DAZ3D Install Manager その5:ワードフィルターを活用する

Category : DAZ3D Install Manager
先月のDAZ Studio 4.6Proのリリースと同時期に『DAZ3D Install Manager』(DIM)も1.0.1.59にバージョンアップしました。
大きな改善点として、コンテンツディレクトリ外にもインストール可能になりました。
これにより、DSのプラグインやアプリケーションフォルダにインストールが必要なシェーダ、Bryce、Carrara、Photoshopなど用のコンテンツもDIMで扱うことができるようになっています。
さらにはアプリケーションも扱えるようになっているのですが、今のところ対応したものはありません。

そんなわけで新たにダウンロードできるようになったファイルをチェックしていると、「Install Manager Default Filters」というファイルが見つかりました。フォーラムによると、これはワードフィルターに関係するもののようです。
そこで今回は、ワードフィルターと「Install Manager Default Filters」について調べてみました。

DIM SS


■「Install Manager Default Filters」のインストール

まず気になるのは、「Install Manager Default Filters」は何も考えずダウンロードしてインストールしてもいいのか?という点です。
OKです。

他のDAZ製品と同じようにDIMでダウンロード&インストールして下さい。
DIMの設定保存フォルダ(Windows Vista/7の場合はC:\Users\Public\Documents\DAZ 3D\InstallManager)の中のFiltersフォルダ内にインストールされます。


■ワードフィルターの拡張

DIMのフィルター欄は、文字を入力することで、そのワードと製品名がマッチしたものをリストアップしてくれる機能です。
ワードでフィルターするので、このブログではワードフィルターと訳しています。

今回のバージョンアップにより、このフィルター欄の左にある虫眼鏡アイコンがフィルターメニューボタンとしてクリックできるようになりました。
試しにクリックしてみると下の画像のように2つメニューが出るだけです。
DIM ワードフィルター インストール前

しかし、先ほどの「Install Manager Default Filters」をインストールすると、次の画像のようにメニューがさらに3つ増えます。
DIM ワードフィルター インストール後

例えば「Filter By Tag>Plugins>DAZ Studio 4.5+」と選択すると、フィルター欄にそのワードが入力され、製品ステータスエリアの表示が該当する製品(DS4.5以降用のプラグインとタグ付けされたもの)に絞り込まれます。
DIM ワードフィルター タグでフィルター メニュー
DIM ワードフィルター タグでフィルター リスト

これでわかるのは2点、ワードをフィルターメニューに登録できるようになった点と、ワードフィルターで製品名以外でもフィルタリングできるようになった点です。
これまで製品名だけでしかできなかったものが、Date(注文日やインストール日など)、SKU(管理番号)、Tag(タグ)でフィルタリングすることができるようになったわけです。
特に、設定画面を出してチェックし直すことなく、タグでフィルタリングできるようになったのは便利ですね。
現在タグ(=Download Filter)にはアプリケーションの種類(バージョン別)、OSの種類、ソフトウェア、プラグインなどがありますが、このバージョンで追加されたことを考えると、将来的に製品のカテゴリなどが加わってさらに便利になる可能性もあります。


■カスタムフィルターの登録

このフィルターメニューですが、ユーザーが追加することもできます。
1.0.1.59でワードフィルターが拡張され、そのプリセットとして「Install Manager Default Filters」が配布されたということのようです。つまり、文法がわかれば誰でもカスタムフィルターをメニューに登録できるわけです。
カスタムフィルターの登録方法は次の通りです。

 (1)フィルター欄にワードを入力します。
例として「Genesis」と入力してみました。即時にフィルタリングが実行され、製品ステータスエリアに該当する製品がリストアップされます。
DIM カスタムフィルター ワード入力

 (2)フィルターメニューボタンをクリックして出現するメニューから「Save Filter」を選択します。DIM カスタムフィルター 保存メニュー

 (3)Save Filterウィンドウが出現しますので、以下の項目を入力してAcceptします。
Menu Pathはメニューのグループ(/が区切り)、Filter Nameは表示されるラベルです。
DIM ワードフィルター 保存ダイアログ
今回は、Menu Pathを「/User/Word」、Filter Nameを「Genesis」と入力しました。

フィルター欄の入力には普通に検索ワードを入れても良いですし、プリセットのように特殊な識別子と正規表現を使っても良いです(「sku::16324」と入力すると『Subsurface Shader Base』がヒットします)。

再びフィルターメニューアイコンをクリックすると、登録したフィルターがメニューに追加されているのが確認できます。
DIM カスタムフィルター 登録したフィルター

よく使用するワードを登録しておけば、目的の製品をリストアップするのに役立ってくれます。

もう一つ最初からあるメニュー「Manage Filters」を選択すると、ユーザー追加したカスタムフィルターが保存されているフォルダが開きます。登録したカスタムフィルターを削除したい場合は、ここからフィルター名のテキストファイルを削除します。




Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン カスタマイズ SSS バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター