スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reality4 その2:Lightsタブ

Category : Reality
『Reality4 DAZ Studio Edition』では、インターフェースや表示されるプロパティが整理され、マテリアルやライトの編集がしやすくなりました。
そこで今回は、Reality4でサポートされるLuxRenderのライトについて、Lightsタブの内容とともに改めてご紹介していきたいと思います。
ライトの種類については、Reality4で追加されたもの以外でこれまでにも使ってきたものは過去の記事をご参照下さい。
また、IBLについてはSmart IBLの使い方をご紹介します。

Reality4Lights SS


■Lightsタブでの編集

Reality4Lights Lightsタブ

ここではシーンに存在する全てのライトがリストアップされています。
リストにはそれぞれのライトについてライト名(Name)、ライトの種類(Type)、ライトグループ(Group)、有効化(Enabled)が表示されます。リスト上ではEnabled欄のみ編集可能で、チェックを入れた状態でそのライトがオンになります。

Light propertiesエリアでは選択しているライトに関しての設定ができます。

・Sunライト(SunSkyライト)
Reality4Lights ライトのプロパティ SunSky
・Sun gainSunライトの強度の倍率です。
・Sun turbidity大気の状態に関するプロパティのようです。
・Sun sizeカメラに写る太陽の大きさです。
・Sky gainSkyライトの強度の倍率です。
・Sky turbidity大気の状態に関するプロパティのようです。
・New-style skyチェックを入れると地平線付近の空の色が変わります。赤土から黄土に?

・IBL
Reality4Lights ライトのプロパティ IBL
・IBL fileIBLソースとして使う画像ファイル、またはSmartIBLファイルを指定します。
・Intensityライトの強度の倍率です。
・Y Rotation天球のY軸回転です。同時に光の方向も変わります。
・GammaIBLのガンマ値です。
・IBL Image TypeIBLソースの画像ファイルの形式です。
・Environment color説明にはIBLマップに掛け合わされる色とあります。

・その他のライト
Reality4Lights ライトのプロパティ その他
・Gainライトの強度の倍率です。
・Power (Watts)ライトの強度を電力(ワット)で設定します。
・Efficiencyライトの発光効率です。単位はルーメン/ワットになり、同じパワーのライトでも発光効率が違うと明るさが変わります。
・Light GroupこのグループがLuxRender上でライトを調節する単位になります(Light Groupタブ)。メッシュライトを複数使う場合などはグループを分けておくと便利です。
・Cone angleスポットライトのみで有効になるプロパティです。
・Cone featherスポットライトのみで有効になるプロパティです。値が高いほどライトのエッジがソフトになります。
・Invert directionメッシュライトのみで有効になるプロパティです。チェックを入れるとライトの向きがメッシュの裏面方向になります。
・Alpha channelメッシュライトのみで有効になるプロパティです。チェックが入った状態で下記のImage fileの設定をすると、その画像ファイルをメッシュの透過マップとして扱います。そして結果的にライトのシェイプを変えることができます。
・Convert to Materialマテリアルからライト化したメッシュライトのみで出現するボタンです。クリックすると元のマテリアルに戻ります。
・Color modelライトの色を変更します。Color temperature(色温度)/RGB(RGBカラー)/Preset(プリセット)の3種類の設定方法から選べます。Presetはろうそくの炎、アルコールの炎、青色LEDなどあらかじめ用意されたプリセットから選びます。
・Image fileライトにテクスチャマップを付加します。スポットライトの場合はプロジェクター(Projectors)として、メッシュライトの場合はメッシュの透過マップとして働きます。
・IES FileライトにIESライトプロファイルを割り当てます。IESファイルは照明器具のメーカーのホームページなどで入手できます。



■Smart IBLの使い方

Reality4ではHDR LabsのsIBLアーカイブからダウンロードできるSmart IBLをサポートしています。

そのサイトでダウンロードしたzipファイルには、HDRのIBLソース画像だけでなく、背景用画像や反射マップ用画像なども含まれています。それらの設定が収められているのが.iblファイルで、Reality4ではこの.iblファイルを参照し、それに準じたIBLの最適な設定をしてくれます。

使い方は簡単です。

 (1)ダウンロードしたzipファイルを適当な場所に解凍します。

 (2)Reality4のLightsタブのリストで「IBL」を選択します。

 (3)IBL file欄横のChangeボタンをクリックし、(1)の場所にある拡張子.iblのファイルを指定します。

これだけでIBLのプロパティを設定してくれるだけでなく、シーンに「RealityIBLSphere」という背景用画像を張った天球オブジェクトも配置してくれます。


■プロジェクター

ライトの種類の一つとして数えられているプロジェクター(Projectors)ですが、どんなライトかというと市販されているプロジェクターそのままのイメージです。
映せるのは画像ファイルなので、ジェルライトと言った方が合っているかもしれません。

使い方はReality4のLightsタブで、スポットライトのImage file欄に画像ファイルを指定するだけです。
Reality4Lights プロジェクター化


■ライトエミッション

既に、オブジェクトのマテリアルグループ(サーフェイス)をメッシュライトに変換する「Convert to Light」という機能がありますが、ライトエミッション(Light emission)はマテリアルのままサーフェイスを発光させます。
いわゆるアンビエントです。

使い方はReality4のMaterialsタブのリストで発光させたいサーフェイスを選択し、プロパティのModifiersタブにあるLight emissionにチェックを入れます。
Reality4Lights ライトエミッション

ライトエミッションに関するプロパティは次の2つがあります。
・Textureライトの強度マップとしてテクスチャを指定できます。
・Light gainライトの強度の倍率です。

「Convert to Light」と違いライトエミッションは、ヌル以外の全てのマテリアルタイプで付加的に使用できる利点があります。ただ、これで周囲が明るくなるのがわかるぐらいの露出でレンダリングすると、だいたいそのサーフェイスは素材がわからないぐらい白とびしています。
また、ライトエミッションはLightsタブには表示されませんが、独立したライトグループが割り当てられますので、ライトの色を変更したい場合などはLuxRenderのLight Groupタブで調節することになります。


■今日の一枚

今回はプロジェクターを使ってこんなシーンを作ってみました。
最近イベントだけでなくミュージックビデオなどでもさかんに使われているプロジェクションマッピングみたいなことができないかなと使ってみました。とはいえ静止画ですしポジションもアバウトでたいそうなものではないのですが、立体物をスクリーンにするというのは面白いです。ライトの強度の調整とレンダリング時の露出の設定(Tonemapping:Linear)をきちんとする必要がありますが、わりとはっきり映ってます。

炎の兵士
Character:Gianni 6
Costume:Mec4D Hoplite Soldier for Genesis 2 Male(s)
Environment:DM's Memorial
IBL Source:Frozen Waterfall (sIBL)
Renderer:LuxRender 1.3.1 (Reality4 DAZ Studio Edition)

このシーンでは炎の画像をセットしたスポットライト4灯をキャラクターに向けて当てています。そして最低限のアンビエントライトとして、SmartIBLの「Frozen Waterfall」を使わせていただきました。



今回のツールと素材はこちら

Reality 4 - DAZ Studio Edition

http://www.daz3d.com/gianni-6

Mec4D Hoplite Soldier for Genesis 2 Male(s)

DM's Memorial

Ron's Flames


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン バージョンアップ カスタマイズ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。