Light Dome PRO - R その3:フォトレタッチソフトでの調整

Category : Light Dome
DAZ Studio 4.6用の野外ライトセット『Light Dome PRO - R』は、今月のバージョンアップでめでたくフリーのフォトレタッチソフト『GIMP2』に対応しました。
これまで『Light Dome PRO - R』でレンダリングした画像は『Photoshop』のアクション機能を使って合成する必要がありました。この工程を代わりに『GIMP2』でできるスクリプトが、バージョンアップにより付属したわけです。

そこで今回は、『GIMP2』でのレンダリング画像合成の手順をご紹介するとともに、『Photoshop』または『GIMP2』でできるライトの調整について調べました。

※メインファイルとPhotoshop用ファイルも更新されていますので、そちらも再度インストールが必要です。
※バージョンアップ後に過去のバージョンで保存したシーンを読み込むと、スカイドームが読み込まれないエラーが出てしまいますので、一度LDP-R関連のオブジェクトを削除したのち再び「Add LDP-R」して下さい。

LDPR SS3



■GIMP2用スクリプトのインストール

バージョンアップに伴い、新たに「Light Dome PRO - R (Gimp)」というファイルがダウンロードできるようになっています。これがGIMP2用のスクリプトファイルです。

Install Managerでインストールした場合は、コンテンツディレクトリの Dreamlight/Light Dome PRO - R フォルダにあります(zipファイルを直接解凍しても良いです)ので、GIMP2のアプリケーションフォルダからたどった share/gimp/2.0/Scripts フォルダの中に5ファイルをコピーして下さい。


■GIMP2でのレンダリング画像合成

このバージョンアップから『Light Dome PRO - R』でレンダリングすると12枚の画像ファイルが出力されます。
ただし、増えた4枚はユーザーがライトを追加した場合にレンダリングされるものなので、そうでなければレンダリング時間が増加したりはしません。
LDPR レンダリング画像12枚

『Light Dome PRO - R』でレンダリングをする工程は同じなので、その次の工程、『Light Dome PRO - R その1:使い方』の記事でいうと「■Photoshopでの処理」の項目を代わりにGIMP2でする場合が次のような手順になります。

※マニュアルにはGIMP2の言語を英語にする(設定:ユーザーインターフェース>言語の設定)ように書かれていますが、私の試したところでは日本語のままで動作しました。

 (1)ファイルメニュー > レイヤーとして開く を実行します。
LDPR GIMP2での合成1

 (2)ファイル指定ダイアログが出現しますので、レンダリング画像が保存されているフォルダを開いて「0_Custom1.bmp」をクリック、続いてShiftキーを押しながら「7_Mix.bmp」をクリックして12枚の画像を複数選択し、開きます。
※名前順に並べておいて下さい。
LDPR GIMP2での合成2

これで12枚のレイヤーを持つ1枚の画像が作成されます。
LDPR GIMP2での合成3

 (3)フィルターメニュー > Dreamlight > LDP-R > LDP-R Combine を実行します。
LDPR GIMP2での合成4

12枚の画像が本来のライティングの状態に合成されます。
LDPR GIMP2での合成5

 (4)できあがった画像を保存します。
LDPR オーガシーン GIMP合成直後
Character:Aspen for Gia , Lorella the Elf Maiden , DAZ Monstrosities: Skullcrusher Ogre
Hair:Dream Hair , Lady Elf Hair for Genesis
Costume:Fighting Fae Armor for V4 , Pale Shadows , Historical Armor for V4
Environment:Ruins of Alecto , Ecomantics - Efficient Ecosystems (ground)
Light:Light Dome PRO - R

余談ですが、真ん中のモンスターと右の魔女っ娘っぽいのは、どちらもGenesisベースのキャラクターです。
特にGenesisベースのDAZモンスターシリーズ「DAZ Monstrosities」は、どれもクオリティが高いです。Genesis2が登場した今、Genesisは人外キャラクターが多いのが特色になってきました。

 (5)合成フィルターと同じメニューにある「Filter: Default」「Filter: Miami」「Filter: Cold」のどれかを実行します。
※「Filter: Custom」を使うと、Tint(色合い)を指定するダイアログが出現します。これで画像の全体的な風味をユーザーが指定することができます。

上の画像にそれぞれのフィルターをかけたのが次の画像です。

「Filter: Default」
LDPR オーガシーン GIMPフィルターdef

「Filter: Miami」
LDPR オーガシーン GIMPフィルターmiami

「Filter: Cold」
LDPR オーガシーン GIMPフィルターcold

GIMP2のカラーマネジメントをちゃんとしていないせいかもしれませんが、Photoshopで処理したものに比べて明るくなりました。


■各レイヤーの役割

『Photoshop』または『GIMP2』で「LDP-R Combine」をかけた直後の状態が、『Light Dome PRO - R』の本来のライティングになります。
『Light Dome PRO - R』では基本的にライトを切り替えて5回レンダリングします。それに背景とフォグのレイヤー、カスタムライトのレイヤー4枚、合成用のレイヤーを含めると12枚の画像ファイルが出力されます。

それぞれのレイヤーがどんなライティングになっているのかを、今回のシーンで調べてみました。
※わかりやすいようにレイヤーの不透明度は全て100%にしてあります。
※シーン内のオブジェクトのマテリアルに反射および環境マップが使われていたので、通常のレンダリングと反射なしのレンダリングの両方を実行し、「1_Background」には反射が、さらに「6_Sun」には反射と環境マップが描画されたものを使っています。

●Fog & Haze
LDPR オーガシーン fog&hazeレイヤー

フォグ(霧)あるいは霞が描画されたレイヤーです。
遠景がかすむ効果が出ます。

●Custom 1 ~ Custom 4

ユーザーがライトを追加した場合にレンダリングされるレイヤーです。
DSのSceneタブにある「LDP-R Custom Lights 1」~「LDP-R Custom Lights 4」にペアレントしたライトが使われます(それぞれのレイヤーと対応しています)。
室内ライトや特殊効果用のライトなどを追加すると良いでしょう。

●Background
LDPR オーガシーン backgroundレイヤー

背景が描画されたレイヤーです。
スカイドームに張られたテクスチャですね。

●Ambient
LDPR オーガシーン ambientレイヤー

アンビエントが描画されたレイヤーです。
全方位からシーンを照らす16灯のディスタントライト(影なし)でレンダリングされており、ベースの色になります。
ただしこのレイヤーの不透明度は10%に設定されるので、若干色がのる程度です。

●Sky
LDPR オーガシーン skyレイヤー

スカイライトによるライティングのレイヤーです。
上方各方位からシーンを照らす青みがかった4~16灯のディスタントライト(影あり)でレンダリングされており、繊細な陰影がオブジェクトの立体感を浮き彫りにします。

●Sky Bounce
LDPR オーガシーン sky bounceレイヤー

スカイライトが地面で反射した様子を模したライティングのレイヤーです。
下方各方位からのスカイライトと同数のディスタントライト(影なし)でレンダリングされています。
さらにSkyレイヤーの明度を基準にしたマスクがかけられています。

●Sun
LDPR オーガシーン sunレイヤー

サンライト(太陽光)によるライティングのレイヤーです。
「Sun Light」ディスタントライト(影あり)1灯でレンダリングされています。
Sun copyレイヤーはSunレイヤーの複製です。

●Sun Bounce
LDPR オーガシーン sun bounceレイヤー

サンライトが地面で反射した様子を模したライティングのレイヤーです。
「Sun Light」に対応する方向からのディスタントライト(影なし)2灯でレンダリングされています。
さらにSunレイヤーの明度を基準にしたマスクがかけられています。
Sun Bounce copyレイヤーはSun Bounceレイヤーの複製です。

●Black

合成のベースとなる黒1色で塗りつぶされたレイヤーです。


■レイヤーの調整

『Light Dome PRO - R』のコンセプトとして、ライトの強度や色合いの調整はフォトレタッチソフト上でする、というのがあります。
上の項目でご紹介したとおり、ライトごとにレイヤーが分かれていますので、それぞれのレイヤーを調整することがそのままライトの調整になります。

●ライトの強度を上げる

レイヤーを複製します。
SunレイヤーやSun Bounceレイヤーは、まずそのcopyレイヤーの不透明度(Opacity)を上げて下さい。

●ライトの強度を下げる

レイヤーの不透明度を下げます。

●ライトの色を変更する

そのレイヤーをLAYERSパレットで選択して Imageメニュー > Adjustment > Variations(バリエーション) または Curves(カーブ) で色調整します。
他にもPhoto Filter(カメラ効果)Color Balance(カラーバランス)を使ったり、フィルター適用後のTint(色合い)レイヤーを別の色で塗りつぶすなど、方法はいろいろあります。

 ・補正例1
LDPR オーガシーン 合成コントラスト強

SkyレイヤーとSky BounceレイヤーのOpacityを下げ、Sun copyレイヤーのOpacityを100%に、さらにSunレイヤーを複製して色補正:Exposureをかけました。
元の合成画像と比べてコントラストをきつくして、日差しの強いシーンにしました。

 ・補正例2
LDPR オーガシーン 合成曇天

Sun copyレイヤーとSun Bounce copyレイヤーを非表示にし、さらにSunレイヤーとSun BounceレイヤーのOpacityを大きく下げ、Fog & Hazeレイヤーを複製、BackgroundレイヤーのOpacityを下げました(本当はスカイドームの画像を曇り空に変えてレンダリングするのが正解です)。
元の合成画像と比べてコントラストの低い、曇りのシーンにしています。


■夜のシーン

バージョンアップで加わったアクション「LDP-R Combine Night」は、「LDP-R Combine」の代わりに使うと、レイヤーの調整を夜のシーンに合わせて合成してくれるものです。

今回のシーンを「LDP-R Combine Night」で合成したのが次の画像です。
ただし、スカイドームの画像が昼の空だったのでBackgroundレイヤーのOpacityをさらに下げ、Fog & HazeレイヤーのOpacityも下げてあります。

LDPR オーガシーン 合成夜

スカイドームのテクスチャ以外はDSで変更しなくても、アクション一つでここまで変わるのは興味深いですね。



今回のツールと画像の素材はこちら

Light Dome PRO - R

Aspen for Gia

Lorella the Elf Maiden

DAZ Monstrosities: Skullcrusher Ogre

Pale Shadows

Historical Armor for V4

Dream Hair

Lady Elf Hair for Genesis

Ruins of Alecto

Ecomantics - Efficient Ecosystems

AD Fighting Fae Armor for V4
Fighting Fae Armor for V4




テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル ライト DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス Genesis2 スクリプト セットアップ ShaderMixer レタッチ Download カスタマイズ SSS トゥーン バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM ファー D-Form ERC Miki2 IDL 大気 M4 物理シミュレーション ボリューム Terrain カラーコレクション Genesis3 モーフセット パーティクル インスタンス カメラ V5 アナグリフ RAMDisk ロボット ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター