DAZ Studio Basics:データのセーブとロード

Category : Basics
これまでにも何回かDAZ Studio(以下DS)の基本機能について部分的に紹介してきました。これからも紹介する機会があるだろうと考え、『DAZ Studio Basics』としてカテゴリにまとめることにしました。「DAZ Studio 使い方」で検索していらっしゃる方も多いことですし。

今回はデータのセーブとロードについて、その中でもマテリアルプリセットについて検証します。
「シェーダを駆使していい感じのマテリアルが作れたんだけど、これを別のフィギュアに使う方法ないかなあ?」という時に知っていると便利です。

DAZ Studioの英語ユーザガイドPDFがDSインストールフォルダ下のdocsフォルダにありますので、これも参考になると思います。更新が頻繁で、新機能についてもすぐに追記されているようです。

※マテリアル読み込みの3つ目の方法を追記しました。


■セーブメニュー

作成したシーンを保存したい時は、メインメニューから File > Save または File > Save As > Scene ですべてを保存することが出来ます。
DSではそれだけではなく、ポーズやマテリアルなど個々の要素を簡単に保存できるようになっています。

保存できるファイル形式は、要素によって変わってきますが、
 ・バイナリデータ DAZ Script 2 Binary(.dsb)
 ・テキストデータ DAZ Script 2 Plain Text(.dsa)
 ・暗号化バイナリデータ DAZ Script 2 Encypted Binary(.dse)
の中から選べます。通常はDAZ Script 2 Binary(.dsb)で問題ないと思います。

また、Poserや他のCGソフトで使用できるファイル形式で保存したい場合は、File > Export を使うか、またはこのエントリーのようにDAZ Script(プログラムとしてのスクリプトです)を使う必要があります。

それではセーブメニューを見ていきます。
DS セーブメニュー
・Sceneシーン全体を保存します。
・D-Form PresetD-Form(マグネット変形ツール)のみ保存します。
・Puppeteer PresetPuppeteer(複数のポーズをつないでアニメーションを作る機能)のセットを保存します。レイヤー毎に保存することも可能です。
・Pose Presetフィギュアのポーズやモーフパラメータ(Parametersタブの内容)をセーブできます。アニメーションも保存することが可能です。オブジェクトを選択してから実行してください。
・Shader Preset1つのサーフェイスのマテリアル(Surfacesタブの内容)を保存します。サーフェイスを選択してから実行してください。
・Materials Presetフィギュアのマテリアルを保存します。Shader Presetと違うのは、複数のサーフェイスを保存できることです。オブジェクトを選択してから実行してください。
・Character PresetPose PresetMaterials Presetをまとめて保存します。オブジェクトを選択してから実行してください。
・Light(s) Presetライトのみ保存します。アニメーションも保存することが可能です。
・Camera(s) Presetカメラのみ保存します。アニメーションも保存することが可能です。
・UV PresetサーフェイスのUVマッピングデータを保存します。

Record Customについて
ポーズのTransformのみ保存したいとかいった場合、保存時のダイアログでRecord Customにチェックを入れれば、保存するデータを選ぶことが出来ます。その場合は下のリストから保存したいプロパティにチェックを入れます。また、右にある右▲マークからすべてのモーフパラメータなど、選択(Select)/非選択(Deselect)をまとめてすることが出来ます(FBMをこれで選択することはできないようです)。
ポーズプリセット セーブダイアログ


■Save Materials Preset

キャラクターのDS用マテリアル設定ができた!など、使いまわしたいマテリアルが出来たら保存しておきましょう。
フィギュアまたはプロップを選択し、File > Save As > Materials PresetSurfacesタブの内容をまとめて保存することが出来ます。『pwToon』などのシェーダを適用した場合でも問題なくそれが含まれます。

マテリアルプリセット セーブダイアログ1
保存ダイアログでは、Record Allでオブジェクトに含まれるすべてのサーフェイスが、Record Customでサーフェイスまたはさらにその要素を選択して保存することが可能です。
マテリアルプリセット セーブダイアログ2

また、UVsetを複数持つサーフェイスの場合はSave Alternate UVsにチェックを入れる必要があるようです。

通常Materials Presetを使うとサーフェイス名と関連付けて保存されますが、Shader Presetだとサーフェイス名に関係なくSurfacesタブの内容が保存されます。
Surfacesタブで保存したいサーフェイスをリストから選択し、File > Save As > Shader Preset を実行します。汎用性を考えるとRecord Customで保存する要素を選択するほうがいいかもしれません。UV Mapsがどういう動作をするかわかりませんから。


■マテリアルを読み込む

では保存したマテリアルを新たに読み出したフィギュアに適用してみましょう。
2通りの方法があります。

 1つは保存したファイルをDSコンテンツから読み込む方法です。
事前にファイルをDSコンテンツフォルダ(contentフォルダ以下)にコピーします。そしてcontentタブからコピーしたフォルダを開き、フィギュアを選択した上でアイコンをダブルクリックします。
マテリアルプリセット コンテンツ

contentタブからマテリアルプリセットを読み込む時、Ctrlキー(Windowsの場合)を押しながらダブルクリックするとオプションダイアログが出ます。ここでは、選択しているサーフェイスのみに適用(SurfacesをSelectedに)したり、テクスチャマップの設定は読み込まない(Map SettingをIgnoreに)といった操作をすることが出来ます。
マテリアルプリセット ロードダイアログ1

 読み込む方法のもう1つはデータをマージ(結合)する方法です。
この機能を使うことで、今のシーンを残しつつ、保存したものを読み込むことが出来ます。
フィギュアを選択し、メインメニューから File > Merge で保存したデータを読み込みます。
DS マージメニュー

 おっと、もう1つ方法があったのを忘れていました。
DAZの製品説明の一番下に

Notes:
DAZ Studio Users: There is no longer a separate DAZ Studio installer for these Presets. DAZ Studio will automatically apply the DAZ Studio version of the Material Presets, giving you the correct DAZ Studio look to your xxxxx. Please see the ReadMe for additional information.


とあるのを見たことはありませんか?
「DS用のインストーラは付いてないけど、ちゃんと自動でDS用マテリアルが読み込まれるよ!」
みたいな意味でしょうか。

これはPoserのMATPoseファイル(テクスチャ等のマテリアル情報のみ書き換えるポーズファイル)を読み込む時に、同じファイル名のDS用ファイルが同じ場所に存在した場合はそっちを読み込む。というDSの仕様によって実現されています。
下の画像は『V4 BasicWear』のPoserPoseフォルダです。
マテリアルプリセット ロードPoserPose
拡張子.pz2と付いているのがPoser用、拡張子.dsbと付いているのがDS用ファイルですね。このようにして入れておけばPoser用DS用を気にすることなくMATPoseを使うことが出来ます。Poserの方ではDS用ファイルは無視されるので問題ありません。自分でDS用ファイルを置いたかどうか忘れてしまうことが問題といえば問題ですが…
※DS3になり、DS用ファイルの存在するものにはアイコンにマークが付くようになりました。



Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル ライト DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス Genesis2 スクリプト セットアップ ShaderMixer レタッチ Download カスタマイズ SSS トゥーン バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM ファー D-Form ERC Miki2 IDL 大気 M4 物理シミュレーション ボリューム Terrain カラーコレクション Genesis3 モーフセット パーティクル インスタンス カメラ V5 アナグリフ RAMDisk ロボット ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター