DAZ Studio Basics:タブ解説 Puppeteer

Category : Basics
DAZ Studio(以下DS)のアニメーションを作る標準ツールのうちの一つから、今回は『Puppeteer』を紹介します。これはとても独創的なツールです。基本的な仕組みとしては、個々のポーズを繋げて一連のアニメーションを作るものです。しかしそれだけではなく、その繋ぎの部分の合成作用を使って、表情の作成などにも使われているようです。

Puppeteerタブ SS


■Puppeteerタブの表示

Puppeteerタブ

オブジェクト選択のドロップダウンメニューには操作するオブジェクトが表示されます。

モード選択によって操作モードを切り替えて使います。
・Editポーズドットを配置・調整します。
・Previewレイヤーグリッド上でマウスをドラッグすることで、ポーズドット間の合成をプレビューします。時間は進みません。
・RecordこちらはPreviewモードとは違い、マウスのボタンが押されている間時間が進み、それと共に表示結果が記録されていきます。



■Puppeteerタブのオプションメニュー

・Play AudioPreview、Recordモードでマウスボタンを押している間音楽を再生します。音楽は Edit > Audio で設定します。
・Fill Skipped Framesオンオフの差がよくわかりません。
・Extend Framesアニメーション範囲を使う分だけ拡張していきます。
・Zoom to Fitレイヤーグリッドの表示範囲をポーズドット全部が見れるようにフィットさせます。
・Center Viewレイヤーグリッドの中心をすべてのポーズドットの中心と合わせます。
・Reset Viewレイヤーグリッドの表示範囲をリセットします。
・Add Layerレイヤーグリッドを追加します。
・Delete Layer現在表示されているレイヤーグリッドを削除します。
・Rename Layer現在表示されているレイヤーグリッドの名前を変更します。
・Clear Layer現在表示されているレイヤーグリッド上のポーズドットを全消去します。
・Clear Layer Animation現在表示されているレイヤーで記録されたアニメーションを消去します。
・Delete Selected Pose選択されているポーズドットを削除します。
・Update Selected Pose選択されているポーズドットを現在のポーズに変更します。



■Editモードでの操作

Puppeteerを使うにはまず、Editモードにしてポーズドットを配置しなければなりません。ポーズドットとは、フィギュア(その他のオブジェクトも含め)のポーズやモーフを記録した点です。Parametersタブオプションで「Memorize Figure」をした時に記録される情報と同じものと取ってもらっていいと思います(キャラクタモーフを読み込んだ後もPuppeteer操作でキャラクタが戻ったりしないので、ちょっと違うかもしれません)。

レイヤーグリッド上で左クリックをするとフィギュアの現在のポーズがポーズドットとして記録されます。

フィギュアのポーズを変更(例えばContentタブからポーズファイルを読み込み)してはポーズドットを作り…という工程を繰り返します。
この時ポーズドットを左クリックするとフィギュアが記録されたポーズになり、右クリックするとメニューが表示されます。
Puppeteer ドットオプションメニュー

・Delete Selected Poseオプションメニューのものと同じです。そのポーズドットを削除します。
・Update Selected Poseオプションメニューのものと同じです。そのポーズドットを現在のポーズに変更します。
・Toggle Enabledそのポーズドットの有効/無効を切り替えます。
・Assign Imageポーズドットに画像を割り当てます。
・Scale Image「Assign Image」をしている時だけ表示されます。画像の表示される大きさを拡縮します。

「Assign Image」をすると画像を選択するダイアログが表示されます(ポーズファイル等はそのサムネイルを指定するといいでしょう)。その際、以下のようにDSのリソースフォルダにコピーするか聞いてくることがあります。状況に合わせて選択してください。
Puppeteer 画像コピーダイアログ

また、レイヤーは複数作ることが出来るので、体のポーズを付けるためのレイヤー、顔の表情を付けるためのレイヤー、といったように分けることが出来ます。


■Puppeteer Presetの使用

DAZで販売されているポーズデータやモーフデータの中には、Puppeteerで使用できるプリセットが付属しているものがあります。例えば、『V4 Elite Life Poses』『V4 Elite Body Shapes』といったものです。
これは(対象フィギュアによって変わると思いますが)ContentタブStudio > People > Victoria 4 > Puppeteer Presets 以下にインストールされており、サムネイルをダブルクリックするだけでPuppeteerに読み込むことが出来ます。

また、Editしたポーズドットもプリセットとして保存することが出来ます。
メインメニューから File > Save As > Puppeteer Preset を選択してください。レイヤー選択ダイアログが表示されますので、必要なら選択して保存します。


■Previewモードでの操作

Previewモードに切り替えてレイヤーグリッド上でマウスの左クリック&ドラッグをする事で、Puppeteerの動作を確認することが出来ます。ポーズドット上にマウスポインタがある時はフィギュアはそのポーズを取りますが、ポーズドット同士の間にある時はフィギュアはポーズドットからの距離に合わせて合成されたポーズになります。これは文章で説明するより試してもらった方がいいでしょう。
レイヤーが複数ある場合など、データの読み込みに少し時間がかかる場合があるようなので、クリックしただけでは反応しないことが多いようですからご注意を。
Puppeteer プレビューモード


■Recordモードでの操作

RecordモードではPreviewモードと違い、マウスボタンを押している間は時間が進みます。そして、それと共にフィギュアのポーズが記録されていきます。これによってアニメーションを作成することがPuppeteerの機能の一つなのです。
記録したアニメーションはTimelineタブを操作することで再生等を行うことが出来ます。ここで記録されるのはレイヤーグリッド上のマウスの動きのようで、記録した後にEditモードでポーズドットの配置を変えたりすると、再生されるポーズが変わります。
記録はタイムラインの途中からでも可能で、マウスの動きが上書きされていきます。
また、レイヤーごとに記録されるので、レイヤーを複数作ることで動作をどんどん重ねていくことが出来ます。
DAZによる、Puppeteerでのアニメーション作成チュートリアルビデオがこれです。



■Previewモードの応用

Puppeteerはなにもアニメーションを作るためだけのツールではありません。
ポーズやモーフの合成にも使えます。表情やフルボディモーフ、特にNGMなど特定部位の調節はむしろ得意分野です。髪のモーフパラメータなどは、プリセットを作ることが出来ればすごく調節が楽になるかもしれません。
『V4 Elite Body Shapes』に付属のプリセットなどはこのためについていると思われます。Previewモードでマウスをグリグリするだけで、パラメータの合成結果を見つつモーフを調整できます。

上のPreviewモードでのスクリーンショットは『DM's Feeling Sexy』に収められている表情ポーズをPuppeteerプリセットとして作成したものです。真ん中のポーズドットは何も表情をつけてない状態、その周りに表情のついたポーズドットを並べるという感じでだいたい思惑通りに動作すると思います。

こちらもDAZによるチュートリアルビデオがあります。


Comment

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ これお待ちしておりました~ww

ホンット毎回有り難いです!!ただただ感謝!!

有難う御座います!

Puppeteerは面白そうなことが出来そうに思うんですが、使いこなすのが難しいツールの一つですね。その点、今回紹介したモーフ合成なんかは簡単に使えて効果の大きいものではないかと思います。
お役に立てるといいのですが。
非公開コメント

著書
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン カスタマイズ SSS バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター