スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Render Throttle for DAZ Studio その1:効果

Category : Render Throttle
最初に紹介する記念すべきプラグインは…
『Render Throttle for DAZ Studio』(以下RT)です。
このプラグインは

RenderThrottle is a render optimization preset manager add-on for DAZ Studio.


と紹介されているように、DAZ Studio(以下DS)でのレンダリングのプリセットマネージャです。
『Hi』 『Med』 『Lo』 『XLo』の4つのプリセットがあり、それぞれレンダリング設定を保存することが出来ます。さらに、同じ作者の「UberEnvironment Light Shader IBL/HDRI」のAOクオリティ設定も同時に保存できます。

さらに!それだけでなく画質を落とさずレンダリングスピードが早くなると言うのです!『Hi』プリセットで標準レンダの2倍の早さだと書かれています。

※このプラグインはDAZ Studio 4以降では動作しません。その代わり、一部の機能は保存できるようになったRender Settings Presetでまかなえます。

Render Throttle SS


■レンダリングサンプル
まずはRender Throttleでレンダリングした画像を見てもらいましょう。
V4 RTHiでレンダ
ライト3灯(うち1灯にシャドウマップによる影つき)の標準的なバストアップで、肌テクスチャに『V4 Elite Lana』を使っているところが特徴です。このテクスチャは、すばらしい質感を持っているのですが、レンダリングに時間がかかるという難点があるのです。
ちなみにEliteテクスチャに使われているシェーダ『Elite Human Surface Shader』も同じ作者のものです。
デフォルトプリセットのHi設定で画像サイズは887×672pixel(あとで空白部分をクロップしました)
この画像のレンダリング時間は1分50秒です。

次に、サンプリングなどをできるだけRT Hi設定と同じにした標準レンダ(3Delight - Software Render)画像がこちらです。
V4 標準レンダ
どうでしょうか?パッと見、違いはほとんどないことがわかると思います。
しかしレンダリング時間は5分23秒もかかっています。


■レンダ時間短縮の仕組み
さて、これだけ時間の差(実に約3倍)が出るのはなぜか!?疑問に思うことと思います。
上の画像だとちょっとわかりにくいので、差がわかりやすい部分を大きめにレンダし、比較したのがこれです。
V4顔RT比較
髪の鮮明さ、唇のテカリに差が現れているのがわかると思います。
この差がレンダ時間短縮の秘密なのです!!

ここで、RTの設定ダイアログを見てもらいましょう。
RTプリセットHi
パラメータの中で、DSでは見慣れないものがありますね。まず
Resolution Multiplier
これはレンダサイズに影響します。この数値が1のときはそのまま、0.5の時は半分の大きさでレンダリングされます。上のPixel Dimensionsに反映されるのでわかりやすいですね。
(注:レンダをActive Viewportでしている場合は、レンダ後拡大されるので見た目の大きさは同じになります。この数値は無視され、3Dビューのサイズでレンダリングされます。)
Shading Rate
レンダリングクオリティを決定します。小さいほど細かいです。
これがRTのキモなのです。このパラメータはDSでは隠しパラメータとなっていて、ユーザーの目に触れることはありません。
DSのレンダラ・3Delightのドキュメントによると、適当な数値は1~4、ファイナルレンダでも1となっています。
しかし、DSでは常にこれを0.2という小さい数値でレンダリングしています。
試しにこの数値を0.2にしてレンダすると、標準レンダとほぼ同じ時間になります。

このパラメータが大きく影響するのは、髪などの半透明テクスチャです。みなさんはDSでライトを増やしたり、IBLシェーダを使ったりしたときに、髪の部分のレンダリングが異常に遅くなったことはありませんか?Shading Rateを1にすることで、レンダ時間を短縮することが出来ます。
顔のアップを大きな画像サイズでレンダする場合以外は、1で十分に私は思います。

正直DAZがこのパラメータをなぜ隠しているかはわかりませんが、このプラグインを使うことで初めて調整できるものであるというのは変わりません。
また、RTでは設定プリセットが4つ持てる(数値の編集もできます)ので、ライトの確認などには『Lo』設定ですばやく確認ということができるのも利点の一つです。



今回のツールと画像の素材はこちら

Render Throttle for DAZ Studio

Victoria 4.2 Starter Bundle

V4 Elite Texture: Lana

Hot Chili V4/A4

MH Karlin for V4
MH Karlin for V4
Helios Hair
Helios Hair




Comment

これは、さっそく購入しました。
速いです。 これは凄いですよ
ご紹介ありがとうございます。
非公開コメント

著書
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン バージョンアップ カスタマイズ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。