PCグレードアップ: 2017年8月

Category : PC
 ずっとしたいと思っていたメインPCのグレードアップを行いました。メモリもSSDも値上がり傾向ですが、下がる要因も見えないので思い切って変えてしまいました。

新PCの構成は次の通りです。
CPU:Intel Core i5-7500 3.4GHz 4Core
Memory:DDR4-2133 SDRAM 16GB
Graphic:NVIDIA GeForce GTX960 4GB

旧PCはこんな構成でした。
CPU:Intel Core i5-2500K 3.3GHz 4Core
Memory:DDR3-1333 SDRAM 16GB
Graphic:NVIDIA GeForce GTX960 4GB

グラフィックカードは変更なし、OSはWindows10Proです。

GPUレンダリングによりグラフィックカードの性能がレンダリング時間にダイレクトに影響するようになったDAZ Studioですが、CPU性能が必要ないというわけではありません。そこでPC環境を変えた時の恒例となったレンダリング時間の比較を今回も行ってみました。



■Windows10のクリーンインストール

 今回PCを構成変更するにあたって、OSは旧PCで使っていたWindows10Pro(Windows7Proから無料アップグレードしたもの)を新PCにクリーンインストールする方法をとりました。
※2016年8月のアップデート(Anniversary Update)以降が適用されたWindows10で可能な方法です。

まず旧PC(無料アップグレード済みのWindows10)にMicrosoftアカウントを追加してデジタルライセンスにリンクします。
そして新PCにWindows10を「プロダクトキーがありません」としてインストールして、ようこそ画面で同じMicrosoftアカウントを使ってサインインします。
(詳しい方法はMicrosoftフォーラム「Anniversary Updateで追加された新機能の紹介 (ライセンス認証編)」などを参考にして下さい。)

最初はライセンス認証が通らなくてあせりましたが、新PCのソフト環境を整えているうちに自動認証されたのか「Windows はライセンス認証されています。」に変わっていました。


■Irayレンダラーでのレンダリング時間比較

 Irayレンダラーのベンチマークに使ったシーンはDAZフォーラムのトピック「Iray Starter Scene: Post Your Benchmarks!」で使われているIrayTestSceneStarterEssentialsOnlyです。
IrayTestSceneStarterEssentialsOnly.jpg

Render SettingsペインのAdvancedタブでHardwareのチェックボックスを切り替えてレンダリング時間(m:分,s:秒)を計りました(OptiX Offです)。
 CPUGPUCPU&GPU
旧マシン1h47m18s12m29s-
新マシン1h10m20s12m24s11m24s

CPUのみでのレンダリング時間は約35%減と結構短縮されていますね。CPUの動作周波数はほぼ同じでも5世代進んでいることとチップセットの進化、メモリの転送速度などが影響しているのではないかと思います。
それに比べるとGPUのみでのレンダリング時間はほとんど変わらず、グラフィックカードの性能のみが影響していると言って問題ないと思います。
CPUとGPUを両方使ったレンダリングでは、GPUのみの場合と比べてレンダリング時間約8%減とCPUがちゃんとなり貢献していますね。ちなみにGPUが4293iterations、CPUが557iterationsの分だけレンダリングを担当しています。旧マシンでは計ってみようと思いつかなかったくらいCPUが貢献しませんでした。


■3Delightレンダラーでのレンダリング時間比較

 CPUでのレンダリング性能をもっと見たかったので、GPUレンダリングオプションのない3Delightレンダラーでのレンダリング時間を計ってみました。ベンチマークに使ったシーンは、以前の記事で使った『Fiery Genesis』です。
fiery_genesis2017.jpg

今はReady to Renderという便利なものがあるので、次の手順でシーンを整えます。

 (1)Smart ContentペインでReady to Renderカテゴリ>Ready to Render - Fiery Genesisを読み込みます(Genesis Starter Essentialsに含まれるアイテムです)。

 (2)Render Settingsペインで以下のように設定します。
 Engine: 3Delight
 Dimension Preset: Letter (17:22)
 Pixel Size: 800 x 1035
 Progressive Rendering: Off
 Max Ray Trace Depth: 2
 Pixel Samples (X): 4
 Pixel Samples (Y): 4
 Shadow Samples: 16
 Shading Rate: 0.20
 Pixel Filter: Sinc
 Pixel Filter Width (X): 6.00
 Pixel Filter Width (Y): 6.00

 (3)Renderアイコンをクリックしてレンダリングを開始します。
厳密にレンダリング時間を計りたい場合は、テクスチャの変換が完了したらキャンセルし、再びRenderアイコンをクリックしてレンダリングを開始します。

レンダリング時間は次のようになりました。

旧PC: 26m54s
(DAZ Studio 4.0 Pro 64bit・Windows 7 Professional SP1 64bitでの結果です。)
新PC: 8m10s

こちらはレンダリング時間約70%減とかなりの短縮具合です。直前の旧PCでの計測データではないのが残念ですが、CPU交換の効果は確実に出ているのがわかります。

                    ***

 今回のPCアップグレードで、GPUに見合ったCPU性能になったことを確認できました。
また、あいまいな感触の話になるのですがレンダリング時間以外にも、ポリゴン数の多いシーンの操作や、Irayプレビュー(Photorealモード)中の操作が軽くなり、Irayレンダリングの前準備の時間が短縮されているように感じます。


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Comment

No title

アークと申します。
DAZ Studioを使い始めてまだ1年足らずの初心者です。
Kotozoneさんの記事を拝読して勉強させてただいております。

実はこの度非常に困った症状が発生してしまい、自力で解決しようと奮闘したものの力及ばず、誠に不躾ながらコメント欄に記事とは無関係な質問を書かせていただきました。何卒ご容赦下さい。

困った症状というのは、Genesis3のフィギュアを読み込んだ時点で複数のMTの数値が勝手に設定されてしまうというものです。MTのパラメータのうち、DefaultとValueの値が0以外に設定されていて、オリジナルのGenesis 3のフィギュアを読み込むことができなくなってしまいました。

症状を改善しようと以下の対策を行いました。
・DAZ Studioをアンインストールしてから、別のフォルダへのインストール
 (Cドライブのユーザデータも消去)
・Genesis 3フィギュアの再インストール
・新規にライブラリフォルダを作成して、そこへGenesis 3フィギュアとMTのインストール
しかしいずれの対策でも解決することができませんでした。

フィギュアに設定されている複数のMTもその数値も私がよく使用するもので、恐らく私が何か余計な事をした結果であることは間違いありません。ただそれが何なのかが全く分からず、完全に行き詰まってしまいました。

こんな面倒な症状に果たして解決策があるのかどうかも分からない状況で、Kotozoneさんにお尋ねするのは大変心苦しいのですが、もし何か心当たりがございましたらお教えいただけないでしょうか。何卒宜しくお願いいたします。

アークさんはじめまして。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

症状についての原因ですが、Default値が変更された状態でモーフアセットが更新されたのではないかと思います。

対処法としては、Parameter Settingsでもとに戻したいモーフのDefault値をすべて0%に設定し直し、
メインメニュー>File>Save As>Support Asset>Save Modified Assetsを実行する方法があります。

このメニューはフィギュアなどのパラメータを変更したアセットをまとめて更新するもので、私は割と誤操作が起こりやすいのではとかねてから思っていました。もしかしたら、この操作をしてしまったのかもしれませんね。
まずは1モーフから試してみて下さい。

No title

ご回答いただきありがとうございます。

> メインメニュー>File>Save As>Support Asset>Save Modified Assets
私が誤操作したのはほぼ間違いなくこれです。
早速MTのDefault値を0%に設定し直した後にこの操作を行いましたが、何故か値が更新されません。該当するMTのファイルのタイムスタンプは確かに更新されているにも関わらず、フィギュアをロードし直してもDAZ Studioを起動し直してもMTのDefault値が0%に戻りません。

そこでG3Fフィギュアに追加した自作のMTを格納するフォルダの中にある、自作のMT以外のファイルを思い切って全て削除してからG3Fフィギュアを読み込むと、遂にMTのDefault値が全て0%に戻すことができました。

その状態で自作のプリセットキャラクタを読み込むとMTのファイルが見つからない旨のエラーダイアログが表示されるので、その度に製品のアーカイブにあるオリジナルのMTファイルをコピーすると、エラーダイアログが表示されることもなくなりました。極めて場当たり的な対応で、必要なMTが全て揃っていないのは間違いありませんが、またエラーダイアログが出たらその時はその時です(笑)

Save Modified Assets機能で0%に戻せなかったのは心残りですが、おかげさまで問題を解決することができました。突然の不躾な質問にも関わらず丁寧にご対応いただき本当にありがとうございました。

とりあえず解決したようでよかったです。
Genesisシリーズのモーフはそれぞれファイル化されているので、扱いに割と融通がききますよね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントありがとうございます。
1世代変わっただけでそれはすごいですね。
ここ数世代のグラフィックボードの進化は、PCゲームの高精細化、VR需要などに引っ張られてすさまじいものがあります。3DCGソフトのユーザーもその恩恵にあずかれるのがとってもありがたいところです。
非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン バージョンアップ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー ERC D-Form Miki2 IDL 大気 物理シミュレーション M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 アナグリフ カメラ インスタンス RAMDisk ロボット Genesis8 3Dプリント GIMP SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター