FC2ブログ

DAZ3D Install Manager その3:その他の情報

Category : DAZ3D Install Manager
今回は『DAZ3D Install Manager』について、細かいことを調べてみました。

 ・ダウンロードできない製品はある?
 ・OSの再インストール後も継続して使える?
 ・PsとかStudioCFとはどういう意味?
 ・ExPファイルのイニシャライズもしてくれる?

など私が疑問に思ったことを書いています。

※Genesis用のシェイプについて記事を訂正しました。(2013.2.27)
※「OSを再インストールしてコンテンツディレクトリをそのまま使いたい場合」の移行すべきフォルダを追加しました。(2014.5.10)
※「DAZストアのアカウントを変更した場合」を追加しました。(2014.5.10)


■ダウンロードできない製品


DAZストアで購入した製品のダウンロードを『DAZ3D Install Manager』でするようになった場合、気になるのが、購入した製品全てをダウンロードできるのかという点です。
私も気になったので、自分のItemized Order Historyと『DAZ3D Install Manager』のリストをひとつひとつ見比べてみました。

現在『DAZ3D Install Manager』でダウンロードできない製品は次のようなものです。

 A)コンテンツディレクトリの外にインストールするファイルが含まれているもの
 B)ベンダーが別のストアに移ってしまったもの、問題があって販売中止になったもの
 C)作業中のもの、設定ミスがあるもの


(A)はソフトの仕様から来るものです。具体的には次のようなものが該当します。

 ・ソフトウェア
 ・プラグイン
 ・ビデオチュートリアルやPDFチュートリアルなど
 ・Carrara、Bryce、Vue用のコンテンツ
 ・Photoshop用のブラシ
 ・テクスチャリソース、写真素材

pwSurfaceなどのシェーダーもプログラムフォルダへのインストールが必要なので該当しますが、ShaderMixer製のシェーダープリセットは大丈夫です。プラグイン本体はダメでも、そのアドオンだけダウンロードできるものもあります。
※バージョンアップにより、これらの製品にも対応しました。

(B)は全ての製品をチェックしたわけではありませんが、製品ページがなくてもダウンロードできるものもあるので、ベンダーからの要請などで止められているものがあると思われます。

(C)が不確定で一番厄介なグループです。例えば、動物フィギュアのLE版はダウンロードできますが、フル版はなぜかダメです。DAZ第3世代以前のフィギュアや、古い独自のフィギュアの多くがダウンロードできません。
設定ミスがあるものとしては、製品ページの「Compatible 3D Software」がN/Aになってしまっているものがあります。これはダウンロードフィルタにかかってしまっているのではないかと思われます。

私の場合、1割ぐらいの製品が(B)または(C)に該当しているためダウンロードできませんでした。その多くがV3またはM3用のアイテムで、ここ1年の間に購入したものは5点でした。

バージョンアップと対応製品の拡充により、現在はほとんどの製品を『DAZ3D Install Manager』でダウンロードできるようになっています。
まだダウンロードできない製品は、これまで通りDAZストアのマイページからダウンロードして下さい。



■PCを変えても使える?

ちょっと疑問に思ったので試してみました。

●OSを再インストールしてコンテンツディレクトリをそのまま使いたい場合

WindowsVista以降だと次のフォルダを新しいPCに移行すれば、『DAZ3D Install Manager』のアカウント設定やインストール状況などが持ち越せます(もちろん先に『DAZ3D Install Manager』をインストールします)。

C:\Users\Public\Documents\DAZ 3D\InstallManager
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\DAZ 3D\InstallManager

コンテンツディレクトリを一から構築したい場合は、ダウンロードしたファイルだけ移行すれば大丈夫でしょう。

●ダウンロードしたものとは別のPCにインストールしたい場合

ダウンロードしたファイルを別のPCに移動し、『DAZ3D Install Manager』もインストールしてオフラインモードで起動すればOKです。
ダウンロードされるファイルは
 IM00013672-01_GorillaGenesis.dsx
 IM00013672-01_GorillaGenesis.zip
のようにzipファイルとdsxファイルがセットになっています。セットで扱って下さい。

●DAZストアのアカウントを変更した場合

DAZストアのメールアドレス(=ログインID)またはパスワードを変更した場合、『DAZ3D Install Manager』のログインウィンドウでアカウントを追加(メニュー最下段のAdd Account)します。その後に設定を元のアカウントのものに合わせ(重要)てやれば、ダウンロード済み&インストール済み情報なども継続して使うことができます。


■対応アプリケーション

一つの製品でもダウンロードできるファイルが複数あるものがあります。Download Filterを適切に設定しておけば必要ないファイルをダウンロードすることはないのですが、ちょっとここで、それらがどのように分けられているかを調べてみました。

製品名(Product Name)の語尾に付く修飾語は次のようなものがあります。
・DS特にDAZ Studioで使う
・Ps特にPoserで使う
・StudioCF特にDAZ Studioで使うCompanionファイル
・PoserCFDSON Importer for Poserに対応したCompanionファイル
・Legacy特にDAZ Studio 4.0以前で使う
・ExpCFExP形式のCompanionファイル
・PowerLoaderPowerLoaderファイル

それぞれの説明ではピンと来ないと思いますので、組み合わせで見ていきましょう。
・基本ファイルとStudioCFDAZ Studio Formatsから読み込むDS用ファイルが付属
・基本ファイルとStudioCFとPowerLoader加えてDSのPowerLoader用ファイルも付属。DAZ第4世代フィギュアとその追加モーフに見られる
・基本ファイルとPoserCFGenesis世代のアイテムで、DSON Importer対応製品
・DSとPsDAZ Studio用とPoser用がはっきり分かれている。背景オブジェクトに見られる

背景素材の中でも、DSファイルの製品はDAZ Studio Formatsのフォルダから読み込めば良いのですが、基本ファイルとStudioCFの組み合わせの製品はPoser Formatsのフォルダから読み込み、DAZ Studio Formatsのフォルダ内にあるマテリアルファイルを適用するという手順になります。


■フィギュアインストール時の注意点

『DAZ3D Install Manager』でV4などのベースフィギュアやその追加モーフ(シェイプ)をインストールする場合、注意しなければいけないことがあります。
それは1つのコンテンツディレクトリに全てインストールするということです(ベースフィギュアが違えば別のコンテンツディレクトリでも全然問題ありません)。

おそらくはまり易いのではないかと思うのが、Genesis用のシェイプをMy DAZ 3D Libraryにインストールしてしまうことです。
この場合に『Genesis Starter Essentials』がMy Libraryにインストールされたままなら、Genesisのシェイプは増えません。『Genesis Starter Essentials』がインストールされているコンテンツディレクトリにGenesis本体がありますので、そちらにインストールして下さい。

※Genesis用のシェイプはベースフィギュアと別のコンテンツディレクトリにインストールしても大丈夫です(DS4.5.1.56で確認)。V4などのDAZ第4世代フィギュア用のモーフはベースフィギュアと同じコンテンツディレクトリにインストールしなければいけません。

もう一つ疑問に思ったのが、V4などのDAZ第4世代フィギュアに採用されているExPファイルのイニシャライズを追加モーフインストール時にしてくれるのかという点です。
DAZ Studioを使った場合、Power Loaderで毎回イニシャライズするので特に問題ありませんでした。
Poserのみの環境の場合は、処理されるのかわかりません。手動でする必要があるのかもしれません。


Comment

directory 変えても使えます

ことGENESISに限っては、4.5 以降の製品、新しくDSON形式に変更されて以降のモーフの
ほとんどが、ディレクトリを変えても使えます。(たぶん知らない人のほうが多いと思う)

新規ディレクトリを作ってA3,H3シェイプを、DIMでそちらにインストール
DSのディレクトリマネージャーで指定してやれば、パラメーターが現れます。

以前フォーラムでも話題になってました。モーフが増え続けて二つ目のコンテンツディレクトリを
作って整理できるかどうか、みたいな話で。
それがDSONの実力だってな感じで説明受けました。半信半疑でしたが、大丈夫です。
ただ以前セーブしたシーンファイルとか、(特にdaz ファイル)などがどうなるかはわからないので、
新しくモーフを購入した場合に試してみることをお勧めします。(新規で使うなら、今まで通り
genesis本体のあるdataにいれたほうが、確実なのは間違いないのですが、一応連絡です。

DIM側でもディレクトリを指定、追加できるようなので、もしも問題があるなら何らかの注意が
あるはずですが、大丈夫だろうと思います。

Re: directory 変えても使えます

3D好きさん情報ありがとうございます。
試してみたところ確かに使えました。これでモーフ付きのキャラセットなんかもメインランタイムの容量を気にすることなくインストールできますね。
この件だけのことではないですが、DSONフォーマットってとても整理された扱いやすいものなんですねえ。

改めてDIMの「Have a good thing going?」のビデオを見たら、最後にちゃんと書いてありました。
「GenesisのAddonはベースと違うディレクトリでOK
ExP Addonはベースと同じディレクトリでなければいけない」
見たはずなのに思い込んでたみたいです。

加えてバージョン4.5.1.56からはデフォルトのコンテンツディレクトリが「My DAZ 3D Library」に変わっているのを見付けてしまいました(ChangeLogによると4.5.1.30)。マイナーバージョンアップでも結構こういう根元からの変更が多いソフトなので大変です><

No title

情報があっていたようで安心しました ^^; 好き放題言ってますから、お世話になったkotozoneさんに間違った情報をわざわざ知らせては大変だと、迷いながら書き込みました。

でもgenesisのモーフもshopの説明では、いまだ、同じフォルダに入れるべしみたいに書いてますしね、、DIMも導入でつまずく方がかなりおられるんじゃないかと気がかりです。
(新規ユーザーのほうがたぶん楽、、最初から違うデフォルトフォルダ使えるし、、
メタデータの管理とか、同じフォルダ使おうとして、私もかなり苦労しました ^^;、)

ほんと、説明不足なのに変更が多いので,困ります。 

(どんどん便利になっていると思うんですが、、、注意事項が不明確なのが困る。
作ってるほうの、当たり前が、こっちにはよくわからない、、)
非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター