DAZ Studio 4.5がリリース開始

Category : 製品ニュース
DAZ Studioのバージョン4.5が正式リリースされました。
今回はDAZフォーラムのこのトピックの内容を抜粋しましたので、注目の新機能などを見ていきましょう。

 ◆新機能

1. Separate Software and Content installers
ソフトウェアとコンテンツのインストーラーを分離した。

2. Selectively save parts of a scene
シーン内のオブジェクトから選んだもののみを保存できる。

3. FBX Import
FBXインポート。FBX形式のファイルをリグとアニメーション込みで読み込むことができる。
 File > Import

4. New “Ready to Render” scenes
「Ready to Render」シーンファイルおよび構成ファイルの追加(バージョン4.0.3で導入済)
 Smart Content>Default>Scenes>Ready to Render

5. Geometry Shells
ジオメトリシェル。テクスチャやシェーダー、ジオグラフティングをブレンドするのを助ける。マテリアルの変更とノードの表示/非表示が設定できるインスタンスに見える。
 Create > New Geometry Shell

6. Instancing
インスタンス。シーン内のオブジェクトをコピーすることで、メモリやビデオのリソースを削減する。インスタンスはオリジナルと同じシェイプ、ポーズ、マテリアルを持ち、移動回転拡縮ができる。
 Create > New Node Instance

7. Group Node
グループノード。ペイントアプリケーションのレイヤーのように、シーン内のオブジェクトをグループ分けできる。
 Create > New Group

バージョン4.5では、DSONファイルフォーマットの追加、インスタンスの実装、FBXインポート機能などが新機能として挙げられています。他にもビューポートの表示速度が2~5倍速くなった点、3Delightレンダラがバージョンアップされた点が要注目ですね。
詳しい変更点が記載されたChange Logはこのページで見ることができます。今まで無かったのが不思議なくらいですが。

 ◆インストールについて

過去にDAZ Studio 4 Proまたは4 Pro Upgradeを製品ページから購入したことがある方はItemized Order Historyからリセットして下さい。そうでない場合は製品ページより$0で購入し、ダウンロードして下さい。
起動時にシリアルナンバーを要求された場合はこのページで確認し、入力して下さい。

前バージョンの32bit版および64bit版アプリケーションとDS4 Default Contentをアンインストールしてから、DS4.5のアプリケーションと14812_GenesisStarterEssentials_1.3_trx(デフォルトコンテンツ)をインストールするのが良いと思います。
また、ファイル形式の変更により、DS4.5のデフォルトコンテンツ(Genesisなど)を前バージョンで読み込むことはできません。


DAZ Studio 4.5 Pro

DAZ Studio 4.5 SDK

プラグイン製作者のためのSDKも正式バージョンとなりました。

 ◆バージョンアップする上で知っておくべきこと

・DS4.5で保存したファイルはDS4.0.x以前では読むことができない。
・プラグインはDS4.5に対応したバージョンが必要。
・FBX Importでは全ての要素をまだサポートしていない。
・DAZスクリプトによるプリセット保存は段階的に廃止される予定。これらの保存メニューはFile>Save As>Deprecatedへ退避。
・DAZシーンファイル(.daz)はまだ読み込みできる。ただし保存はできなくなった。
・Poserコンテンツで使われているPropagating ScaleおよびDependent Parameters (valueOpKey)のサポートがアップデートされたため、これらを使っているアイテムの挙動が変わる可能性がある。
・3Delightレンダリングエンジンが10.0.50にバージョンアップ。サードパーティーによるシェーダー製品の中にはアップデートが必要なものもあるかもしれない。
・pwシェーダーはリセットしてDS4.5に対応したバージョンをダウンロードする。
DAZ Studioの紹介ページからダウンロードできるファイルにはGoZ、Decimator(シリアル別売)、Photoshop Bridgeプラグインインストーラーが入っていない。

 ◆プラグイン&シェーダーのDS4.5対応

DS4.5に既に対応しているDAZストアのプラグイン製品はコチラ
DS4.5に既に対応しているDAZストアのシェーダー製品はコチラ

My AccountのItemized Order Historyでリセットして最新版をダウンロードして下さい。

InfinitoはDAZフォーラムのこのトピックでアップデートファイルが作者より配布されています。
DSF ToolboxとGenXはアップデート作業中です。
Shader Mixerを使ったシェーダー製品はおおむねそのまま使えるようです。
追記)Infinitoの正式バージョンアップ、そしてGenXもアップデート済。
追記2)DSF ToolboxそしてSusu-Harai、IBL Transformer for UberEnvironment2もDS4.5に対応済。

 ◆その他

Genesisフィギュアの服を読み込む時にDuplicate IDsエラーが出ると思います。その場合はDAZフォーラムのこのトピックよりスクリプトをダウンロードして使って下さい(DAZストアの製品はすぐにアップデートが行われるとは思いますが)。解凍後適当なコンテンツディレクトリにコピーしておいてContent Libraryタブから実行し、服のdsfファイル(dataフォルダの中にあるファイルではなく)を指定します。

Genesis Evolutionモーフのプロパティが表示されない状態になる場合がありますので、最新版をダウンロードし、インストールして下さい。

DS4.5より拡張子dufのファイル形式が加わり、今までdsfファイルだったものがdufファイルに変わっています。ファイルを見てみると、dufファイルがプリセットファイル、dsfファイルがデータファイルという区別になっているように思います。さらにどちらもバイナリ形式になってしまい、テキストエディタで中を見ることができなくなってしまいました。
Batch Convertタブを使えばduf、dsfファイルのバイナリ(Compressed)<>テキスト(Uncompressed)を相互に変換することができます。
※7zipなどの解凍ソフトでもテキストに変換できるとのコメントをいただきました。ありがとうございます。

コンテンツのアイコンにActor、Poseなどの内容を表す文字が付くようになりました。それによりSmart ContentタブのProductsページがまともに使えるように!

Batch Convert、Scene Info、Script IDEなどのタブが追加されました。

プリミティブ作成時にセンター位置をワールドとオブジェクトのどちらかから選べるようになりました。

ウェイトマップフィギュアのポーズ変更中の表示がおかしい。ウェイトマップの解像度を下げたような感じ。プレビュー表示スピードアップのため?

モーションブラーがついてる!(Render Settingsタブ)

Auto-fitツールとTransfer Utilityがバージョンアップし、服の既存モーフも変換するようになりました。ただ、そのモーフが誤動作してしまう可能性があります。

Smart Contentタブの!マーク(リンク切れ)のついたアイテムを削除するには、Content LibraryタブのオプションメニューからContent DB Maintenanceを開き、Remove Orphaned File Referencesにチェックを入れてAcceptボタンを押します。それでもだめならSmart Contentタブの!ファイル上で右クリックしてShow in Content Libraryやサイドメニュー上でRefleshを試すと良いかもしれません。

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ようやく

かなり待たされましたが、ようやくMacで使えるようになったようです。
この前のリリースまではDS4を含めて全てクラッシュしまくって全く使い物にならなかったので、
使えるようになるのを待ち望んでいたところです。

やっと、操・活・解さんのブログを参考に実際に使ってみることができます。
Manualが無い(未完成)状態はずうっと続きそうですので、
これからも、為になる記事を期待しています。

データはDS4.5では使えなくなっている物が多数あるそうなのが残念ですが、
それらはDS3で使うしかないですね。
DS3は32bitだけで、64bitのDS4.5 Proの速さと比べると非常に遅いですが、安定性は良いし、
ずっとDSのMainであり続けるしかなく、捨てられる状況には成らないでしょうね。

Re: ようやく

sugarさんはじめまして。コメントありがとうございます。
Macでは環境依存が少なそうに思えるのですが、そういうこともあるんですね。ともあれ、使えるようになって良かったです。
DS4.5になって面白そうな新機能などもいろいろと追加されましたので、これからもDAZ Studioに関する記事を充実させていきたいなと思っています。ご期待下さい。

なかなか全てがとはいかないでしょうが、SDKも登場しましたし、DS4.5に完全移行できるようになると良いですね。

続 ようやく

操・活・解さんは
「Macでは環境依存が少なそうに思えるのですが、そういうこともあるんですね。」
と言われましたが、
DAZ Forumを見れば解るとうり、
環境に関わらず、Macではクラッシュしまくって全く使い物にならなかったのです。

ともあれ、ようやくMacで使えるようになって良かったです。

SDKが登場しても、Dataの全てがDS4.5 Proに対応されるとは思われませんから、
DS4.5Proに完全移行するのは不可能だと思います。

Re: 続 ようやく

Mac用のDS4がそんな状態だったとは知らず、失礼しました。
DS4公開されてから今までまともに使えなかったとは、DAZにも困ったものですね。

私の所は大丈夫でした

私の使っているMacはクラッシュは全くせずに、普通に使えてました。
私みたいなのが稀だったのですかね(^^;)

Re: 私の所は大丈夫でした

新宮院まさおみさん、
おたくのMacでは全くクラッシュしないのでしたか、
うらやましい限りですが、どんな機能を使われておられたのでしょう。

DS3と同じ機能しか使わなければ殆どクラッシュしないけれど。

この世に全くフリーズやクラッシュしないアプリなど存在しませんが、
DAZ Forumを見れば解るとうり、
MacのDS4~DS4.5RCはバグだらけという苦情レポートが多数で、
私のMacでもそのとうりの状態になり、クラッシュしない日はありませんでした。

DS4.5 Proになってからは、たまにしかクラッシュしなくなり、普通に使えます。

No title

sugarさん、こんばんは

どんな機能ですか・・・
私はDAZのフォーラムは必要がない時は見ないので、Macのクラッシュをほとんど経験していないので見ていません。
プラグインはReality、有償のDynamic Clothを使っていました。
D|S4.0Proの組み込みの機能だとSubDやSmoot modifier、Transfer Utility、AutoFit、簡易版Dynamic Cloth、GoZ、Uber Environment2あたりでしょうか。

今も使用しているプラグインがD|S4.5に対応していないので、4.0Proを使用しています。

OSは10.6*を使っていましたけれど、10.8がリリースされる前に10.7にあげました。でも、OSを変えた事によってクラッシュしたりという事はありませんでした。
何か根本的に違うのですかね・・・・?

Re: No title

新宮院まさおみさん、

そうですか、DS4はOS10.6.xの時から使われていましたか?

私のMac OSは、当分の間OS10.6.8で打ち止めにしています、
最大の理由は、OS10.7からはRosettaが無くなったので、古いDAZ 3D製品のMac用インストーラが働かないというからです。

今の所、OS10.7以降が必須のアプリを使う必要が全くないし、
そうなった場合は、必要なOS10.6.8をBoot Campで使うことになるでしょう。

DAZ Forumには、OS10.8にする方が良いという意見もありましたが、はっきりしませんでした。
DS4.5 Proになってからは、OS10.6.8のままでよいですから。

フリーズやクラッシュした項目は多数なので、ここには書きませんが、DAZ Forumをご覧いただく方が良く解るでしょう。
Genesisがらみが多かったです。

新宮院まさおみさん、sugarさん、お二人ともMacについての情報ありがとうございました。
私の、Macは互換機や自作がないから環境依存の不具合がないのではということは、勝手な思い込みにすぎないということですね。不勉強でした。

No title

sugarさん>
ずっと10.6*で使ってました。
10.7は10.8が出る前にあげておかないと、色々と面倒な事になりそうなので仕方なく最近バージョンアップしたんです。
DS4.5ではクラッシュせずに普通に使えているとの事なので同じMacを使っているものとしては嬉しいです。
私はRealityプラグインが対応してから4.5にあげる予定です。早く使いたいなぁ・・・・


Kotozoneさん>
最近はMacも安くなっているので、思い切って使ってみてください(笑)
でも、アプリをプラットフォーム分買わないといけない物があるので、難しいですよね(^^;)

FBX Importについて

はじめまして
もしよければお伺いしたいのですが、

外部モデリングソフトでモデルを自作し、リグを組んでDSに読み込めれば幅が広がるなと
FBX Importを色々試してみたのですが
これってまだまだ未完成なんですかね?

DSからエクスポートしたFBXをMAYAやMAXで読み込むと
ボーンやウェイトがちゃんと保持されているのですが、
そのままFBXエクスポートしてDSでインポートし直すと
ボーンの位置やオブジェクトの位置がめちゃくちゃだったり
ウェイトが反映されてなかったりで何が原因かもわかりません

DAZフォーラムを翻訳して読んでみても中々理解できず・・・

2chで質問してみたところ、ウェイトマップに互換性がないのでは?とのことで、
実際MAYAやMAXでただのボックスを作りFBXでインポートすると問題なく読み込むのですが
そのボックスにボーンを当てると途端にバグります

できれば慣れ親しんだ外部ソフトでリグを組みたいなぁと思っているのですが
FBX Importで正しく読み込める方法などありましたら教えていただけたら嬉しいです

不躾な質問すみません

Re: FBX Importについて

nononoさんはじめまして。
そうですね。DS4.5のFBXインポート機能はまだFBXの全ての要素をサポートしていません。
ただ、DS4.5でGenesisをFBXエクスポートしたものをインポートするとちゃんとリグ込みで読み込まれるので、リグ、ウェイトマップをサポートしていないということは無いようです。

Change Logを見てみると次のような記述が見つかります。

Incremented build number to 4.1.0.70
Added initial implementation of FBX Importer; can import FBX files that our FBX Exporter created and most simple props; exporting to MotionBuilder and then importing into DS works if the rig is left intact.

DAZはMotionBuilderでテストしているのかなあと思いますが、詳細は不明です。あとはiCloneとのやりとりなども想定されているのではないかと思います。
まだ出始めの機能なので、これからもバージョンアップと共にFixされていくと思います。
MAYAやMAXで作られたキャラクターがDSでも扱えるようになる…とか夢が広がりますね^^

No title

お返事ありがとうございます

さっそくモーションビルダーを使っている友だちに確認してもらったところ
DS4.5→モーションビルダー→DS4.5とGenesisをFBXでエクスポートしてみると
関節制限情報は失われていましたがリグやウェイトマップは正常に残っていました

しかしやはり途中でMAYAやMAXを挟んだりすると
途端にバグってしまうみたいですね

モーションビルダー準拠なのはアニメ作成を強化する為な気がしますが
是非MAYAやMAXにも対応してもらいたいですね・・・!

モーションビルダー準拠という情報が得られただけでも助かりました
ありがとうございました

手がかりができたようで良かったです。
私自身はまだFBXインポート機能について詳しく調べてはいないのですが、いざとなれば出力されたテキストを見比べてみるという手もありますから、手がかりはもっとたくさんあるかもしれませんね。

はじめまして

先ほどDAZ Studioの存在を知りまして興味があってサイトに行ったのですがこのソフトは本当に無料なのでしょうか?
ダウンロードをクリックするとなにやらカートになってて購入画面になったのですが、、
確かに0.0$とか書かれているのですがこういったフリーソフトのダウンロードとちょっと違ってて戸惑ったのでご存知の方に聞いてからっと思いましてここに辿り着きました。
あれはあのまま購入?をして行けば無料でソフトが落とせる画面になるのでしょうか?ちょっと不安になりました。
始めてで質問して申し訳ありませんが何方か教えていただけませんでしょうか。

Re: はじめまして

nagさんはじめまして。
DAZ Studioは3DCGで使う素材のマーケットであるDAZストアが販売している3DCGソフトです。
現在はソフト本体を無料で配って、それに使う素材の販売で利益を出そうというビジネスモデルをとっています。
フリーソフトとはちょっと違いますね。

ソフトをダウンロードするためには、会員登録をして、ストアのショッピングカートで買い物をする手順で$0のソフトを買うことになります。決済時の価格が$0になっていることを確認してくださいね。
あとからソフト代金が請求されることはありませんし、有料の素材を買わなくても全然問題ありません。

No title

Kotozone様、ご返事ありがとうございます。
ちょっと今までのフリーソフトと毛色が違う感じですね?
まだダウンロードはしていないのですが(やはりカートとか出て来ると抵抗があります)
基本的にこのソフトはPoserに似てるのでしょうか?人物オンリーのソフトなんですよね?
他の3Dソフトにインポートは可能ですか?objなどの保存はあるのですかね?
ギャラリーなんか見るとかなりリアルなので興味はあるのですが外国のソフトですし
詳しい事が分からない(知ったのが最近過ぎて知識が少ない)ので躊躇しています。
もう少し検討してみます。
お忙しい中、迅速は対応ありがとうございました。

nagさんこんばんは。
無料で使えるけどメアドなどの登録が必要なソフトなら、たくさんありますよね。このソフトはそちらに近いです。

DAZ Studioを誤解を恐れず一言で言ってしまうと、モデリングのできない3DCGソフト、ということになります。
それ以外、マテリアルの設定やアニメーション、ライティング、レンダリングなどはできますし、モデルへのスキニングまでできます。また他ソフトとの連携機能も充実しています。
素材のフォーマットとしてPoser(8以前)と同じものが使えるので、各素材販売サイトの大量の素材を読み込むことができます。
人物フィギュアの操作に特化した機能が多いですが、その他のプリミティブやポリゴンモデル、ファーなども扱えます。パーティクルはありません。
詳しくは公式サイトの紹介ページ(現在は販売ページに飛んでしまうのでリンクを張っておきます)をご覧下さい。

http://www.daz3d.com/products/daz-studio/daz-studio-what-is-daz-studio
非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター