DAZ3D Install Manager その4:製品のアップデート

Category : DAZ3D Install Manager
DAZ3Dで購入した製品のダウンロード、そしてコンテンツディレクトリへのインストール&アンインストールができる『DAZ3D Install Manager』
今回はダウンロードした製品にアップデートがあった場合について、気になったことがあったので調べてみました。

※インストール済みのアップデート可能製品を見分ける方法を変更しました。(2013.9.18)

DAZ3DIM アップデート SS



■アップデートのお知らせ

『DAZ3D Install Manager』でダウンロード済みの製品がアップデートされた時、「Ready to Download」(未ダウンロード)のタブのリストに「Product Updates」というグループができ、そこにアップデートのあった製品がリストアップされます。
DAZ3DIM アップデート 01

アップデート内容の確認には、「i」アイコンをクリックして、その製品のドキュメント(DAZ3D Documentation Center)のページを開くと、の下の方「Resolved Issue」(解決済みの問題)に書いて(ない場合も)あります。
DAZ3DIM アップデート インフォアイコン
DAZ3DIM アップデート 内容

アップデートがあったら、「Product Updates」の横にあるチェックボックスにチェックを入れ、下の「Start Queue」ボタンをクリックすればダウンロードされます。「Install After Download」にチェックが入っていれば、続けてインストールもやってくれます。
DAZ3DIM アップデート 02


■アップデートに際して

●インストール先は指定しなくても良い?

登録しているインストール先のコンテンツディレクトリが複数ある場合、ちゃんとその製品をインストールした所にアップデータもインストールしてくれるのか、気になるところです。

これは「Ready to Install」タブの一番下「Show Details」と書いてあるところをクリックすると表示される簡易設定を確認して下さい。
「Content Files Install To」欄の「Respective "Installed" Paths」の方が選択されていれば大丈夫です。
DAZ3DIM インストール先簡易設定

旧バージョンのインストール先は、リストのプロダクト名にマウスカーソルを置いて、しばらくすると出現するプロダクト情報を見ると書いてあります(設定で「Show Product Info Tips」にチェックが入っていないと表示されません)。
DAZ3DIM アップデート ツールチップ

ファイルのサイズや更新日、タグといった製品固有の情報だけでなく、購入日やインストールした日、インストールしたアカウント、インストール先のコンテンツディレクトリなどの情報が保存されているんですね。
なので、すでにインストール済みの製品にアップデートがかかっても、そのままダウンロードしてインストールするだけで良くなっています。

●どれをインストールしてたかな?

ダウンロードして即インストールしない人の場合、「アップデートかかってダウンロードはしたけど、そのうちどれをインストールしてたかなあ?」とふと考えてしまうでしょう。

前の項目のプロダクト情報で一つ一つ確認するのも手です。

アップデータの数が多い場合は、ウィンドウ上部の更新アイコン(円状に繋がった2つの矢印)をクリックして下さい。
そうすれば、「Ready to Install」タブの「Product Updates」グループにインストール済みだけどダウンロードしたアップデータを当ててない製品だけが残ります。
DAZ3DIM アップデート 03



Comment

No title

 年度末の地獄からようやく解放され、時間がとれるようになりましたので、インストールマネージャーへの移行を本格的にやってみました。「Ready to Install」にあるコンテンツとアンインストールプログラムを一つずつ確認しながらやっていたので、結局、5時間ほどかかりましたが・・・(^^;
 今の所、特に問題となるような点も無く、いくつか、フォルダが削除されないまま残っているものがあったぐらいです。
 推奨通りpublicフォルダにインストールしましたので「過去のセーブデータの参照先がおかしくなって使えなくなるんじゃないか?」という個人的には一番気がかりだった問題も起こりませんでした。 
 古いコンテンツもかなりアップデートされているようで、SmartContentから使えるアイテムが増えているのは嬉しいですね。StoreHPからのDownload方法もProduct Libraryからコンテンツを検索して行う仕様に変更されたみたいで、今後はこのインストーラーの使用が前提になっていくんでしょうねぇ~


 

Cyawcatさんおつかれさまです。
無事に移行されたようで、よかったです。
公式ページとかアプリケーションの警告で何度も新規ディレクトリを使えと警告されるので、私も導入には慎重になりました。
今のところ私のほうでも問題は出ていないので一安心しています。

おそらく問題が出るとしたら、Smart Contentタブのコンテンツ管理だけだと思います。
その製品がInstall Managerに対応しているかもストアのマイページで確認できるようになったので、より使いやすくなりましたね。
これで、製品リストをカテゴリ分けできれば購入製品データベースとしても使えるんですけど、おしいところです。
非公開コメント

著書
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン カスタマイズ SSS バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター