スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Content Creator Toolkit その13:Geometry Editorでの辺/頂点選択

Category : Content Creator Toolkit
Geometry Editorツール(旧Polygon Group Editorツール)はもともとフィギュアのポリゴンを選択して、ポリゴン・グループを作るのが目的のツールでした。バージョンアップにつれてリジッド・フォロー・ノードの作成やOpenSubdivのウェイト調整、さらにはポリゴンの削除などの編集機能が加わり、名称の変更にまで至ったと思われます。

その中でも大きな機能追加は、フィギュアのポリゴン(Polygon)だけではなく、エッジ(Edge)、バーテックス(Vertex)の選択ができるようになったこと、つまり選択タイプという概念が加わったことです。
それと共に、リジッド・グループの作成は選択タイプ:バーテックスの時に、OpenSubdivのウェイト調節は選択タイプ:エッジ/バーテックスの時に行えるように追加・変更されました。

今回は選択タイプのご紹介と、バージョンアップで追加された機能の中から、選択セットの作成とOpenSubdivのウェイト調節ついてをまとめました。

CCT geometryeditor SS

※過去記事『Content Creator Toolkit その3:Geometry Editorツール』『Content Creator Toolkit その4:Node Weight Map Brushツール』について、現在の仕様にあわせて記事の追記・修正も行っています。


■選択タイプの切り替え

DAZ Studioにおいてオブジェクトはたくさんのポリゴンで形成されています。
その1つ1つのポリゴン(Polygon)を面とすると、それにはエッジ(Edge:辺)とバーテックス(Vertex:頂点)が必ずあるわけです。
Geometry Editorツールではポリゴンだけでなく、選択タイプを変更することでエッジまたはバーテックスを選択することができます。
そのためにはビューポートの右クリックメニューからSelection Typeを変更するか、
CCT geometryeditor 選択タイプ変更メニュー

Tool Settingsタブの左上のアイコンをクリックすることで切り替えます。
CCT geometryeditor 選択タイプアイコン

選択タイプ:エッジの時はエッジの選択のみができ、選択されたエッジは強調色になります。
CCT geometryeditor プレビュー エッジ選択

選択タイプ:バーテックスの時はバーテックスの選択のみができ、選択されたバーテックスには強調色の点が表示されます。
CCT geometryeditor プレビュー 頂点選択

まだそれほど便利と感じる機会はないかもしれませんが、一応ジオメトリの選択状態は選択タイプごとに記憶されていますので、誤って選択タイプを切り替えてしまったとしても元の選択タイプに戻れば大丈夫です。

また、選択状態を他の選択タイプのそれに変換することもできます。
右クリックメニューから Geometry Selection > Convert Selection 以下のメニューをつかいます。
CCT geometryeditor コンバートメニュー

例えば、選択タイプ:ポリゴンでポリゴンを選択してConvert to Edge Selectionを実行すれば、選択されているポリゴンに含まれるエッジが選択状態になるとともに、選択タイプがエッジに切り替わります。
CCT geometryeditor 選択コンバート

また、Geometry Selection > Select Boundaryは少し特殊なメニューで、選択タイプ:ポリゴン時にあらかじめポリゴンを選択した状態で選択タイプをエッジまたはバーテックスに切り替え、メニューを実行すると全選択ポリゴンの境界上のエッジ/バーテックスが選択されます。
CCT geometryeditor 境界選択


■選択セットの作成

Geometry Editorツールを使う上で、ポリゴン/エッジ/バーテックスの選択状態を記憶させ、必要に応じてその状態を呼び出したいと思うことがあります。各ポリゴングループから選択/非選択にするのも便利なのですが、もっと手軽に使えるのが選択セット(Selection Sets)です。
Surfacesタブにもサーフェイス選択セット(記事はコチラ)というものがありましたが、Geometry Editorツールにおける選択セットはもっと単純なものです。

選択セットを作成することで、ポリゴン/エッジ/バーテックスの選択状態を記憶し、それをワンクリックで復元することができます。

手順は簡単で、ビューポートでの右クリックメニューから Geometry Assignment > Create Selection Set from Selected を実行します(Tool SettingsタブのSelection Setsグループ名上での右クリックメニューからも実行できます)。
CCT geometryeditor 選択セットメニュー

選択セットの名前を決めるダイアログが出現しますので、ユニークなものを入力してAcceptして下さい。
CCT geometryeditor 選択セット名ダイアログ

すると選択中のジオメトリが選択セットとして登録されます。
CCT geometryeditor 選択セット表示

登録した選択セットはフェイス・グループなどと同じように、Tool SettingsタブのSelection Setsグループに表示され、選択範囲に加えたり(Add)、選択範囲から外したり(Sub)、非表示にしたり(Vis)することができます。

選択セットはGeometry Editorツール内での臨時的なものですので、オブジェクトのジオメトリデータ(dsf)には含まれず、シーンデータやプリセットデータ(duf)に保存されます。


■OpenSubdivのウェイト調節

エッジ選択、バーテックス選択ができるようになったことはわかりました。ではそれはどのような場合に使うのでしょうか。
その一つがサブディビジョン・サーフェイス(OpenSubdiv)のウェイト調節です。
サブディビジョン・サーフェイスとはポリゴンを一定の規則で細分割して滑らかな曲面を得る技術で、OpenSubdivはピクサー社が開発したサブディビジョン・サーフェイスの手法です。OpenSubdivは従来のサブディビジョン・サーフェイスに比べて、ウェイトを設定することで少ないポリゴン数でも鋭角なエッジを得られるという特長があります。

一つ単純なプリミティブで試してみましょう。
※以下のプレビュー画像ではポリゴンの形がわかりやすいように、ビューポートのDrawStyleをWire Shadedにしてあります。

 (1)メインメニューから Create > New Primitive を実行し下の画像のようなオプションで円柱を作成します。
CCT geometryeditor 円柱作成 作成オプション

このままでは円というには角ばってしまっている円柱です。
CCT geometryeditor 円柱作成 プレビュー1

 (2)Sceneタブで作成したcylinderを選択し、そのオプションメニューから Edit > Geometry > Convert to SubD を実行します。
CCT geometryeditor 円柱作成 メニュー1

円柱の角が丸まりましたが、全面にSubDがかかったため米俵のような形状になっています。
CCT geometryeditor 円柱作成 プレビュー2

※SubDを適用した時に、オブジェクトのエッジ部分に穴が開いてしまう場合があります。これはポリゴンが接続されていなかった部分に起こる現象で、このようなオブジェクトはSubDに適しません。

 (3)ビューポートでいまひとつSubD後の形状がわかりにくいので、プレビューの細分割レベルを上げましょう。Parametersタブのサイドメニュー>General>Mesh Resolutionグループをクリックし、SubDivision Levelプロパティを3に上げます。
CCT geometryeditor 円柱作成 SubDレベル
※ウェイトを調節するためには、SubDivision Algorithmが「Catmark」である必要があります。

プレビューがレンダリング時と同じぐらいの見た目になりました。
CCT geometryeditor 円柱作成 プレビュー3

ただし、オブジェクトのポリゴン数によっては爆発的にプレビューのポリゴン数が増えることになり、処理が重くなる場合がありますのでご注意下さい。

 (4)メインメニューから Tools > Geometry Editor を実行して、Geometry Editorツールを装備します。
CCT GeometryEditor ツールメニュー

 (5)ビューポートの右クリックメニューから Selection Type > Edge Selection を実行し、選択タイプをエッジに切り替えます。
CCT geometryeditor 選択タイプ変更メニュー

 (6)円柱の上面の円の円周の1つのエッジを選択します。続けて、ビューポートの右クリックメニューから Geometry Selection > Select Loop を実行します。
CCT geometryeditor 円柱作成 メニュー2

これで上面の円周全てがエッジ選択されます。
CCT geometryeditor 円柱作成 プレビュー3b

 (7)ビューポートの右クリックメニューから Subdivision Weight > Set Subdivision Weight を実行し、出現したダイアログに「10」と入力してOKします。
CCT geometryeditor 円柱作成 メニュー3
CCT geometryeditor 円柱作成 SubDウェイト設定ダイアログ
このメニューで選択したエッジ/バーテックスのウェイト値を調節することができます。

上面が平らに戻りました。しかも円になっています。
CCT geometryeditor 円柱作成 プレビュー4


 (8)円柱の下面の円周にも(6)~(7)の処理をします。
これで堂々と円柱と言える円柱になりました。
CCT geometryeditor 円柱作成 プレビュー5

                    *

ウェイト値は0~10で調節することができ、高いほど角になります。
また、エッジとバーテックスではウェイト値は完全に別の効果が現れ、例えば先ほどの円柱の全バーテックスのウェイト値を10にすると次の画像のようなイガイガな形状になります。
CCT geometryeditor 円柱作成 プレビュー6

もう一つテクニックとして、角にしたいエッジのウェイト値を3~5ぐらいで留めておくことにより、工業製品や日用品などに見られる、面取りした(ベベリング)形状にすることができます。こうすることによりエッジにハイライトが入りやすくなり、レンダリングのリアリティを増すことができます。
CCT geometryeditor 円柱作成 面取り
※マテリアルを調節してGlossinessを70%にしてあります。

ウェイト調節は右クリックメニューからまとめてする方法の他に、Tool Settingsタブですることもできます。
Tool SettingsタブをDetailsページに切り替えると、選択したジオメトリの情報がリストアップされます。この時選択タイプがエッジ/バーテックスの場合はウェイト値(SubD Weight)も表示されるので、直接数値入力をすることができます。
CCT geometryeditor タブでのウェイト変更

またリストを複数選択した状態から、右クリックメニューで一括して数値を調節することも可能です。
・Select All Indices全てを選択する。
・Set Selected Weightウェイト値を一括入力する。
・Add To Selected Weightウェイト値を入力した分、加算する。


■今日の一枚

Cubeから階段を作って、SubDを適用したものでシーンを作ってみました。
登場したばかりの『Lilith6』にしてみたのですが、お恥ずかしながらそのまんまのイメージです。
それにしてもGenesis2はオフィシャルからキャラクターモーフ出すぎですね。

階段上のリリス
Character:Lilith 6
Hair:Desideria Hair
Costume:Dark Heart for Genesis 2 Female(s)




今回の画像の素材はこちら

Lilith 6

Lilith 6 Starter Bundle

Lilith 6 Pro Bundle

Dark Heart for Genesis 2 Female(s)

Desideria Hair



テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン バージョンアップ カスタマイズ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。