DAZ Studio Basics:Power Loader その1

Category : Basics
DAZにてHiro4が発売されました。私も無料のBaseをもらって来ました。ダウンロードしてみると ds_Hiro4PwrLoader.exe というファイルがあります。そういえばM4にもあったなと思いつつインストールしてHiro4をDAZ Studio(以下DS)で呼び出してみると…「PowerLoader : Import」なるダイアログが出現しました。これはなんだろうというのが今日のTipsです。

※「Generate ExP files」について注意点を追記しました。


■M4 Power Loader

M4が発売されたころから、DSのフィギュア読み込み用に「Power Loader」という仕組みが使われだしたようです。これは、ベースフィギュア読み込み時にMorphs++Hiro4などのようなDAZフィギュアのモーフ(ExPと言われる物)を簡単に追加するための仕組みです。また、それだけでなく、メッシュ解像度やテクスチャプリセットなども同時に設定することが出来ます。
Power Loader ダイアログ1
※「Power Loader」はDS2.2.2.15以降で使えます。

なぜM4の時には気づかなかったのかというと、ファイルをインストールする場所が違っていたようです。DAZのインストーラはPoser用データとDS用データで動作が少し違いますが、「M4Power Loader」をDSランタイムにインストールしてしまっていたんですね。

「Power Loader」を正常に動作させるには、ベースフィギュアやモーフをインストールしたランタイムにインストールする必要があります。

つまり私の場合はPoserのランタイムフォルダにインストールする必要があったというわけですね。すると、「Hiro 4.dsb」などのようなDS用ファイルが(Runtime\libraries\Character\DAZ People に)インストールされ、Hiro4などのベースフィギュアを読み込む時に「Power Loader」が立ち上がるようになるのです。
また、Morphs++などのようなモーフにもPower Loader設定ファイルが付いてきます。これもインストールすることでPower Loaderダイアログでそのモーフを読み込むことが出来るようになります。


■V4 Power Loader

V4用の「Power Loader」は無いのかなと思ったらありました。最近作られたようで、DAZのアカウントページの「Itemized Order History」から、該当製品をResetしてダウンロードし直す必要があります。

V4.2 Base Powerloader
V4 Morphs++ Powerloader
V4 Creature Creator morphs Powerloader
V4 Muscle Morphs Powerloader
A4 Powerloader
V4 Elite shapes Powerloader
G4 Powerloader
V4 EthnicFaces Powerloader

などがV4用に用意されています。


■Power Loaderを使う

では実際に「Power Loader」でフィギュアを読み込んでみましょう。
Power Loaderファイルのインストールを済ませ、Victoria 4.2をダブルクリックします。するとPower Loaderダイアログが出現しました。
Power Loader ダイアログ5

Basicタブでは読み込むモーフをチェックして決めることしか出来ませんので、Advancedタブに移ります。
Power Loader ダイアログ6
その中でまずParametersタブを見てみます。ここでは、チェックマークをつけたモーフが同時に読み込まれます。さらにチェックマークの左の+マークをクリックすれば個々の細かいモーフまで選択することが出来ます。
Generate ExP filesはよく分かりませんが、とりあえずそのままにしました。
※どうやらモーフインストール時のイニシャライズのように、ファイルを書き換えてしまう機能のようなので、チェックを外しておいた方がよさそうです。
Include Support for Checked Products Onlyにしてチェックを入れると、リストでチェックしたモーフのみを含むようにイニシャライズしてしまいますので、Poserでフィギュアを読み込む時にチェックを外したモーフは適用できなくなります。

Power Loader ダイアログ3
次にMesh Resolutionタブですが、ここではメッシュの再分割設定が出来ます。
Convert to Sub-Division SurfaceDSのメニューから Edit > Convert to SubD を実行したときと同じ処理を施します。
・Load Level(s) of DetailLoDが用意されているV4などのフィギュアで有効になります。これはあらかじめメッシュの密度を変えたものが用意されていて、フィギュアごとに設定できるというものです。遠景に使うフィギュアはポリゴン数の少ないものにしてシーンを軽く…などに使います。チェックを入れたものが読み込まれます。
※DS3ではこの項目が無かったことになっているかのごとく、関連スクリプトやLODデータが削除されているようです。
※2010年6月のV4とM4フィギュアのアップデートにより、再び使えるようになりました。


Power Loader ダイアログ4
次はPresetタブです。
Load Presetにチェックを入れ、使いたいテクスチャプリセットを選択してやれば、同時にそのテクスチャを読み込むことが出来ます。私の環境ではDAZ製の「V4 High-Res」などのテクスチャしか選択できませんでした。

Acceptボタンを押せば、設定した内容にしたがってフィギュアが読み込まれます。
※この時、「Show this dialog on Import」のチェックを外しておくと、次回フィギュアを読み込む時にPowerLoader : Importダイアログが出現しなくなり、前回の設定で読み込まれるようになります。もう一度設定をしたい場合は、Ctrlキーを押しながらフィギュアを読み込むことで、強制的にダイアログを出現させることができます。

こんな便利な仕組みがあったとは、目からうろこですね。



Comment

な!なんと!知らなかった・・・

何だか分けが分からんのが出てるな・・としか。orz...

いつも助かります!!

私もついこの前気づきました^^
使ってみると、とても便利ですよ

ローポリのプリセット

こんにちわ。
最近こちらを見つけました。とても役に立つ内容盛りだくさんでうれしく読ませてもらってますv-209

それで、ローポリにしたくて
V4パワーローダーから、プリセットをロードしたいのですが
なぜか、私のパワーローダー画面内には
ローポリのプリセットが出ませんv-40

アドバンスタブ→メッシュレゾルーションですよね。。

(17k polygonesなどの)ローポリのデータって
どこにあるのでしょか?
有料ですか?
インストールのやり方が悪いのかな???

と、こんな質問してもよかったでしょうか?


お時間ありましたら、助けてくださいv-421

Re: ローポリのプリセット

良子さんはじめまして。ご訪問ありがとうございます。
過去の記事へのコメントもどんどん受け付けていますよ~。

LODについてなのですが、私も使えなくなっていたので調べてみました。
DAZフォーラムを覗いてみると、V4を選択し、Contentタブから DAZ Built-in Content>People>Victoria 4>LOD にある「Add Levels of Detail」をダブルクリック…と書いてありますが、私の環境ではだめでした。

DS3にバージョンが上がってから、どうもLODのファイルがある場所が変わったらしく、

<WindowsXPの場合>
C:/Documents and Settings/<ユーザー名>/Application Data/DAZ 3D/Studio3/DAZ Built-in Content/data/blMilWom_v4b_68498/LOD

(そのほかのOSのビルトインコンテンツの場所はここです
Windows Vista “C:/Users/<ユーザー名>/AppData/Roaming/DAZ 3D/Studio3”
Mac OS X “Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/DAZ 3D/Studio3”)

にファイルが入っています。
上の方法でだめな場合は、V4を選択し、メインメニューからEdit>Add Level of Detailを実行して、直接そのファイルを指定してみてください。オプションはFrom:Poserでいいと思います。

感謝!

そんな、隠しファイルにあるなんて....


助かりました!
ありがとうございます。


ただ、衣装にローポリ適用するとなぜか消滅してしまいました。。
そもそもポリゴンが少ないのか、Vickyにしか適用できないのですかね~。

研究してみまー。。。


Re: 感謝!

無事使えるようになったようでよかったです^^

> ただ、衣装にローポリ適用するとなぜか消滅してしまいました。。
> そもそもポリゴンが少ないのか、Vickyにしか適用できないのですかね~。

残念ながら用意されてるのは今のところV4フィギュア用のLODモデルだけなのです。衣装などの場合は当然モデリングソフトでポリゴン数を減らしたものを用意しなければいけないわけです。その場合もUVマッピングとかモーフの問題とかあるでしょうから、結構大変そうですね。
非公開コメント

著書
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

V4 DSプラグイン マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 Genesis セール アニメーション IBL タブ解説 LuxRender ダイナミッククロス スクリプト セットアップ ShaderMixer Download カスタマイズ SSS レタッチ Genesis2 トゥーン NGM ウェイトマップ ERC D-Form ファー Photoshop Miki2 大気 M4 物理シミュレーション カラーコレクション モーフセット IDL V5 ボリューム アナグリフ インスタンス Terrain ロボット RAMDisk K4 SLG Hexagon カメラ GIMP モーションキャプチャ Linux Python バージョンアップ ダイナミックヘア 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター