keyMate その1:機能

Category : keyMate
DAZ Studio 4.5用のプラグイン『keyMate』は、効率的にアニメーションのキーフレームを表示・編集することができるタブを追加します。
例えば、標準機能ではキーフレームを別のタイミングに移動するためにMemorize Figure Pose→Restore Figure Poseというような面倒な操作をしなければいけませんが、『keyMate』を使えば、マウスでキーをドラッグするだけです。
他にもスケルトンアニメーションをする際に便利な機能など、シンプルですが強力なものが揃っています。

今回は『keyMate』の機能をご紹介したいと思います。

keymate SS2


■keyMateタブの表示

keyMateタブを表示するには、メインメニューから Window > Panes (Tabs) > keyMate を実行して下さい。

keymate タブ 日本語訳

一番上の列にはアニメーションの再生やキーフレーム(キー)の編集をするためのツールアイコンが並びます。
シーン内にある全てのオブジェクトがその下のエリアにリストアップされ、それぞれの名称の右に時間軸とキーが表示されます。
最下段は最終フレームと毎秒のフレーム数、キーエリアに表示する範囲の設定です。

キーエリアでは、時間軸には1フレームごとに目盛りが刻まれ、キーフレームは長方形で表示されます。

現在のフレームにはプレイヘッドが表示され、それをマウスドラッグするか、再生アイコン郡の右横にあるカウンターに直接フレーム数を入力することで、現在のフレームを変更することができます。

オブジェクト(あるいはノード)が持っているプロパティはノードごとにツリー表示するようになっています。
例えばsphereオブジェクトのZ Translateプロパティのキーのみを編集したい場合は、次の画像のようにその階層を開く必要があります。
keymate ノードツリー展開

ノード名をクリックすると、Sceneタブビューポートでの操作と同じようにそのノードが選択されます。

初期状態では、表示されるキーが移動(Translate:T)と回転(Rotate:R)に制限されています。スケール(Scale:S)やモーフ・パラメータを含むその他のプロパティ(Value:V)のキーも表示したい場合は、「Key Type」をTRSまたはTRSVに変更して下さい。
keymate 操作メニュー キータイプ


■キーフレームの編集

 ●キーの選択
キーエリアにあるキーの長方形は、マウスによるクリック、ドラッグによる矩形選択で選択することができます。
選択されたキーは選択色に変わります。
ツリーをたたんだ状態でキーを選択することで、その下位ノードのキー全てを選択することができます。
keymate 選択 ツリー1
keymate 選択 ツリー2

ちょっと注意が必要な点として、ツリーの開閉操作ではキーの選択状態は変わらないということがあります。ツリーを閉じた後はキーを選択しなおすクセをつけておくと間違いがないでしょう。
また、選択されるプロパティは「Key Type」によって表示されている範囲に制限されます。

 ●キーの移動
選択したキーをマウスドラッグすることで、他のフレームに移動させることができます。
複数選択していた場合は、その全てのキーが同じだけスライドします。
移動先に既にキーがあった場合、プロパティ単位で重複が検出され上書きされます。

 ●キーのコピー
「Copy Selected Keyframes」アイコンをクリックすると、そのキーがコピーされます。

 ●キーのペースト
「Paste Keyframes」アイコンをクリックすると、現在のフレーム(プレイヘッドの位置)にコピーしたキーがペーストされます。
キーフレームはオブジェクト名やノード名、プロパティ名などの情報に対応させてコピーされるようなので、別のオブジェクトや別のノードにペーストすることはできません。

 ●キーの削除
「Delete Selected Keyframes」アイコンをクリックすると、選択されているキーが削除されます。

 ●キーの追加
「Set Keyframe on selected object」アイコンをクリックすると、現在のフレームにキーを追加します。
「Key Mode」が「Object」になっている場合は選択したノード(Sceneタブやビューポートでの選択です)の下位ノードも含めキーを打ちます。
「Key Mode」が「Node」になっている場合は選択したノードのみにキーを打ちます。
keymate 操作メニュー キーモード
キーが追加されるプロパティは「Key Type」によって表示されている範囲に制限されます。

 ●連続するN個のキーを追加する
keyMateタブのオプションメニューある「Set N Keys」を実行すると何個のキーを追加するか聞いてきます。
keymate SetNkeys オプション
入力してOKボタンをクリックすると、現在のフレームからその数だけ現在のフレームのパラメータのキーが追加されます。
この操作は「Key Mode」の影響を受けます。


■キーフレーム間の補間方式

「Set Interpolation Type on Selected Keys」アイコンからは、選択したキーから次のキーまでの補間方式を変更できます。
keymate 操作メニュー 補間方式
アイコンをクリックするとメニューが出現しますので、TCB/Linear/Constantから選んで下さい。
補間方式をLinearまたはConstantに変更すると、キーの長方形の中にそれぞれL、Cと表示されます。

 ●TCB(TCB曲線:初期値)
Tension・Continuity・Biasの各パラメータによって制御される関数曲線です。全てのキーを通過する滑らかな曲線になります。
『graphMate』で表示してみると、パラメータの変化は次の画像のようになります。
keymate グラフ 補間方式 TCB

 ●Linear(直線)
キーを真っ直ぐにつなぐ直線です。
『graphMate』で表示してみると、パラメータの変化は次の画像のようになります。
keymate グラフ 補間方式 リニア

 ●Constant(コンスタント)
次のキーフレームの直前まで同じパラメータを保ち続けます。
『graphMate』で表示してみると、パラメータの変化は次の画像のようになります。
keymate グラフ 補間方式 コンスタント



今回のツールはこちら

keyMate



Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター