DAZ Studio 4.9 Proが正式公開

Category : 製品ニュース
DAZ Studio 4.9 Proが正式に公開され、DAZ Install Managerでインストールすることができるようになっています。

今回はバージョンアップ内容に行く前にインストールに際しての注意点からご紹介します。

 ・バージョン4.8で必ずユーザーデータのバックアップを取っておく。
Smart ContentタブまたはContent Liberaryタブのオプションメニューから「Content DB Maintenence」を実行し、Export User Dataにチェックを入れてAcceptして下さい(DAZフォーラムの該当トピックはコチラ)。

 ・クラウドからのインストール先がベータ版から変更された。
DAZ Connect Dataとして新規のコンテンツディレクトリが作成されますので、ベータ版でインストールしたものはアンインストールしておくか、DAZ Studio 4.9のContent Directory Manager(Content Libraryタブのオプションメニュー)でデフォルトパスを(おそらくDAZ Studio Formatsの1番目と同じに)変更する必要があります。

 ・このバージョンからIrayレンダリングでのSSSの色味が変わってしまう(キャラクターの肌など)。
TranslucencyとSSSの改善により、SSS Reflectance Tintを使っているシェーダーでは以前より肌が青っぽくなります。これについてはSSS Reflectance Tintを(1,0.88,0.67)などの黄系の色にすると良いとあります。
DAZ製のフィギュアやキャラクターは公開から1,2週間でこの修正が入るので(おそらくサードパーティ製のものもアップデートされるでしょう)、バージョン4.8のままにしておく場合は内容をチェックしてからアップデートするようにして下さい。
※Genesis3系のアップデートでは、初期マテリアルをDS4.9対応済みのものに、マテリアルプリセット「~ Iray Legacy」としてDS4.8以前対応のものを追加するという形になっています。

 ・バージョン4.9でインストールしたコンテンツはバージョン4.8以前に反映されない。
DAZコネクトからはコンテンツディレクトリのdata\cloud以下のフォルダにインストールされます。

 ・以前のバージョンで保存してユーザーデータ化した&DS4.9で保存したシーンデータなどがデータベースに登録されない。
環境依存のものなのか仕様なのかわかりませんが、私の場合ではこうなってしまいました。追加検証してみます。
※一時的にユーザーデータがデータベースに登録されない状態になってしまっていたようで、Install Managerで「PostgreSQL CMS」を再インストールすることで解消されることは確認しましたが、また同じ状態に陥ってしまいました。
※ユーザーデータ内の実体がない項目をテキストエディタで削除してから登録することで、今のところデータベースに登録されたままになっています。

ではバージョンアップ内容に入りましょう。
このバージョンアップについてのDAZフォーラムのトピックはコチラです。
主なバージョンアップ内容は以下の通りです。

 ・DAZコネクトの実装
DAZコネクトとはDAZ 3D(DAZストア)にDAZ Studioから直接接続することで、これまでよりレスポンスの良いサービスを可能にするものです。
DAZコネクトを利用するためには、起動時のダイアログまたはSmart ContentタブからDAZストアのアカウントにログインする必要があります。

 ・Smart Contentタブの拡張
DAZコネクトを使用することで、Productsページでクラウドからのインストール&アップデートをしたり、StoreページでDAZストアからシーンにあるアイテムの関連商品を探して購入したりすることが可能になります。

 ・NVIDIA Iray及び3Delightレンダリングエンジンのアップデート
それぞれIray 2015.3.6, build 246000.9999、3Delight 12.0.27にアップデートされました。

                    ***

DAZ Studio 4.8のわかりやすい劇的なバージョンアップとは違い、今回はどちらかというとDAZストアがリニューアルしたのに近いようなバージョンアップ内容となっています。
これでInstall ManagerからDAZコネクトへ移行していくのかというとそうでもなく、並行して利用することができると明記されています。DAZコネクトで扱うファイルは暗号化されており(DAZストアのマイページからダウンロードできるファイルも暗号化されたものに変わっています)、著作権保護のために移行するのかと思いきや、Install Managerでこれまで通り普通のzipファイルをダウンロードできます。
※DAZストアからこれまで通り普通のzipファイルもダウンロードできます。

DAZコネクトの登場によって、購入したコンテンツをまず自分のPCにダウンロードして~、という流れはもう捨て去っていいのではと思いました。使うものだけその都度インストール(使いたいものがあったら購入)、使わなくなったらアンインストールでも全然問題なさそうです。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Comment

No title

記事ありがとうございます。

DAZコネクトがよく分かっていなかったので、参考になりました。
ネット上のライブラリに依存して作業していてネットワーク障害でえらい目にあったことがあるので、とりあえず慣れている今までの方法で使い続けようと思います。

ところで今回のバージョンアップで私が困っているのは、記事にもある色味の変化です。
SSS Reflectance Tint を変えて色調を合わせるのは結構面倒です。
もっと簡単に互換が取れるようにして欲しかったですねー。

makuraeさんコメントありがとうございます。
そうですね、今のところはクラウドに取り出しやすい形でバックアップがある、くらいの感覚で良いのではないかと思います。

肌のSSSの色味の変化は困りものですね。
私はこのように多数のサーフェイスの一部のパラメータだけを変更したい場合、シェーダープリセットを使っています。
今回の場合だと変更後のSSS Reflectance Tintだけをシェーダープリセットとして保存しておき、適用したいマテリアルグループにそれを読み込むだけです。
複数のマテリアルグループに一度に適用できるのでオススメですよ。

No title

Kotozone さん、ご教示ありがとうございます。

シェーダープリセット、すっかり存在を忘れておりました。
お教えいただいた方法、かなり良さそうな感じです。
さっそく使ってみようと思います。
どうもありがとうございました。


No title

DAZ Studio 4.9.1 にアップデートされましたね、
それで、もう 4.9をインストールしても良い頃合いかと思ったのですが、
一つ理解らない点があるので、教えて頂きたいのです、

「・バージョン4.8で必ずユーザーデータのバックアップを取っておく。」
というのは何の為なのか? バックアップを何に使うのか?

その目的が何なのか判らないのです。

私の場合、DAZコネクトは全く使わず、
これまで通り、Install Managerと、マニュアルInstall (Renderosity 等)で行きます。

> DAZ Studio 4.9.1 にアップデートされましたね、

4.9のバージョンアップ関連の細かな修正や調整が入ったようです。

> 「・バージョン4.8で必ずユーザーデータのバックアップを取っておく。」
> というのは何の為なのか? バックアップを何に使うのか?

ユーザーデータとは、ユーザーが保存したシーンファイルやプリセットファイルをSmart Contentタブなどに表示するためのメタデータのことです。
これをファイル化しておくことで、コンテンツデータベースをリセットした場合でもそれらファイルの登録を復活させることができます。

DS4.9にバージョンアップするとコンテンツデータベースが拡張されます。その際に不具合などが発生しても元の状態に戻せるように、ユーザーデータをバックアップしておきましょう、ということだと思います。
実際私の場合ユーザーデータが引き継がれませんでしたが、それを再読み込みすることで無事に復旧できました。

DAZ Studio 4.9.2.70

DAZ Studio 4.9.2.70 にアップデートされましたね、
バグつぶしも進んだようで、良い頃合と判断し、インストールしてみました。

まだ少ししか使っていないけれど、DAZ Studio 4.8よりも動きは良いです。

しかし、
NVIDIAがアップデートされたので、
現有のビデオカードでは対応せず、Iray Sharder は苦しくなってしまいました。
その上に、DAZ Studio 4.8 = Lrgacy の Iray Material Presets は使えないので、
現有の殆どの製品は、Iray を自分で設定する必要があるので大変です。
結局、Iray Sharder は滅多に使えなくなってしまいました。

でも、
3Delight Shader は品質良く速くなっていて、自分で設定し直す必要もないのが良いです。

もはや、インストーラーが無いDAZ Studio 4.8 に戻せないので、
このままにするしかありません。

No title

 4.9ですが、私の環境ではレイアウトをCitylimitsにすると、Viewportがサイズ固定になってしまい、一部のエリアが他のPaneの下に隠れてしまいますね。フォーラムにも報告が出てますので、じきに修正されるでしょうけど、それまで待てない方は似たような画面構成のCitylimitsLiteを使われるといいかもしれません。LiteでのViewportはサイズ可変で動作してくれます。

Re: DAZ Studio 4.9.2.70

どのビデオカードをお使いかわからないのですが、Iray2015.3.11にアップデートされたためでしょうか?
まだお試しでないなら、ドライバのアップデートをしてみてはいかがでしょうか。
Irayが使えないのはもったいないので、それでもだめならDAZのサポートに連絡してみて下さい。

> Cyawcatさん

私の環境では発生しなかったのですが、高DPIディスプレイに対応させたアップデートのせいかもしれませんね。
もともと私はCityLimitLiteをカスタマイズして使っているというのもありますが。

No title

対応ドライバは最新で最終版らしいです、
Irayレンダリングはできますが、
グラフィックカードのNVIDIAが働かないので、
CPUのみでレンダリング時間が大幅に遅くなったので、
Iray Sharder は苦しくなってしまった訳です。

なるほど、そのような状況だったのですね。
対応ビデオカードについてはDAZ Studioの動作環境には
「NVIDIA video card with 4+GB vram and 4 CUDA cores recommended.」
としかありませんので、CUDAの対応世代というのがあるのかどうかわかりません。

もしかしたら、下のページのリストの数字が小さいものから徐々に対応外になっていくのでしょうか。ちょっと怖いですね。
https://developer.nvidia.com/cuda-gpus

No title

>もしかしたら、下のページのリストの数字が小さいものから徐々に対応外になっていくのでしょうか。
https://developer.nvidia.com/cuda-gpus

そうだと考えられますね。
非公開コメント

著書
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン カスタマイズ SSS バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター