スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリアライトを使った全天ライトセット『Sphere of Light』 -4

Category : その他ライト
DAZ Studio用の全天ライトセット『Sphere of Light - Enviroment Lighting』の紹介記事の続きです。




Sphere of Light - Enviroment Lighting

※プレビューで背景テクスチャが表示されなくなる条件について追記しました。(2014.11.19)

< ■太陽の位置を把握する方法


■Sphere of Lightの特徴

これまでご紹介してきました『Sphere of Light』ですが、他の野外ライトセットや、同じベンダーの『Ring of Light』などと比べてどのような特徴があるのでしょうか。
まず、私が使用してみた上で挙げたいのが次の特長です。

 (a)エリアライトによるやわらかな光のスカイライト
 (b)エリアライトを使いながらも指向性の高い光のサンライト
 (c)背景テクスチャがライトの強度・色に反映される

面積のある物体が光源となるエリアライトを使っているため、シーン上のオブジェクトをまんべんなく照らすスカイライトに適しているのは当然ですが、指向性が高くくっきりした影ができるサンライトをもエリアライトで作られているのは意外性があります。

(c)は『Sphere of Light』の一番のアイデアであり、重要な要素だと思うのですが、実はスカイライトとサンライトの強度や色は用意されている全てのプリセットで同じです。これに空のテクスチャの色を反映させることでライトの強度や色を変化させています。言わば『Sphere of Light』は全天規模のジェルライト(色フィルターをかぶせたスポットライト)です。

このような特長から、『Sphere of Light』では次のようなシーンのライティングが可能です。
寒くなってきたので水着
Character:Lilith 6
Skin:Tigerlily
Hair:Hikari Hair
Costume:Cross Halter Bikini for Genesis 2 Female(s) , Textures for Cross Halter Bikini
Light:Sphere of Light - Enviroment Lighting

このシーンではライトの強度を変更しています(加えてフォトレタッチソフトで白いグラデーションのレイヤーをうっすらと重ねてあります)。手動でライトの強度を変更する場合、Surfacesタブで次のプロパティを調整して下さい。

 ・スカイライト サーフェイスグループ「S2」のLight > Intensity
 ・サンライト サーフェイスグループ「Sun」のLight > Intensity

同じシーンに『Ring of Light』を使ってライティングした場合は、太陽光の強烈な光と影は得られませんし、横方向からの光になってしまいます。
Ring of Light使用

一方、『Sphere of Light』には弱点もあります。

 (d)プレビューでライトの強度や向き、背景テクスチャがわからない
 (e)レンダリング時間が長め
 (f)Subsurfaceシェーダーと相性が悪い

(d)については前項目「太陽の位置を把握する方法」を参考にしてみて下さい。
また、プレビューの設定(PreferencesのInterfaceタブ)で「Per Pixel Shading」がOnになっていると、背景テクスチャが正常に表示されません。

エリアライトを使っていて、さらにその光源が全天にあり、またその仕組み上半透明テクスチャを使っているため、(e)の問題があります。さらに「Indirect Lighting Camera」を使うともっとレンダリング時間が長くなってしまいます。「Sphere Quality Settings」を調節したり、プログレッシブ・レンダリングを活用したりして、ファイナルレンダリングまではなんとかレンダリングコストを下げたいものです。

なんとも対策ができそうにないのが(f)の問題です。例えば、上のシーンを『Lilith6』の初期マテリアルでレンダリングすると、次の画像のように肌にまだら模様が出てしまいます。
Sphere of Light Subsurfaceシェーダー問題

今回のシーンではUberSurfaceシェーダーを使ったマテリアルを適用することで、この問題を回避しています。
Subsurfaceシェーダーは現在、Genesis2世代のDAZ製マテリアルのほとんどに採用されてます。そのため『Sphere of Light』で人物をレンダリングしてみて、この問題にぶち当たる可能性が高いのが残念なところです。
サードパーティ製のキャラセットなどに含まれているSubsurfaceシェーダーを使っていないマテリアルを使うしか、回避方法はなさそうです。



今回の素材はこちら

Lilith 6

Tigerlily

Cross Halter Bikini for Genesis 2 Female(s)

Textures for Cross Halter Bikini

Hikari Hair

Ring of Light - Environment Lighting


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン バージョンアップ カスタマイズ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。