Look At My Hair その2:各モードの機能

Category : Look At My Hair
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
DAZ Studio 4もやっと仕様が安定して、さらにSDKの公開によりさまざまなプラグインも登場するようになりました。それに負けないように今年も、もっとブログを充実させていきたいと思っている次第です。ごひいきにお願いいたします。

さて、前回に引き続きDAZ Studio 4.5用の「ファー」プラグイン『Look At My Hair(LAMH)』の使い方を見ていきましょう。今回はLAMHの各モードの機能説明です。


■LAMHのモード

LAMHウィンドウでの操作において、まず知っておかなければいけないことは3つのモードがあるということです。
モードが違うとマウスのクリックなどの操作に割り当てられる機能が違ってきますので、今どのモードなのかを気にしておかなければいけません。
・FOLLICLEモードfollicle(毛包:ファーを生やす場所)となるポリゴンの指定とShaveグループの編集をする
・STYLINGモード生やしたガイドヘアをスタイリングして整える
・PAINTモードDensityマップをペイントして、ファーの生える場所を細かく制限する

まずFOLLICLEモードでオブジェクトのどこからファーを生やすかを決め、STYLINGモードでガイドヘアを思い通りの形に整えるという流れになります。モード切り替えをする方法は、ウィンドウ右側に並んでいるそれぞれのラベルをクリックするだけです。

全てのモードにおいて、共通の操作もあります。
<Alt+Z>直前の操作の取り消し(アンドゥ)
<SPACE>押している間オンスクリーンディスプレイを呼び出す(ブラシの設定)

<マウス左ボタンドラッグ>カメラのローテート
<マウス右ボタンドラッグ>カメラのパン
<マウスホイール回転>カメラのズーム

<Ctrl+Z>としてしまうとDSの方のアンドゥになってしまうのでご注意下さい。また、マウスボタンドラッグによる視点操作はキャンバス内でオブジェクトやファーの無い場所で有効になります。


■FOLLICLEモード

このモードでは、ファーを生やす場所(follicle:毛包)を指定します。
LAMH ウィンドウ 毛包モード

◆マウス操作
<マウス左ボタンクリックorドラッグ>毛包にするポリゴンの選択
<Shift+マウス左ボタンクリックorドラッグ>ポリゴンから毛包を解除
<Alt+マウス左ボタンクリックorドラッグ>毛包にするポリゴンの範囲選択
<Alt+Shift+マウス左ボタンクリックorドラッグ>ポリゴンから毛包の範囲選択による解除
※範囲選択では背面を向いているポリゴンは選択されません。

◆ツールアイコン
LAMH ツールボックス 毛包モード
左端から次のような操作になります。
・add all follicles全てを毛包にする
・delete all follicles全ての毛包を削除する
・select follicles from surfacesサーフェイスグループから毛包を追加する。addで追加、hideでポリゴンを非表示にする
・split shave groupShaveグループを分割する
・duplicate current shave group selection現在のShaveグループの中から新しいShaveグループを作る


◆Shaveグループ
Shaveグループは毛包指定のグループ分けです。STYLINGモードでの操作は有効になっているShaveグループのみにかかるので、複雑な髪型などはShaveグループをわけることでスタイリングしやすくなります。

ウィンドウ右上端にShaveグループに関するアイコンがあります。
LAMH ツールボックス シェイブグループ
真ん中に表示されているのが現在有効になっているShaveグループで、クリックすることでドロップダウンメニューが開き、別のShaveグループを選択できるようになっています。
-アイコンでShaveグループの削除、+アイコンで新規Shaveグループの作成です。

「split shave group」および「duplicate current shave group selection」はガイドヘアの変形をそのままに、Shaveグループの分割や複製ができるツールです。
まずアイコンをクリックしてOnにします。そしてオブジェクトの赤く色の着いているポリゴンをクリックすると青く選択されます。最後に再びアイコンをクリックすると、新規Shaveグループが作成され、青く選択された毛包がそこへ移動またはコピーされます。


■STYLINGモード

このモードでは、毛包からガイドヘアを生やし、さらにそれをスタイリングできます。
そしてガイドヘアを元にファーのプレビューとその生え方の設定ができるのもココです。
ガイドヘアにはヘアポイントと呼ばれる関節(デフォルトで13個)があり、その個々のポイントを移動させることでガイドヘアの形が変わります。
このモードではマウスポインタが次の画像のように赤い丸に変化し、マウスドラッグ開始時にブラシの有効範囲に入っているヘアポイントが移動し、つながったガイドヘアはある程度滑らかに変形します。
LAMH ウィンドウ 整髪モード

◆マウス操作
<マウス左ボタンドラッグ>ヘアポイントを移動させる
<Shift+マウス左ボタンクリック>ヘアポイントを削除する(髪のカット)
<Ctrl+マウス左ボタンドラッグ>ガイドヘアを伸縮させる(スケーリング)

◆ツールアイコン
LAMH ツールボックス 整髪モード
上段のアイコン
・grow guide hair毛包からガイドヘアを生やす。アイコン左の数値はガイドヘアの長さ(cm)。リセットもこのボタンで可能

下段の左端から次のような操作になります。
・select by surface操作するガイドヘアを制限する
・toggle guide hair symmetryガイドヘアの操作を左右対称にする
・toggle occlusion editingオブジェクトに隠れているヘアポイントを操作できないようにする
・toggle clump toolマウス操作をクランプ(凝集)ツールにする。ブラシの範囲内のガイドヘアを束にする感じ


デフォーマ(Deformers)
最初にガイドヘア全体を整えるのに最適なデフォーマが用意されています。
これらのスライダはドラッグして離すと元の位置に戻るようになっています。どのくらいスライダを右へ動かしたかがデフォーマの強度になりますので、強くかけたい場合は大きくドラッグして下さい。左方向へもドラッグできるようになっているものはマイナス作用です。
LAMH ツールボックス 整髪モード デフォーマ
・spherize球状にする
・curl巻き毛にする
・length長さを変える
・tilt roots根元から滑らかに傾かせる。麦の穂が頭を垂れるよう。向きはランダム
・swirl渦巻状に根元から傾ける
・taper次第に短くする

※curl、length、tilt rootsはそれぞれのガイドヘアに効果がかかります。その他は基準軸(スライダ右の表示で変更可能)を基準として全体的にかかります。

ファーのプレビュー
目のアイコンをクリックしてOnにすると、ファーをプレビューできます。
LAMH ツールボックス 整髪モード プレビュー

・densityファーの密度
・random rootsファーが生える位置をランダムにする(デフォルトで最大)
・random lengthファーの長さをランダムにする
・clump hairファーを整髪料で固めたように束にする。スライダ右のアイコンをクリックするとノイズマップを使い偏りを加える

※densityのみ、プレビューだけの設定です。

縮れ毛エフェクト(Frizz Effects)
ファーをちぢれさせます。根元(roots)と毛先(tips)それぞれに別の設定をすることが可能です。
tipsの方を適当に設定するだけで、いい感じに毛先がばらけます。
LAMH ツールボックス 整髪モード 縮れ毛
・intensity強度
・frequency頻度
・end(start) point終点(開始点)
・varianceバリエーション



■PAINTモード

このモードでは密度マップ(density map)を使うことで、ファーの生える場所とその密度をマッピングで指示できます。具体的な流れとしては、オブジェクトに直接3Dペイントをして、密度マップを描きます。密度マップの赤く塗った部分からファーが生えるようになり、色が薄い部分はファーの生える密度が下がります。
Shaveグループごとに密度マップを設定できます。
LAMH ウィンドウ ペイントモード

◆マウス操作
<マウス左ボタンクリックorドラッグ>赤く色を塗る
<Shift+マウス左ボタンクリックorドラッグ>消しゴム

◆ツールアイコン
LAMH ツールボックス ペイントモード
左端から次のような操作になります。
・fill map with density 0密度0%で塗りつぶす(全消去)
・fill map with full density密度100%で塗りつぶす
・choose a brushブラシの形を画像ファイル(png)で読み込む
・choose an eraser消しゴムの形を画像ファイル(png)で読み込む
・reset brush to defaultブラシをリセットする



■設定など

◆オンスクリーンディスプレイ
スペースキーを押している間だけ出現するウィンドウでは、ブラシの設定をすることができます。
LAMH オンスクリーンディスプレイ
・brush sizeブラシのサイズ
・brush intensityブラシの強度
・linear/smoothブラシのモードを切り替える

リニアとスムースではブラシの使い方が全く違ってきます。

◆全体の設定
ウィンドウ右下の青い歯車のアイコンからは、全体の設定ウィンドウが呼び出せます。
LAMH 設定ウィンドウ
・points per hairガイドヘア1本についてのヘアポイントの数
・muitl-threadingマルチスレッド処理を有効にする
・guide hair colorガイドヘアの色
・preview hair colorファープレビューの色

左のアイコンをクリックすると、キャンバスの背景を好きな画像に変更することができます。
右のアイコンをクリックすると設定を確定します。



今回のツールと画像の素材はこちら

Look At My Hair




Comment

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
すばらしいブログ、めっちゃ役立ってます。
D|S 4は既にPoserを超えましたね。レンダリングはまだPoserのほうが上かもしれませんが。Poserのほうが使用歴は長いですが、PoserよりもD|S 4のほうがとても使いやすいですね。
ただ、まだよくわかっていないことがD|S4にはあるので、これからもよろしくお願いします。

Re: 謹賀新年

ぽん太さんあけましておめでとうございます。
私のブログをお褒めいただき嬉しいです。
私は新機能とかが気になってしまっていろんなソフトについ手を出してしまうのですが、使い慣れた、自分にとって使いやすいものでできれば一番だと思います。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター