FC2ブログ

DAZ Studio 4.6 Proがリリース

Category : 製品ニュース
DAZストアにてDAZ Studio 4.6 Pro(4.6.0.18)が一般リリースされました。
4.5ではファイルフォーマットやGenesis関連を大幅に変えてきましたが、今回の4.6では主にソフトウェアレンダリング関係に手が入っています。

DAZ Studio 4.6 Proの主な変更点・新機能などは次の通りです。
関連するDAZフォーラムのトピックはコチラ

 ・CMSクライアント(Smart Contentタブ)の改善
 ・3Delightレンダリングエンジンのバージョンが10.0.125にアップ
 ・TriAxウェイトマップフィギュアからTriAxウェイトマップフィギュアへのAuto-fit
 ・OpenSubdiv(ピクサー社の鋭いエッジも作れるサブディビジョン・サーフェイス)のサポート
 ・PTex(テクスチャをポリゴン毎に張れる)のサポート
 ・ジオメトリ・シェルのUVセットが独立して変更可能に
 ・ガンマコレクション(色などのリニア変換の方)のサポート
 ・サーフェイス選択セットの追加
 ・スポットレンダを別ウィンドウで表示可能に
 ・階層ポーズプリセット(手に持った小道具のポーズも一緒に保存可能)の追加
 ・CCTツールのバージョンアップ

リニアワークフローへの正式サポートが入ったのも朗報ですし、OpenSubdivやPTexといった次世代フィギュア向きのフォーマット(上の説明ではかなり簡略化していますので、詳しいことは検索してみて下さい)のサポートも始まりました。他にも正常進化と言える新要素が多く追加されていますね。


DAZ Studio 4.6 Pro
Subsurface Shader Base
Subsurface Gummy & Plastic Shaders
Subsurface Toon Shaders

すでにDAZ Studio 4.5 Pro以降をダウンロードしたことのある方は、DAZストアのマイページのProduct Libraryで「DAZ Studio 4.6」とFilterして出てきたものをダウンロードして下さい。

また、無料のSSSシェーダー『Subsurface Shader Base』(Shader Mixer製)が新たに追加されました。
こちらはDAZ Studio 4.5 Proを持っている方にはすでにダウンロードできる状態になっています(注文日がDS4と同じ日になるので注意)。
『Subsurface Shader Base』にはシェーダー本体だけが入っています。これと同時に発売開始された『Subsurface Gummy & Plastic Shaders』と『Subsurface Toon Shaders』は『Subsurface Shader Base』のプリセットとなっています。こちらを購入すれば、シェーダーの仕組みや動作を理解しなくてもプリセットを適用するだけで、いろいろなSSS材質にすることができるというわけです。
『Subsurface Gummy & Plastic Shaders』はグミやプラスチックの質感、『Subsurface Toon Shaders』はトゥーンキャラ向きの肌(なぜか水着あとも)の質感のプリセットが多数収録されています。

DAZ Studio 4以降の基本コンテンツである『Genesis Starter Essentials』も1.13にバージョンアップされていますので、『Subsurface Shader Base』と一緒にDAZストアのマイページのProduct LibraryまたはInstall Managerでダウンロードして下さいね。

SDKは4.5から変わっていないそうなのでプラグインがそのまま使えると書かれていますが、私が確認できる限りでプラグインのバージョンアップがあったものを挙げてみました。
こちらはDAZストアのマイページのProduct Libraryからダウンロード可能です。

 ・Decimator 1.4.0.18
 ・Dynamic Clothing Control 1.3.0.18
 ・GoZ for DAZ Studio 1.3.0.18
 ・3D Bridge for Photoshop 1.3.0.18

Install Managerも1.0.1.59にバージョンアップ(起動時にアップデートダイアログが出ます)し、将来的にアプリケーションがインストールできるように仕様変更されました。

ところで私の環境では最近(DAZStudio4.5.2.40ベータが出たあたり)DAZのアプリケーションやプラグインの上書きインストールに失敗するケースが頻発するので困っています。
旧バージョンのアンインストール時にエラーが出て、そうなるともう新旧どちらのインストールも受け付けなくなってしまうのです。
もしも同じ症状が出る方がいた場合に備えて対処法を書いておきます(Windows7)と、そのアプリケーションのインストール先にある「Uninstallers」というフォルダを開きます。そして「Remove-エラーが出たアプリケーション.datまたは.exe」という名前のファイルの残っている方を削除します。そして念のため旧バージョンのインストール&アンインストールをしたのちに、新バージョンをインストールするという手順です。
CMSのインストール時にもエラーがでますし、一度本格的に自分の環境を調査しなければいけないと思っているこのごろです。

Comment

No title

 関係ないかもしれませんが私の環境ではDSON形式に変わってから、V4アイテムをGenesisにAuto-Fitさせるとクラッシュするという現象が一部のアイテムで発生し、使用不能な状態にありました。
DAZとのやり取りで、結局、CMSのデータベースがおかしくなっていると結論に達し、最後はCMSをアンインストールした上で、データベースファイルそのものも削除するという方法でようやく直りました。
フォーラム:「DAZ Studio Pro 4.6.0.18 General Release, Now Available!」の最初のページで、DoctorJellybeanさんが私がやったのと同じ方法を書いておられますが、これはCMS関係を完全にリフレッシュさせる方法のようですね(実はこの方がバグ報告の担当者でした)。
 これをやるとセーブデータと使えなくなるのでは?と不安でしたが、今のところ特に問題は出ていません。
 最近はRendererとかShaderに新しいものが次々出てきて、混乱の極みに達しています・・・Luxusではあまりのきれいさ&リアルさに、これまで自分がやってきたことを全否定された気がして相当へこんでみたり・・・(^^;

Cyawcatさんコメントありがとうございます。
なるほど、コンテンツデータベースのファイルってProgramDataフォルダにあったんですね。今度バックアップしてCMSの再インストールを試してみます。

LuxRender(RealityまたはLuxus)にOctane Renderといった外部レンダラ、そしてDSの3Delightレンダラも4.6でパワーアップしましたから、どれでレンダリングするのが良いのか迷いますね。
外部レンダラはDSの3Delightでレンダリングするのとはまったく別物ですから、カルチャーショックみたいなものを受けてしまうのは当然です。非常にリアルに近いライティングができるのですから、そのライトの違いがレンダリングに表れているのだと思います。
私はRealityでLuxRenderに触れてみて、逆にDSの3Delightをがんばろうと思っていろいろやっているんですよね。なので4.6が登場して、どんなレンダリングができるのかがとても楽しみなんです。

直ぐにバグフィックス来そうな悪寒が。

ご無沙汰しております。
今回のバージョン(4.6.0.18)ですが、OpenSubdiv導入がGenesisのUV処理?に影響を
きたしたのかUVセットの切り替えに不都合が出ています。
(4.5系で保存したデータに、強制的にGenesisのデフォUVを適用とか、勘弁ですよ… OTL)
問題があるのがD|S本体なのかコンテントの方なのか判りませんが、追加された機能を
試してみたい方以外は様子見した方がいいかもしれません。

また、MetaData関係もプロダクトデータの壊れが酷くなってるみたいです。
アイテムデータと異なり、魔法(笑)も使えないので、もういい加減勘弁して欲しいですわ…

Re: 直ぐにバグフィックス来そうな悪寒が。

himemikoさんご無沙汰してます。
私の場合は、保存したデータのUVは大丈夫でしたが、Smart Content関係はちょっと怪しい感じです。
製品に含まれているメタデータが登録されていなかったり、Content DB Editorを開いても何のアイテムも表示されなかったりしてます。
とはいえ私の場合はCMSのアップデート(があったとすればですが)に失敗しているので、再インストール後に様子を見てみるつもりです。

No title

CMSのアンインストールはいらない、バージョンアップでDSインストール時に自動的に入れ替えるって
だいたい同じ答えが帰ってくるんですが、

問題が出ると、結局はCMSアンインストール、最新版のDSインストール、でなおったねってのが
ほとんどみたいです。

user data をエクスポート  product meta dataも一応バックアップ(runtime support)
一応DBのバックアップ、DB消去、CMSアンインストール、
最新バージョンのDSインストール。 CMSのバージョンアップ。

meta dataのimport, 変なのが見つかれば、そのproduct meta dataをバックアップしていたやつと
交換。 ほぼこれだけやれば、だいじょうぶなはずですw 

DBのバックアップは定期的にやっておいたほうがいいですね、、、。いつCMSが不機嫌になるかわからないし。 DIMは便利なんですが、、メタデータそのものが間違ってたり表示がおかしいのが
多いので、時たまコンテンツが表示されないのはデフォだと思うことにしてます(笑)

ところで一年たって読み返すと、ここに出ていたすべてのチュートリアルが
実によくよくわかります。 もっと真剣にかみしめながら読むんだった^^;

バグっぽいものの話

再びお邪魔しま。
件のV4/M4/K4UVsetがらみのバグ(っぽいもの)、仕方ないのでスクショから合成画像こさえて
DAZのフォーラムに突貫したのですが、「びーちくとお毛ヶが映ってまんがな」と速攻サクられますた(爆
(我ながらうっかり者過ぎてお話なりまへん^^;)
(http://d3j5vwomefv46c.cloudfront.net/photos/large/773019567.jpg)

で、再び仕方ないと、びーちく&柔毛隠し版をこさえて再うpすんべとしたところ、どのケース
(4.5各種セーブデータのロード/新規読みGenesisへのUVセット適用・V4系ぽざマテ読み)でも
不都合に再現性が無さ気な事(今回の起動限定かもしれませんがw)が発覚(@@;
一体何がどうなってるのやら(汗
こういう不安定さは手に負えなくて一番困るです(--;

> 3D好きさん
コメントありがとうございます。
3D好きさん、Cyawcatさんにいただいたコメントの通り、やはりコンテンツデータベースの再構築をしようと思い立ち、やってみました。
結論から言うと、不具合は直りました^^
それまでは新たにインストールした製品のメタデータがまったく登録されない状態でしたが、再構築後はすっきり登録されています。
細かい手順は記事にしようかと思っていますが、とにかく徹底的にアンインストールしてやりました。
それでもDS4.6インストール時にサポートに連絡して下さいというワーニング(メッセージはエラーでもウィンドウタイトルはこっちでした)は出ますけどね。

何度も記事を読んでいただけるなんて嬉しいです。
私も記事の書きがいがあります。

> himemikoさん
画像を拝見しましたが、テクスチャの割り当てがむちゃくちゃになっている感じですね。
後頭部に写っているのは爪のテクスチャのような。
DS4.6から、割り当てるテクスチャ毎にガンマ値を保存できるように一処理入ったので、そのあたりが不具合として出てしまっているのかもしれません。
保存したシーンデータの中を見ると、同じファイルパス、ラベルのテクスチャでも、ガンマ値の異なる設定のテクスチャとして扱うことができるように、テクスチャの指定を拡張しているようなのです。

差し支えなければ、DS4.6で改めてマテリアルプリセットを適用すると直るかもというのが、私の思いつくところです。

あと念のため、Genesis Starter Essentialsのアップデートもお忘れなく。

No title

はじめまして。4.6をvistaに入れてみましたが、起動すらできずです。
ぷーー、どうしてだろう?

X86なんとかと出てくる始末です。

名古屋ゴランパスさんはじめまして。
何をしたら、どのタイミングで、どんなエラーメッセージが出たか正確に知ることができれば、お助けすることができるかもしれません。

DAZ Studio 4.6にはWindows用とMacOS用、そしてそれぞれに32bit版と64bit版の計4種類のインストーラがありますのでご注意下さい。
インストールされたのはWindows用32bit版ですか?

No title

お返事ありがとうございます! 前回は失礼いたしました・・。
私のVISTAのOSをリカバリした時に、ディレクトX10が壊れていたらしく、
入れ直したら起動できるようになりました。

ちなみに32ビットを入れて起動でクラッシュでした。
インストールは出来たのに、起動クラッシであせってしまいました。

お手数かけてしまいました。

名古屋ゴランパスさんご報告ありがとうございます。
原因は別のところにあったようですが、無事起動できるようになってよかったです。

No title

フォーラム見てますと、Genesis2:Victoria6が近々出るようですね。
早いなー

私もそれをお聞きしてDAZをチェックすると、もうメンバーフォーラムでV6対応アイテムのプロモイメージが公開されていたり、発売済みの製品にGenesis2(V6)対応と載っていたりしてビックリしました。
それにしてもいきなりビクトリアからとは。
公式の発表が待ち遠しいです。

No title

いよいよ出ましたね。

V4の靴がいい感じで履けるのがうれしいです!
足指も最初から動かせるますし、今後の展開が楽しみです。
(Elf耳の髪の毛調整はまだできなさそうです)

Cyawcatさんコメントありがとうございます。

リリース早かったですねえ。
ベースが女性型になりましたし、Genesisでは参入されなかったベンダーさんもV6用アイテムを出してくれることを期待してます^^

No title

その後も色々試しているのですが、V4の靴を履かせるときはFigureの選択をVictoria 4ではなく、
Vicotria 4 Skirtsにした方がうまくいくようです。

No title

前言撤回(^^;

片足ずつ履く靴などはVicotria 4 Skirtsにしないとうまく履けないものが多かったのですが、モデルの乱れが大きくなってしまいます・・・・・

Cyawcatさんコメントありがとうございます。
Auto-fitツールについては記事を書いてから大分時間が経っていますので、また詳しく調べたいと思っているところです。
靴の変換はかなり綺麗になりましたね。

No title

DAZの4.5をアインストールしてしまいました
そこから4.6をインストールしても問題ないでしょうか?
また シリアルナンバーを打たなくても使用可能でしたが
シリアルナンバーは打たないといけないのでしょうか?

すいません 初心者なもので

しいまいおさんはじめまして。
アンインストールしても使用していた情報は残っていますので(少なくともWindows版では)、新しいバージョンをそのままインストールして構いません。
シリアルナンバーも以前に入力した情報が使われたのではないでしょうか。

非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター