Look At My Hair その1:プリセットで動物をふさふさにする

Category : Look At My Hair
人の髪の毛や動物の毛皮など、毛を3DCGで表現するのは困難です。毛を一本一本モデリングするのは大変な作業なので、テクスチャマッピングを透明度に使ってエッジをギザギザにしたり、ディスプレイスメントに使って凹凸を作ったりするテクニックが使われます。それらの方法に対して、3Dモデルに毛を一本一本生やしレンダリングしようというのが「ファー(fur)」と呼ばれるものです。

『Look At My Hair』(LAMH)はDAZ Studio 4.5で使用できる「ファー」プラグインです。
LAMHでは次のようなことができます。

 ・フィギュアや小道具にファーを生やす
 ・ポリゴン指定または密度マップによる生やす場所(follicle:毛包)の指定
 ・ガイドヘアを使ったファーの調髪
 ・専用シェーダー(3種類)の適用
 ・Renderman curve(ライン)またはポリゴンメッシュでのファー出力
 ・プリセットデータの保存・読込
 ・毛の代わりに指定したオブジェクトのインスタンスを生やす

プラグイン製作者による公式サイトには、チュートリアルビデオやサンプル画像、市販フィギュアに対応したプリセットデータなどが充実しています。
今回はそのプリセットデータを使って、DS4.5でファーをレンダリングしてみます。

LAMH SS


■インストール時の注意点

LAMHを使うためには、特殊な手順が必要です。

Serial Numberはインストール後に初めてCreate > New LAMH Objectを行った時()に表示されます。
Installation CodeはDAZストアのマイページ内My Serial Numbersで確認できます。

この二つをプラグインの登録サイトで入力すると、Activation Codeがもらえます。

そしてInstallation CodeActivation Codeを入力することで、プラグインが使用可能です。

これ以外の情報は必要ありませんので、安心してアクティベートして下さい。


■プリセットを使う

いきなり最初から自分でLAMHを使ってキャラクターの髪を作ったりするのは難しいので、DAZフィギュアに合わせて用意されたプリセットを使ってみます。
今回は『Millennium Big Cat』のタイガー用プリセットを使いました。こちらのページよりダウンロードできる『DAZ Millennium Big Cat - tiger fur』をLAMHのプリセットフォルダ(Windowsの場合はマイドキュメント内のDAZ 3D\Studio\lookatmyhairAM\presets)に解凍しておきます。

 (1)シーンに『Millennium Big Cat』を読み込み、モーフ&マテリアル、そしてポーズを適用します。さらにカメラやライトの設定を済ませます。
LAMH プレビュー 元のシーン

この段階(ファー適用前)でレンダリングすると次のようになります。
ライトはDistantライト(レイトレース影)1灯とUberEnvironment2(ソフトAO)を使っています。
LAMH タイガーレンダ ファーなし
 レンダリング時間 49秒
 最大メモリ使用量 約492MB

ヒゲやマユゲはポリゴンモデル、タテガミなどは透明度マッピングによる処理ですね。

 (2)ファーを生やしたいオブジェクトを選択しておき、メインメニューから Create > New 'Look At My Hair' Object を実行します。
LAMH ファー作成メニュー

 (3)LAMHウィンドウが出現するので、ウィンドウ右上のアイコン郡から「select and import objects from Studio」をクリックします。
LAMH メニューアイコン オブジェクトの読み込み

 (4)シーン内にオブジェクトが複数ある場合は「pick an object」というダイアログが出ますので、ファーを生やしたいオブジェクト(blMilBigCat_45866)を選択して左下のアイコンをクリックします。
LAMH ダイアログ 読み込みオブジェクトの選択

すると、LAMHウィンドウにモデルが読み込まれます。
LAMH ヘアサロン オブジェクト読み込み後

 (5)続いて「load project」アイコンをクリックしてプリセットを読み込みます。
LAMH メニューアイコン プロジェクトの読み込み

ファイル選択ダイアログが出ますので、最初に解凍しておいたプリセットファイル「DAZ Mil Big Cat - tiger fur.lmh」を指定します。
この時、適用先のオブジェクトを選択していないとワーニングが出ますので、DSに戻って選択して下さい。

 (6)しばらくすると読み込んだプリセットで設定された通りに、モデルに青色の毛(ガイドヘア)が生えます。ウィンドウ左下端に進捗状況が出ますが、プレビューが更新されるまでは結構時間がかかります。
LAMH ヘアサロン ファー生成後

拡大するとこのようにきれいに整えられたガイドヘアが一本一本生えているのがわかります。
LAMH ヘアサロン ファー拡大

 (7)今度は「export hair」アイコンをクリックしてファーをDSへ出力します。
LAMH メニューアイコン ファーの出力

オプションダイアログが出ますので、そのまま右上のアイコンをクリックして下さい。
LAMH ダイアログ 出力オプション

 (8)DSにファーオブジェクトが読み込まれ、LAMHウィンドウと同じように青色の毛が生えます。
LAMH プレビュー ファー適用

この状態でレンダリングしたのが次の画像です。レンダリングの設定はShading Rate 0.1(カメラからの距離が遠い場合はもっと小さく)が推奨されています。
LAMH タイガーレンダ ファーあり
 レンダリング時間 1分37秒
 最大メモリ使用量 約930MB

拡大するとこんな感じで細い毛が生えているのがわかります。
LAMH タイガーレンダ 毛のズーム


■毛の量とシェーダーの変更

毛は生えましたが、もっとふさふさもふもふにしたい!と思いましたので、毛の量を増やします。
その方法は簡単です。
LAMHウィンドウに戻り、「export hair」アイコンを再びクリックします。
そしてオプションダイアログの「hair quantity」の数値を増やします。この時、数値を入力した後に必ずEnterキーを押して確定させて下さい。
LAMH ダイアログ 出力オプション 毛の量

オプションダイアログの右上のアイコンをクリックすると、さらに次のようなダイアログが出る場合があります。
LAMH ダイアログ 上書き警告

これはDSのシーンに前に出力したファーオブジェクトが残っている場合に出ます。上書きして問題なければ「Yes」をクリックして下さい。

hair quantity 5倍でレンダリングしたのが次の画像です。
LAMH タイガーレンダ 毛量5倍
 レンダリング時間 3分26秒
 最大メモリ使用量 約1345MB

だいぶふさふさしてきましたね。

hair quantity 10倍でレンダリングしたのが次の画像です。
LAMH タイガーレンダ 毛量10倍 スタンダード
 レンダリング時間 6分4秒
 最大メモリ使用量 約1890MB

体表のほとんどがファーで覆われました。ふさふさもふもふです。
体表に張られたテクスチャの色が毛の色に反映されるように設定されているので、毛の色で模様ができています。

レンダリング時の時間とメモリ使用量(ワーキングRAM)も記録しておきましたので、参考にして下さい。レンダリング時間は思ったより全然増えませんし、ビューポートではガイドヘアしか表示されないので軽いままです。

今度は用意された3種類のシェーダーを試してみます。
シェーダーの変更はLAMHウィンドウの右上にある「setup current hair groups」アイコンをクリックして開く「materials setup」ウィンドウでします。
LAMH メニューアイコン ヘアグループの設定

surface shader欄のドロップダウンメニューから「Standard shader/Advanced shader/Ambient Occlusion」シェーダーを変更することができます。
LAMH ダイアログ シェーダーの変更

設定後左上の「update materials and exit」アイコンをクリックし、続いて出るダイアログで「Yes」ボタンをクリックするとマテリアルが更新されます(再びDSへexportするのをお忘れなく)。
LAMH ダイアログ アップデート

 Standard shader
LAMH タイガーレンダ 毛量10倍 スタンダード
 レンダリング時間 6分4秒

 Advanced shader
LAMH タイガーレンダ 毛量10倍 アドバンス
 レンダリング時間 5分44秒

 Ambient Occlusion
LAMH タイガーレンダ 毛量10倍 AO
 レンダリング時間 4分4秒

ファーで気になるのはちゃんと影が落ちるかという点ですが、しっかり影もふさふさしています。
LAMH タイガーレンダ シャドウ

obj出力も試してみました。
出力時のオプションダイアログでgeometry type欄を「.obj files」に変更すると、DS以外でもレンダリングできるポリゴンモデルとしてファーオブジェクトが作成されます。

 プレビュー
LAMH プレビュー ポリゴンメッシュのファー

 レンダリング
LAMH タイガーレンダ ポリゴンメッシュ

レンダリングでは影がキツイですが、ライト調整次第でしょう。


■注意点など

LAMHを使う上でわかった注意点などを挙げます。

 ・DSのシーンファイルにファーの情報が保存されない(LAMHの方でsave projectする)
 ・GenesisをLAMHに読み込む時にMesh ResolutionがBaseに変更される
 ・フィギュアのポーズを変更するとしばらくして毛も追従する(Renderman curveのみ)が、アニメーションレンダリングはエラーで止まる
 ・obj出力の際、ファーオブジェクトのDiffuse Colorのテクスチャパスがおかしくなっているので、指定し直す必要がある
 ・Renderman Curveのファーをレンダリングする時、LAMHウィンドウを閉じてしまっているとエラーになってしまうことがある



今回のツールと画像の素材はこちら


Look At My Hair

Millennium Big Cat




Comment

No title

 顔のアップをレンダリングするとやたら時間がかかるのは、髪の毛のせいだということがこちらの記事を読んでようやくわかった今日この頃ですが、これを使えば好きな形の髪の毛を作ることができて、しかもレンダリング時間が少なくて済むよ、というソフトなんでしょうか?
だったら欲しいなぁ~
問題はまともな髪の毛を作れるのか&髪の毛を自作するほど根気が続くのか、なのですが(^^;

最近はDAZのメンテ時間と私の暇な時間が重なるみたいで何が売ってるのかわかりませんが、年末大安売りの準備だといいなぁ~

P.S. I/Oは私の行動範囲内の本屋では仕入れていないようで、結局Amazonに注文しましたのでまだ見ていません(^^;



お久しぶりです

どうも、いつも拝見させております。
私的バイブルなサイトなので重宝しております。

私もLAMHを即購入しました。
Mil Catに使用してみましたが、体毛がかなりいい感じになりますね。
いろいろと細かいバグはあるみたいですが、アップデートされるでしょうから今後期待できますね。
そういえば、私はなんでもすぐ閉じる癖があってRenderman Curv使用時にLAMHのウインドゥを閉じると正常にレンダリングできないという仕様でかなり悩まされました。
閉じなければ何も問題がないのですが、フォーラム見るまで気がつきませんでした。
注意点にも追記しておいた方がいいかなと思います。

ところでI/Oにて執筆されたとか...今までのサイトの記事でDAZ Studio本も出せるのではないでしょうか?^^

> Cyawcatさん

このプラグインは、モデルの好きなところから毛を生やし、それをクシでとかすように整えるという髪の作り方をすることができます。短冊状のポリゴンに半透明テクスチャを使った従来の髪とはまったく違ったテイストになりますので、公式サイトのギャラリーなどで確認してみて下さい。

レンダリング時間については、どんな設定でもと断言はできませんが、半透明テクスチャを使った髪よりも早いです。例えばタイガーのシーンで画面いっぱいに毛ふさふさの胴体をアップにしてレンダリングしても、それほどレンダリング時間は延びません。
このプラグインで作られた髪がDAZストアなどで販売されるようになったら嬉しいのですが、現段階では難しそうというのが懸念材料ではあります。

注文してまでありがとうございます。

> Arcxさん
ご無沙汰しております。
早速購入されたんですね。これまでと違ったレンダリングができるのでワクワクしますよね。

私はDS終了後にLAMHウィンドウが残っているぐらい放っておくタイプなので、レンダリングでエラーが出るのは気づきませんでした。Deep Shadow Mapを使ったライトがある場合はLAMHウィンドウを閉じてしまうとレンダリング時にエラーが出ることを確認しました。情報ありがとうございます。記事に追加させていただきます。

このブログの記事は外部プラグインの解説が多いので、本にするのは難しいのではと思います。

表面の破壊

いつもこちらを参考にさせていただいております。最近「DAZ STUDIO4」から4.5にヴァージョンアップしたのですが、8月の記事にあった、「4812_GenesisStarterEssentials_1.3_trx」は1.6でよいのでしょうか。また、GENESIS FIGURE の表面の一部が壊れますが、シェーダーの購入で直りますか。基本的なことを聞いて済みません。

No title

4.5proなら1.6で、4.5の最新ベータなら1.9です。
私の環境ではその組み合わせで正常に動いています。
もっとも、最新ベータは私の環境では一部のPoser用衣装を使うと
強制終了してしまうので使ってませんが(^^;

ポリゴンの乱れ

ありがとうございます。その後インストールし直しましたが、やはり一部壊れてしまいました。グラフィックボードのドライバーを更新したところ、異常が解消しました。

Re: ポリゴンの乱れ

問題が解決したようでよかったです。
Cyawcatさん代わりに答えていただいてありがとうございました。
非公開コメント

著書
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル ライト DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 LuxRender iray ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ Download レタッチ カスタマイズ バージョンアップ SSS トゥーン Photoshop ウェイトマップ NGM ERC ファー D-Form IDL Miki2 M4 大気 物理シミュレーション Genesis3 モーフセット ボリューム Terrain カラーコレクション パーティクル カメラ アナグリフ V5 インスタンス ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター