリサイズする(0.25Kで256x256)
というオプションになっています。SLGレンダリングをしようとすると、(おそらくGPUのRAMにテクスチャを納めるために)「Collect Textures」にチェックが入るようになっているので、その設定が残っていたのかもしれません。本来なら逆にメモリー使用量が少なくなるはずなのですが変ですね。
「Collect Textures」にチェックを入れなくてもレンダリングできるはずですので、試してみて下さい。

Re:Re: Texture Size Full有効でした!

Kotozoneさん、こんばんは。

「Collect Textures」のチェックを外してレンダリングしても、問題無い様です。
SLGを試していたので、チェックが残っていたのかもしれませんね。
ホームディレクトリにReality2のシーン毎のリソースフォルダが作成されていて、オブジェクトとテクスチャが保存されているのに気づいていたのですが、ここにあるテクスチャが「Collect Textures」の設定で使用されているのかもしれないですね(調べてないので推測のみですが)。

リソース逼迫にもならず無事使用できております。
どうもありがとうございました。

どうやら・・・

hairが影響していた模様です・・・
Desir hair、V5 Elite Ponytailがメモリを食う要因になっていた様です。
「Collect Textures」に注意してレンダリングしたのにメモリを11GB以上Luxに取られたので、おかしいと思ったら、そんなオチでした・・・

Re: どうやら・・・

「V5 Elite Ponytail」はポリゴン数かなり多いみたいですから、そのあたりが関係しているんでしょうかね。
ともあれ、原因がわかって良かったです。

Re: Re: どうやら・・・

「V5 Elite Ponytail」はシンプルなシーンでしたら、なんとか大丈夫です。
でも、「Desir hair」はそれでもダメで・・・
原因がわかってスッキリしました(笑)
非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター