DS4に対応した『Send In The Clones DS4 /Pro』

Category : Send In The Clones
以前ご紹介したDAZ Studio(DS)用スクリプト『Send In The Clones』および『Send In The Clones Pro』のDS4対応版が登場しました。
『Send In The Clones DS4』はシーン内の小道具(Prop)を複製でき、『Send In The Clones DS4 Pro』は小道具やフィギュアのファイルを読み込み、その複製ができます。また、Pro版には複製したフィギュアに服を着せたり、マテリアルやポーズを適用する機能もあります。

バージョンアップの内容は次の通りです。

 ・DAZ Studio 4以降で動作する
 ・DSONファイルフォーマット(.dsf、.duf)に対応(Pro版)
 ・Genesisに対応(Pro版)


※残念ながらDS4.5で搭載されたインスタンスには対応していないようです。

使い勝手などは全く変わっていないので、使い方は過去の記事をご参照下さい。

DSONファイルフォーマットに対応したことで、DS4.5の多彩なプリセットファイルを活用できるようになりました。特にプロパティ・プリセット(Properties Preset)とウェアラブル・プリセット(Wearable Preset)はフィギュアのキャラクターや衣服セットをファイル化するのに活躍してくれます。

例として、Genesisを『Send In The Clones DS4 Pro』で複製してみました。
ポイントは次の4点です。

 ・デフォルトGenesisのResolution LevelをBaseにしたキャラクター・プリセット(Character Preset)を保存して、それをペアレントに使う
 ・リストボックス1はキャラクターを適用したGenesisのプロパティ・プリセット(シェイプとマテリアルを保存)
 ・リストボックス2は衣服一式のウェアラブル・プリセット
 ・リストボックス3ポーズ・プリセット(Pose Preset)

SITC2 プレビュー Genesisの複製

シーン内にいろんなGenesisが配置されました(女装した男性型もいますが…)。Applyタブを使わずにここまでできるのは良いですね。
これで使用メモリ量(ワーキングRAM)は3GBです。さすがに13体出ると重いです。左端のGenesisに服が2種類着せられていますが、ペアレントのGenesisなので削除してしまって良いかと思います。
プロパティ・プリセットの代わりにキャラクター・プリセットを使うとうまく複製できませんので、ご注意下さい。


Send In The Clones DS4

Send In The Clones DS4 Pro

Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン カスタマイズ SSS バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター