FC2ブログ

アニメーションのグラフエディタgraphMateが登場

Category : 製品ニュース
先週の『keyMate』に続きDAZ Studio 4.5のアニメーション関係のプラグインとして『graphMate』がDAZストアにて発売になりました。
『graphMate』(graphMateタブ)はパラメータの変化を2次元のグラフで表示・編集することができるグラフエディタで、ドープシートとともに、アニメーションを作成する際にあると非常に便利な機能の一つです。

graphmate SS1

『graphMate』の主な機能は次の通りです。

 ・パラメータの変化を2次元グラフで表示
 ・アニメーションの再生・停止
 ・キーフレームのコピー、ペースト、削除
 ・キーフレームの追加
 ・キーフレーム間の補間方式(TCB、Linear、Constant)の変更
 ・グラフ表示領域の移動、拡縮
 ・グラフ上のポイント(キーフレーム)のドラッグによるパラメータの編集
 ・TCB補間方式の各パラメータ(Tension/Continuity/Bias)の編集
 ・アニメーションの再生中にポイントの編集が可能

『keyMate』がキーフレームのコピーやタイミングの修正を主な役割とするのに対して、『graphMate』は個々のノードの個々のパラメータの変化をグラフで確認しつつ修正することができます。アニメーションをループ再生しながらポイントの編集ができるのが良いですね。

ParametersタブまたはkeyMateタブで選択したプロパティ(X TranslateやBendなど)がgraphMateタブにグラフとして表示されます。keyMateタブと併用することで、フィギュアの異なるノードの複数のプロパティのグラフをまとめて表示・編集することが可能になります。

ポイント間のカーブを編集することができるのも『graphMate』の特長ですが、ベクトルグラフィックのようなハンドルを使ったものではなく、TCBの各数値を変更する形になっているのが使いにくい点かもしれません。

現在『graphMate』は期間限定で30%オフ、12月中なら『aniMate2』などの同じベンダーの製品(発売後60日以上経過したもの)を一緒にカートに入れて決済することで、そちらが半額になります。Go to Shopping Cartで金額の確認をお忘れなく。

graphMate

Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター