Measure Metrics その1:測定ノードを使う

Category : Measure Metrics
『Measure Metrics for DAZ Studio』は、DAZ Studio 4.6Proに長さや角度を実寸で測定する機能を追加するプラグインです。
シーン上で直線距離や角度を測ったり、オブジェクトの断面の周囲の長さを測ったりできます。

今回は基本となる4種類の測定ノード(Measuring Node)と、Measure Metricsタブの使い方をご紹介します。

測定ノード SS1

※インストールについて、構成ファイルの変更に合わせて修正・追記しました。(2014.3.19)



■Measure Metricsのインストール

『Measure Metrics for DAZ Studio』は、DAZ Studio 4.6Pro用のプラグインです。

 「Measure Metrics for DAZ Studio 4.5+」 プラグイン本体
 「Figure Metrics for DAZ Studio 4.5+」 「Figure Metrics」用の計測スクリプト
 「Figure Metrics for DAZ Studio 4.5+ Content」 Genesis、Genesis2Female、Genesis2Maleに対応したプリセット

プラグイン本体(WindowsまたはMac用それぞれ32bit版と64bit版)のうち自分の環境に合ったものと合わせて以上3ファイルを、Install ManagerまたはDAZストアのMy Account>Product Libraryからダウンロード&インストールして下さい。

インストールが完了したら、次はシリアルナンバーの登録です。
その手順は以下の通りです。
先にDAZストアのMy Account>My Serial Numbersのページで『Measure Metrics for DAZ Studio』を確認します。
DAZ Studio 4.6Proを起動し、メインメニューから Help > About Installed Plugins を実行します。
測定ノード メニュー シリアル登録

プラグインの一覧が出ますので、「Measure Metrics」までスクロールします。
その列の右側に入力欄がありますので、そこをクリックしてから、最初に確認したシリアルナンバーをコピー&ペーストして下さい。
Okボタンをクリックして登録は完了です。


■測定ノードの使い方

長さや角度を測るには、測定ノード(Measuring Node)を使います。
メインメニューから Create > New Measure Metric を実行するか、Measure Metricsタブのオプションメニューから Create > New Measure Metric を実行すると、測定ノードの作成ウィンドウが出現します。
測定ノード メニュー 作成

測定ノード 作成オプション コンベックス

Type欄で作成したい測定ノードの種類を選択します。
Name欄で分かりやすい名前を付けておくと、複数の測定ノードを使う時に便利です。

ではそれぞれのタイプの測定ノードについてご紹介していきます。
画像で設定されているオプション等は、オススメの設定です。

 ●Tape Measure(金属製の巻尺)
測定ノード コンベックスプレビュー

用途: 直線距離の測定。
測定基準: 測定ノードと測定対象との直線距離。
作成時のオプション等:
・OptionsApply Default Settings(初期状態)/Parent to Selected Item(選択中のアイテムの子にする)/Target Selected Item(選択中のアイテムを測定対象にする)から選択します。
・Create a Persistent Point At Target (Null)ヌルを作成して測定対象にします。

測定ノード 作成オプション コンベックス

直方体の収納容器から飛び出した端をピーッと引っ張り出して使うタイプの巻尺(コンベックスと呼ばれるようです)です。作成ウィンドウで同時にヌルを測定対象として作成するようにしておくと、汎用性が高く便利です。

 ●Tailor Tape(仕立て屋の巻尺)
測定ノード メジャープレビュー

用途: オブジェクトの断面の周囲の長さを測る。
測定基準: 測定ノードの平面で測定対象を輪切りにした断面に外接するライン
作成時のオプション等:
・OptionsApply Default Settings(初期状態)/Parent to and Target Selected Item(選択中のアイテムを測定対象とし、その子にする)/Target Selected Item(選択中のアイテムを測定対象にする)から選択します。

測定ノード 作成オプション メジャー

いわゆる巻尺(メジャー)です。フィギュアの胸囲やウエスト、球の断面の円周などを簡単に測ることができます。あらかじめ測定対象を選択しておき、「Target Selected Item」オプションで作成するのが楽です。
測定する範囲を制限するには2つの方法がありますが、とりあえず平面のスケールを変更するのが簡単です。

 ●Protractor(分度器)
測定ノード 分度器プレビュー

用途: 角度を測る。
測定基準: 測定ノードのY軸と測定対象との角度。
作成時のオプション等:
・OptionsApply Default Settings(初期状態)/Parent to Selected Item(選択中のアイテムの子にする)/Target Selected Item(選択中のアイテムを測定対象にする)から選択します。
・Create a Persistent Point At Target (Null)ヌルを作成して測定対象にします。

測定ノード 作成オプション 分度器

分度器です。それ以外の何物でもありません。測定ノードから伸びるライン上に測定対象がないと正確に測れないので、使い方にちょっとコツが必要です。作成ウィンドウで同時にヌルを測定対象として作成するようにしておくと、汎用性が高く便利です。

 ●Compound Measure(複合メジャー)

用途: 複数のメジャーの合算、面積、体積の測定

測定ノード 作成オプション 複合

2つ以上の測定ノードの測定結果を足したり、2辺・3辺の長さの測定結果から面積・体積を出したりできます。
ただ、不具合なのか使い方が悪いのか、長さまたは角度の合算以外はまだ未検証です。

Compound Measureを作成するには、2つの条件があります。
 ・2つ以上の測定ノードを選択しておくこと
 ・それらの測定ノードが同一のツリー階層の中にあること

2つ目の条件が特殊ですが、そうしないとパラメータの参照ができないからではないかと思われます。
そのためには、Sceneタブで子にしたいノードをドラッグして親にしたいノードへドロップするか、測定ノードの作成時にオプションを設定するかして、ペアレントを組んで下さい。同じオブジェクトまたはノードの子にする必要はなく、同じ階層ツリー内にあるだけでOKです。


■測定ノードのプロパティ

測定ノードを選択した状態でParametersタブを開くと、Measureグループ(サイドナビゲーションメニュー)に次のようなプロパティが表示されます。
測定ノード プロパティ
・Measure Target測定対象の設定です。クリックするとシーン内の全ノードリストが表示されますので、測定対象にしたいノードを選択してAcceptして下さい。
・Measurement測定結果がパラメータとしてリアルタイムに出力されます。その単位は長さがcm、角度がDegreesです。
・Force Closed LoopTailor Tapeでのみ表示されるプロパティです。測定のラインに隙間がある場合、そこを強制的につなげて、閉じたラインにします。
・Measure TypeCompound Measureでのみ表示されるプロパティです。Distance(長さ)/Angle(角度)/Area(面積)/Volume(体積)から選択します。面積、体積を測定する場合はここで切り替えるはずなのですが、私が試した限りでは測定結果が変化しませんでした。



■Measure Metricsタブの表示

シーンにある測定ノードをリストアップし、その測定結果を一括管理できるのがMeasure Metricsタブです。
Measure Metricsタブを表示するには、メインメニューから Window > Panes (Tabs) > Measure Metrics を選択して下さい。

測定ノード タブ
・Distance Units長さの単位を切り替えます。SI(キロメートル|メートル|センチメートル)/US(マイル|フィート|インチ)/Meters(メートル)/Centimeters(センチメートル)/Yards(ヤード)/Feet(フィート)/Inches(インチ)から選択します。
・Angle Units角度の単位を切り替えます。Degrees(度)/Radians(ラジアン)/Mils(ミル)/Grads(グラード)から選択します。

このタブで測定ノードを選択したり、非表示にしたりもできます。


■Measure Metricsタブのオプションメニュー

Measure Metricsタブには主に次のようなオプションメニューがあります。
・Select測定ノード全てを選択したり、特定の種類のみ選択したりできます。
・Create測定ノードを作成します。
・Edit「Set Target Faces For Tailor Tape Node」を実行すると、Tailor Tapeの測定対象を選択中のポリゴンに制限することができます。




今回のツールはこちら

Measure Metrics for DAZ Studio



テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター