Render Throttle for DAZ Studio その2:使い方

Category : Render Throttle
『Render Throttle for DAZ Studio』紹介の第2回です。
今回は実際の使用法と、設定の仕方を見ていきます。

※このプラグインはDAZ Studio 4以降では動作しません。その代わり、一部の機能は保存できるようになったRender Settings Presetでまかなえます。


■RTの使い方
インストールすると、DSのメインメニューに Render > RenderThrottle が追加されます。
RTメニューバー
順に見ていきましょう。
RenderThrottle
設定ダイアログが現れます。ここで、プリセットのパラメータの変更が出来ます。さらにダイアログのRenderボタンを押すと、そのままレンダリングが開始されます。(注:現在Renderボタンを押さないと設定が保存されないようです)
RenderThrottle Last
前回RTでレンダリングしたときの設定を使い、レンダリングを開始します。
RenderThrottle 『Hi』~『XLo』
4つのプリセットの設定でそれぞれレンダリングを開始します。
初期設定では、下に行くほどクオリティを落とし、レンダリング時間が短くなるようになっています。

あくまでRTはプリセットマネージャですので、レンダリングが始まってしまえば普段と変わりなく、アニメーションもレンダリングすることが出来ます。


■RTの設定
次に、RTの設定ダイアログを再び見てもらいましょう。
RTプリセットHi
設定ダイアログは大きく、『Globals』『UberEnvironment』の2つに分かれています。それぞれチェックボックスが付いており、チェックが付いているもののみ、このダイアログでの設定が適用されるようになっています。
この『UberEnvironment』というのは、『UberEnvironment Light Shader IBL HDRI』というDSプラグイン(正確にはライトシェーダですね)で、そのクオリティ設定もここでできるようになっています。こちらについてはまたそのうちに…
前回も少し説明しましたが、それぞれのパラメータの意味を並べて行きますと
Resolution Multiplier
この数値を通常のレンダリング設定の『Pixel Dimensions』に掛けたものが最終的な画像サイズ(上の『Pixel Dimensions』)になります。(注:レンダをActive Viewportでしている場合は、レンダ後拡大されるので見た目の大きさは同じになります。この数値は無視され、3Dビューのサイズでレンダリングされます。)
Pixel Samples
DSのマニュアルでは「オブジェクトのエッジの鮮明さ」と説明されています。通常のレンダリング設定とは違い、X軸とY軸に同じ数値を適用するようになっているようです。大きいほどレンダリング時間がかかります。
Shadow Samples
こちらはDSのマニュアルでは「影のエッジの鮮明さ」と説明されています。ライトの影を『Deep Shadow Map』にした時に影響するようです。大きいほどレンダリング時間がかかります。
Shading Rate
レンダリングクオリティを決定します。詳細は前回のエントリーを参照してください。小さいほどレンダリング時間がかかります。

4つあるプリセットを活用すれば、製作途中は『Med』~『XLo』設定で確認し、ファイナルレンダは『Hi』または標準レンダで…というふうに効率的に製作を進めていくことができますね。



今回のツールはこちら

Render Throttle for DAZ Studio




Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル ライト DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス Genesis2 スクリプト セットアップ ShaderMixer レタッチ Download カスタマイズ SSS トゥーン バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM ファー D-Form ERC Miki2 IDL 大気 M4 物理シミュレーション ボリューム Terrain カラーコレクション Genesis3 モーフセット パーティクル インスタンス カメラ V5 アナグリフ RAMDisk ロボット ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター