DAZ Studioが4.6.3.50Pro にバージョンアップ

Category : 製品ニュース
DAZ Studioが正式リリース版として、4.6.3.50Proにバージョンアップしました。
DAZストアのMy Account>Product Libraryから、またはInstall Managerでダウンロードして下さい。

バージョンアップは多くのバグフィックスと、いくつかの新機能追加がなされています。
DAZフォーラムのこのトピックで細かい内容を見ることができます。

主な変更点・新機能などは次の通りです。
パブリックベータ版での変更点・追加機能も含みます。

 ・PostgreSQLを使ったCMS(コンテンツデータベース)のサポート。現状は選択使用できる。
 ・FBXライブラリを2014版にアップデート
 ・インタラクティブレッスンの調整
 ・Windows8.1とMacOS10.9への対応
 ・Qt framework 4.8.5、3Delight 11.0.47へそれぞれアップデート

 ・オブジェクトの複製機能の追加。メインメニュー Edit > Duplicate。
 ・フィギュアを小道具化する機能の追加。メインメニュー Edit > Figure > Rigging > Convert Figure to Prop。
 ・フィギュアのPose Control(Morphforms)を各ノードのTransformsに変換するメニューの追加。メインメニュー Edit > Figure > Bake To Transform。Genesis以降のフィギュアでも有効。

 ・プッシュモディファイアにウェイトマップをサポート。メインメニュー Create > New Push Modifier Weight Node
 ・Polygon Group EditorツールをGeometry Editorツールに名称変更。
 ・Geometry Editorツールに選択モード「vertex and edge selection」を追加。
 ・Geometry Editorツールの選択範囲の拡張/縮小にいくつかのバリエーションを追加。
 ・Geometry Editorツール使用時のTool Settingタブで選択セットを使用可能に。Surfacesタブのそれと同じく、ポリゴン選択の記憶・復元。
 ・OSのファイルマネージャ(エクスプローラ等)からSurfacesタブのマッピングプロパティへドラッグ&ドロップでテクスチャ適用可能に。
 ・Content LibraryタブからSmart Contentタブのサイドメニューにドラッグ&ドロップするだけで、カテゴリを登録できるように。
 ・Categorizeウィンドウにカテゴリの除去「Remove From Categories (Unassigned)」オプションを追加。

 ・Sceneタブに検索ボックスを追加。
 ・ビューポートオプションに「Viewport Third Guide」を追加。構図決定の参考用に、レンダリング範囲を縦横3分割するラインを表示。
 ・OpenGL PreviewレンダにビューポートのDrawStyleを反映できるように。ワイヤーフレームもレンダリング可能に。

そんなメニュー見つからないという方は、レイアウトの変更をしてみて下さい。
フィギュアの複製や小道具化は、これまでなぜか無かった機能ですね。特に小道具化は他のアプリケーションでレンダリングだけする時に、使えるフォーマットが増えることになりそうです。
Smart Contentタブが不安定だったという方にとっては、「PostgreSQLを使ったCMS」は朗報なのではないでしょうか。
あと細かいところですが、D&Dでのカテゴリ登録やテクスチャ適用も便利でしょう。

Comment

ダウンロードできません

いつもお世話ばかりかけます

バージョンアップの記事を読み、早速試してみましたが
なぜか私のInstall Manegerにはバージョンアップがでてきませんでした。

My Account>Product Libraryから、またはInstall Managerでダウンロードして下さい。
My Account>Product Libraryも探してみました
(使用しているDaz 4.6Proのヴァージョンはどのように確認すればいいのでしょうか?
・フィギュアを小道具化する機能の追加。メインメニュー Edit > Figure > Rigging > Convert Figure to Prop。は見つからなかったのでバージョンアップされていないと思います)

バージョンアップの方法がよくわからなかったのでDaz Studioのサイトから
自分のアカウントからソフトを(再)インストールしたのですがこれが大失敗で
smart content で第5世代ソフトが表示されなくくなってしまいました。
コンテントエリアに画像がでず右下に!マークがついていてダブルクリックしてもFigureは立ち上がりません。(M5, Freak5 などのGensisおよび関連アイテム が出ません。M4, M6は無事です)

どうかお助けください。


Re: ダウンロードできません

まずお聞きしたいのですが、これまで使っていたDAZ Studio本体はどうやってインストールしましたか?
Install Manager(以下DIMと略します)を使ってダウンロードしたパッケージにアップデートがあった場合に、DIMがそれを知らせてくれます。そのため、ストアから実行ファイル(exe)をダウンロードして手動インストールしていた場合には、アップデートの知らせはありません。

アプリケーションのバージョンアップをする場合、DIMでインストールしている場合はDIMで、手動でインストールしている場合はやはり手動でのバージョンアップが必要です。
DIMを使った場合でも手動の場合でも、自動的にそれぞれの前のバージョンをアンインストールしてから新バージョンをインストールしてくれるので、特にバージョンアップだからと特別なことはありません。
ただし、DIMと手動を混在させてしまった場合は、試したことはありませんが不具合が出る可能性があります。アプリケーションに関してのみですが。

DAZ Studioのバージョンはメインメニューの Help > About DAZ Studio で表示されます。
まずは正常にバージョンアップできたかどうかを確認して下さい。Smart Contentタブの話はそれからです。

No title

お返事ありがとうございます。

まずDaz本体ですがこれはInstall Manager からダウンロードしました。

Update自体もDIMより上書きすればよいことがわかりました。

一度すべてのitemsをDIMよりアンストールしてリインストールするというのを試してみました。
このときDaz Studio6.4がありましたのでこれをリインストールしたところ
バージョンアップはできたようです。Helpで確認できました。
ありがとうございます。

ただ第5世代(M5)を含むアイテムのみいまだ復活できません。
こちらもアンインストールののちリインストールしたのですが
相変わらず状況はかわりません。
M5、Freak5 関連でProductで見るとpose など一部残っているものの肝心のacterが存在していないようです。(説明がうまくできず申し訳ありません)

第4世代および第6世代は全く問題がないようです。

追記2

Figureの存在場所を調べますと

通常のFigureは C:/Users/Public/Documents/MyDaz3Dlibrary/runtime/libraries/Character/Daz people という場所にありますが

smart contentで表示されない(開けない)ものは Daz People のあとにそれぞれ Michael 5, Freak 5, Daz Monstrosiies, Anatomy などのホルダーが作られていました。
(とくに設定したわけではありません)

追記3

なんどもすみません

Genesisだけの問題と思っていましたら
Genesis2 はHairがすべてsmart content で表示されていませんでした。
(content Library にはありました)

ただGenesis 世代で Aiden for M5  こちらはcharacter 表記のものですが

これはいまのところどの発見できておりません。

Re: 追記3

かっしおさんこんばんは。
まず、DAZ Studioで読み込むGenesis世代フィギュアの場所ですが、かっしおさんの場合だと次のようになります。
C:/Users/Public/Documents/MyDaz3Dlibrary/People/Genesis/Characters
/runtime/libraries内にあるのは全てPoser用のファイルですので、DAZ Studioには関係ありません。
※DIMでインストールしたファイルの場所の確認方法については次の記事をご参照下さい。
http://kotozone.blog55.fc2.com/blog-entry-343.html

次に、DIMでは「Michael5」の場合次の3ファイルが表示されます(Download Filtersの設定で減ります)
Michael 5 Genesis用のMichael5モーフとマテリアルなど
Michael 5 PoserCF Poser用のファイル
Michael 5 Legacy DAZ Studio 4.5より前用のファイル

Genesisフィギュアのベースである「Genesis Starter Essentials」と「Michael 5」の2つをインストールしておけば、DAZ Studio 4.6のSmart ContentタブのFigures>People>Male>Real Worldカテゴリに「Michael 5」と「Michael 5 Heroic」からフィギュアを読み込めるようになります。

「Michael 5」がインストールされているかは、「Genesis」を読み込んだ時に、ShapingタブのActor>Maleカテゴリに「Michael 5」「Michael 5 Hero」などがあるかどうかでわかります。
このモーフを適用して男性体型になるようであれば、Smart Contentタブのデータベースに問題がある可能性があります。
コンテンツディレクトリは「MyDaz3Dlibrary」だけですか?

わからないことがありました

丁寧な解説いつもありがとうございます。

インストールマネージャーより
「Genesis Starter Essentials」と「Michael 5」の2つ存在することを確認いたしました。

昨日、いろいろやってやっぱりだめでしたので
Daz Studio自体のクリーンインストールをPCのコントロールパネルより行いました。

Daz関連 Studio Conten Service とDaz Install Managerの2つが存在したのでuninstall したのですがStart Menu (windows7使用)をみるとDaz Studio 4.6(64bit)が存在しており
これをダブルクリックするとM5関連が表示されないものが立ち上がります。

プログロムを削除したはずなのにどうして立ち上がるのでしょうか?

>コンテンツディレクトリは「MyDaz3Dlibrary」だけですか?
コンテンツデレクトリはどうやって探せば良いのでしょうか?

これまでのことを振り返りますとUPデートするにあたり
前のFileの名前を代え新しいものを再インストールしたのだと思います。
(自分でやっていることながらよくわかっておらず申し訳ありません)

PCはHD内をCドライブ Dドライブに分けておりますがなかを探していくと
現在 アニンストールした状態でDAZ 3Dと名前のついたホルダーは

ユーザーの下の
マイドキュメントのなかに

1.DAZ 3D(>studio>My Library) 2014.5.27 21.55.の日付け このホルダーがあやしい

2.DAZ 3D 05-27(>studio>My Library) いままで使っていたホルダーの名前を代えました
2014.5.27.21.02の日付け

3.DAZ 3D old(>studio>My Library とRender Libraryがあります)
2013.11.23 以前にインストールマネージャーの調子が悪いとき再インストール。そのときの古いホルダーです)

もしかして 1.のDAZ 3Dを削除もしくは名前を代えて、新しくDAZ STUDIO 4.6Proを
インストールマネージャーよりダウンロードしたら問題は解決するのでしょうか?

説明がうまくできず申し訳ありません


新たにわかったこと

いろいろありがとうございます。
PC内をいろいろのぞいてみてわかったことがありました。

コントロールパネルでのDAZ Studio がWindows7のスタートメニューから消えず
気になっていたのですが

CMSを消すべくホルダー内を検索していて
Program Files と ProgramData のふたつのホルダーにDAZ3D のホルダーがあるのを見つけました。

構成は(ホルダー名)
C>Program Files>DAZ 3D>DAZStusio4> 以下 bin,displays,docs>DAZ Studio及び Plubins、
imageformats, phone backend, plugins>DzDrowStyle及びPowerPose, resorces(ホルダー内略)
scripts, shaders , vresources

C>ProgramDate>DAZ 3D> Content Management Service)(以下に>database )及びStudio4(以下に>DAZ Built-in Content

というものが見つかりました。

いづれもwondowsのコントロールパネルでDAZ関連プログラム(DIM と CMS)をアンインストールした状態でのご報告です。

PCのこともよくわかりませんので説明が下手で申し訳ございません。

Re: 新たにわかったこと

落ち着いて整理してみましょう。
 DAZ Install Manager
 DAZ Content Management Service
 DAZ Studio 4.6
この3つはアプリケーションです。

 Genesis Starter Essentials
 Michael5
この2つはコンテンツ(のパッケージ)です。

DIM(DAZ Install Manager)から「DAZ Studio 4.6」をインストールしているということですので、次の3つのアンインストールはDIMからのみ行えます。
 DAZ Studio 4.6
 Genesis Starter Essentials
 Michael5

「プログラムのアンインストールと変更」からアンインストールできるのは次の2つだけです。
 DAZ Install Manager
 DAZ Content Management Service
そのため、全部アンインストールしたつもりでも「DAZ Studio 4.6」が起動できたのは正常です。
ついでに言うとDIMはアンインストールする必要はありません。

少し気になったのですが、再インストール時にコンテンツディレクトリ[DAZ 3D/Studio/My Library]をリネームしているとのことですが、コピーしたのではなく直接リネームしたのでしょうか?
おそらくDIMがインストールするのはコンテンツディレクトリ[C:/Users/Public/Documents/My DAZ 3D Library]の方になっているはずですので、特に影響はないとは思いますが。

ところでGenesisを読み込んだ時にShapingタブで~というのは試されましたか?

加えて確認して欲しいことがあります。
DAZ Studio 4.6のSmart ContentタブでFiguresカテゴリをクリックした時に表示されるアイテム全て。
DIMでInstalledタブの「Michael 5」にマウスポインタをおいた時に表示される「Installed To」のパス。

スクリーンショットでも文字で書くのでも構いません。ユーザー名は伏せて下さいね。

No title

いつもご指導ありがとうございます。

確認しながらやっております
>Genesisフィギュアのベースである「Genesis Starter Essentials」と「Michael 5」の2つをインストールしておけば、DAZ Studio 4.6のSmart ContentタブのFigures>People>Male>Real Worldカテゴリに「Michael 5」と「Michael 5 Heroic」からフィギュアを読み込めるようになります。

Real World 以下すべてアイコン表示されません
表示されるActerアイコン右下に!がついています((3):DreakCharacter. (3):!!(3)Anderi Character,
(3):Basic Male, (3) :Michael 5 Heroic, (3):Michael 5の5つのアイコンが確認できます)
いずれのアイコンからもFigureは起動しません。

Could not open file :characters/Michael 5.duf file not exist と出ます


>「Michael 5」がインストールされているかは、「Genesis」を読み込んだ時に、ShapingタブのActor>Maleカテゴリに「Michael 5」「Michael 5 Hero」などがあるかどうかでわかります。
このモーフを適用して男性体型になるようであれば、Smart Contentタブのデータベースに問題がある可能性があります。

Genesisを読み込ませると灰色の基本のものが出ました。
shapingタブを表示させてもActor>Maleカテゴリ はありません。

No title

>DAZ Studio 4.6のSmart ContentタブでFiguresカテゴリをクリックした時に表示されるアイテム全て。
表示がおかしいもの
(3):!!!DreakCharacter、(3):!!Andrei Character, (3):0Taura1-LAMH, (3):0Taura2-LAMH,
(3):0Taura3-LAMH, (3):1-Lycan-CHR1, (3):1-Lycan-CHR2, (3):1-Lycan-LAMH1,(3):1-Lycan-LAMH2, (3): BeatMan CHR, (3):3LAMH....hesCut,(3):3LAMH Full, (3):3LAMH PantCut, (3):Basic Child , (3):Basic Female, (3):Basic Male, (3):Brute, (3):Freak Super. (3):Freak, (3):Infernal Behemoth, (3)Michael 5 Heroic, (3):Michael 5, (3):Skullcrusher Orge

アイコン表示されているもの
Battle Orc, Brandon, Cheetah, Dan Wolf, Dan, Doragon Slayer, Fiery Genesis, Figure -Barefoot Dancer, Genesis2 Base Female, Genesis2 Base Male, Genesis, Gianni, HWardenHigh, HWardenLow(Hwarden関連あと2つありますが名前が長すぎてわかりません)
Jaguar, Lopard, Lion, Liones, Logan, Michael 4、Michael6 SWOLE, Michael 6,
MOE Hair Bald, MOE Hair Black, MOE Hair Ginger, Puma, Ryze, Sabertooth, SubDragon LE, Sufer Guy, Taric, The Ripper, Tiger

基本的は質問だと思いますがアイコンのACTER表示、緑と青がありますがこの違いはなんでしょうか?

Michale5 のパス

>DIMでInstalledタブの「Michael 5」にマウスポインタをおいた時に表示される「Installed To」のパス。

Michael 5
C:/Users/Public/Documents/My Daz 3D Library

(Genesis Starter Essntial も同じパスでした)

かっしおさんこんにちは。
どうやら再インストールを繰り返した結果コンテンツ・データベースにゴミが残ってしまったことが、Smart Contentタブからアイテムを読み込めない原因のようですね。

アイテム名の前に(3)などの数字が付くのは、3箇所のコンテンツディレクトリに同じアイテムがある(という記録が残っている)という意味です。
アイテムのサムネイルに!マークが付くのは、参照先のファイルがないことを示します。
詳しくは次の記事をご参照下さい。
http://kotozone.blog55.fc2.com/blog-entry-298.html

コンテンツDBのメンテナンスをしなければいけないわけですが、「Content DB Maintenance」ウィンドウで「Remove Orphaned File References」にチェックを入れてAcceptしてみて下さい。

これで読み込めるようにならなければ、コンテンツDBのリセットをするしかありません。
方法は上記記事の通りです。

先日見てもらった「Michael 5」のインストールパスですが、次のファイルがあるかどうか確認して下さい。
C:/Users/Public/Documents/My Daz 3D Library/People/Genesis/Characters/Michael 5.duf
(パブリックのドキュメント内)
これが無い場合は「Michael 5」はインストールされていない(にもかかわらずDIMにはインストール済になっている)ということになります。

Actorの色の違いはタイプの違いなのですが、使用上特に差はありません。

確認いたしました

いつもありがとうございます。

Michael 5.duf 下記パスで存在確認いたしました。
C:\Users\Public\Documents\My DAZ 3D Library\People\Genesis\Characters

>コンテンツDBのメンテナンスをしなければいけないわけですが、「Content DB Maintenance」ウィンドウで「Remove Orphaned File References」にチェックを入れてAcceptしてみて下さい。

実行してみましたが変化はないようです



No title

いつもご指導ありがとうございます。

いろいろ試しております。

アイテムの前の数字、意味がわかりました。
たしかにCLからアイテムをだし、右クリックで Database>Preferred Fileを調べると3つのアイテムが確認できました。
C:/Users/Public/Documents/My Daz 3D Library/People/Genesis/Characters/Michael 5.duf
Characters/Michael 5.duf
Characters/Michael 5.duf

2つのCharacters/Michael 5.duf にチェックがついていたので
C:/Users/Public/Documents/My Daz 3D Library/People/Genesis/Characters/Michael 5.duf
を選択したところCLのアイコンが表示されるようになりました。
続いて Edit BasePath(S)より C:/User/Document/My DAS 3D/Library
を選択すると !マークが消え Content DB Mentenance よりRemove Orphaned File Reference
を実行するとSmart Content にもアイコンが表示されるようになりました。

しかしDBにはあと2つのCharacters/Michael 5.duf が残っているので アイコンには(3)がついたままです。

!のついたGenesis関連(FigureだけでなCharacter,くLightやモーフなど)も相当な数があります。

またアイコン表示されていないものもあると思います。

ここはコンテンツDBのリセット もしくは削除(過去記事 コンテンツDBを再構築する-CMSのアンインストールとコンテンツDBの削除)を行い、それからインストールマネージャーで製品を再インストールすればよいのでしょうか?

いまのところ残したい設定とかはありません。
My Library の Scenes だけ別の場所で保存し、あとはまっさらではじめれます。

よろしくお願いいたします。

No title

お世話になっております。

今晩は、過去記事に従いましてCMSのアンインストールとコンテンツDBの削除を試してみました。

操作自体は記事のとおり進みCMSの停止からメタデータの登録まで問題なく進みました。

しかしSmart Contentの中身は以前とかわらず !と(3)が表示されたままでした。

!につきましては地道にContent Library内のProductsから!のついているもののpathを直せば表示できそうですが、現在のところAuto-Fit機能などは働いておりません。

かっしおさんこんばんは。

「PostgreSQL CMS」には切り替え済みなのでしょうか?
もし、そうでしたら下の記事に書いてある手順ではだめです。
http://kotozone.blog55.fc2.com/blog-entry-309.html
すでに「Valentina CMS」のデータベースは使われていないので、それを削除する意味はありません。

Content Libraryタブのオプションメニュー「Stop CMS」でSmart Contentタブに「Start CMS」ボタンが表示されるようでしたら切り替え済みということになります。

DAZ Studio内で完結するデータベース再構築の手順は次の通りです。
 1)「Content DB Maintenance」ウィンドウで「Reset Database」にチェックを入れてAccept
 2)Smart Contentタブに何も表示されなくなったことを確認
 3)「Content DB Maintenance」ウィンドウで「Re-Import Metadata」にチェックを入れてAccept
 4)出現するウィンドウ(ここでデータベースに登録されるパッケージの確認ができます)でAccept

これでだめでしたら、DIMを使ってコンテンツパッケージをアンインストール&フォルダ確認&再インストールが必要になると思います。

なんとか回復したようです

いつもありがとうございます。

本日、教えていただいた方法で、データベースの再構築をいたしました。

やっとSmart Contentが前のように戻りました(!や(3)が消えています)
Smart Content をproduct 表示にしたとき!がでて製品の画像がでないものも2つほどありましたが
なかを開くことはできます。
(念のためにDIMよりアンインストール、インストールしてみましたが変わりませんでした)
Auto-Fitやモーフも作動しました!!!

「PostgreSQL CMS」には切り替え済みなのでしょうか?
PostgreSQL CMS 過去記事を読ませていただきましたが、特に設定をしてはおりませんので
こちらは私の環境下では関係ないと思ってよろしいでしょうか?
(Valentina CMS とは何でしょうか?)

Content Libraryタブのオプションメニュー「Stop CMS」でをおしてもSmart Contentタブに「Start CMS」ボタンは表示されませんでした。(小さなWINDOWでStop modeの選択はでましたが)

なにはともあれ、やっと普通にDaz Stadioを使えるようになりこんなにうれしいことはありません。
本当に毎日、ご指導ありがとうございます。
今回のご指導のおかげでやっとDAZのしくみを少し理解することができました。
(ずっとDaz Studio Pro4.6というプログラムが動いているものと思っていました。またいろいろな管理はwindowsのコントロールパネルではなくDIMで行うものというのもやっと理解いたしました)

Re: なんとか回復したようです

かっしおさんこんばんは。
なんとか復旧したようで安心しました。
今はごく一部のアプリケーションやプラグインを除けば、ほとんどのDAZストアの商品をDIMでインストールできるようになっていますね。そしてそうしたものは以後DIMで管理することになります。

ただDIMはインストールマネージャというだけなので、DAZ Studioはそれで独立して動いています。
これまでのように単体のインストーラでインストールして、アンインストーラ(プログラムのアンインストールと変更)でアンインストールする、という手順ではなくなったというだけです。

DIMのInstalledタブのリストに「PostgreSQL CMS」があったら「PostgreSQL CMS」切り替え済みになります。
非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン バージョンアップ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー ERC D-Form Miki2 IDL 大気 物理シミュレーション M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 アナグリフ カメラ インスタンス RAMDisk ロボット Genesis8 3Dプリント GIMP SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター