FC2ブログ

pwToon その2:イラスト調レンダリングに挑戦

Category : pwToon
DAZ Studio(以下DS)のトゥーンシェーダ『pwToon』第2回はイラスト調レンダリングに挑みます。第1回のアニメ調からパラメータ調整していきますので、事前に前回のエントリーもご覧いただいた方がわかりやすいと思います。
Deco pwToon イラストSS


■今回のシーン

今回もakatoraさん作のDecoちゃんをモデルに、こんなシーンにしました。アニメ調に『pwToon』のパラメータを調整してあります。
Deco pwToon B アニメ調
Character:Deco Ver302
Hair:DecoHair
Costume:ONS_Dress , ONS_Boots
Shader:pwToon

ライトはDistantLight1灯のみです。
本題とは直接関係無いのですが、胸元に出ている太い輪郭線は『pwToon』弱点と言えます。どうやらリム(フチ)付近のくぼみ形状に弱いようです。カメラアングルを変えたり、OutlineOffにしてレンダリングしたものをフォトレタッチソフトで重ねて補修するなど、対策が必要です。


■パラメータ調整

SurfacesタブAdvancedパラメータを調整していきます。今回主に調整するのは、肌や爪、髪、服などです。目や眉毛、まつげはいじらないでそのままです。

まず影にグラデーションをかけます。
 Diffuse ShadingDiffuse Lower Boundを0%近くにまで下げてLowerとUpperの差を50%以上にします。0%が一番暗いところ、100%が一番明るいところと考えるとイメージがつかみやすいかと思います。差が大きいほど滑らかなグラデーションになります。
グラデーションにしたことで影の色が薄くなってしまったので、Shading Colorを少し濃くしました。
pwToon パラメータB Diifuse Shading

Deco pwToon B Diffuse調整

次にアウトラインを調整します。アニメ調のようにくっきりはっきりではなく、サーフェイスの色と同系統にしてなじませます。
 OutlineOutline ColorおよびInterior Line ColorDiffuse Colorから暗くした色にします。Outline Widthも少し下げて輪郭線を細くしました。
pwToon パラメータB Outline

Deco pwToon B Outline調整
サイトツールによる縮小ノイズが結構出てますね。画像をクリックすると倍サイズの画像が表示されますので、そちらで細部の確認をして下さい。

今回は肌などにもハイライトを入れます。
 SpecularSpecular Colorをグレーにして、Specular Sharpnessを95%まで下げ、Glossinessを調整してはレンダリングで確認…の繰り返しで、まずハイライトの大きさ(値が低いほど大きいです)を決めます。
決まったら今度はSpecular Sharpnessを下げていき、ハイライトのシャープさ(値が高いほどシャープです)を決めます。この時Specular Strengthが高すぎると露光オーバーみたいな状態になってしまって色がとんでしまうので、適度に下げてください。
髪については天使の輪は難しいので、申し訳程度に弱くハイライトを入れました。
Specularの強さとシャープさ、Diffuse Boundの幅で質感が決まりますので、材質によってパラメータを変える必要があります。
pwToon パラメータB Specular

Deco pwToon B Specular追加

さらにもう一味加えます。エッジ付近を明るくして立体感を出します。
 Rim ShadingRim Color ModeAddに、Rim Exterior Multiplierをグレーにして、Rim Boundを調整します。0%がリム付近(輪郭線付近)、100%が中央付近(カメラと正対している部分)と考えてください。色でしか強さを調整できないのが難しい点です。あまり明るい色にするとライトが当たっている方のリムの色がとんでしまうので注意です。
pwToon パラメータB Rim Shading


■仕上げ

ついでにライトの影を落として、サブディビジョン処理も施し、さらにカメラアングルも少し変えてレンダリングしたのがこちらです。
Deco pwToon B Rim影追加

肌のグラデーションがわかりやすいようにこんなシーンも作ってみました。
今日の予定は…?
Character:Deco Ver302
Hair:DecoHair
Costume:DecoBra
Shader:pwToon

こちらもDistantLight1灯で、ポストワークもしていません。
アドビ イラストレータで描いたみたいな感じになっていますね。自分でもこんなきれいなグラデーションができるとは思ってませんでした。トゥーンに適したフィギュアだということもあるんでしょう。鼻筋がスラッとしてて実に美人さんです。

今回のツールはこちら

pwToon




Comment

おおお!ここまで綺麗に仕上がるんですね!
いつもながら丁寧で分かりやすく解説頂いて感謝感激です!( ゚∀゚)b

こうやってブログにまとめると、思わぬ発見ができたりしてビックリします@_@
自分のスキルアップにもなりますね。
非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター