aniMate その3:aniPadタブ

Category : aniMate
前回の記事の流れでやっと『aniMate』に戻ってきました今回は、aniPadタブについてざっと見ていきたいと思います。これは、インターフェイスがPuppeteerにとても似ていることから分かりますが、同じ様な使い方をしてアニメーションを作る『aniMate』のツールです。

aniPadタブ SS

■aniPadタブの表示

aniPadaniTimelineタブとは分かれていますので、タブを表示しましょう。メインメニューの View > Tabs > aniPad を選択します。

aniPad タブ表示メニュー

aniPadタブ

まずオブジェクトセレクタで操作するフィギュアを選択します。
aniPadには次の3つのモードがあります。

・Editアニブロックを配置・調整します。
・Previewレイヤーグリッド上でマウスをドラッグすることで、アニブロックを再生します。時間は進みません。
・Record aniBlockこちらはPreviewモードとは違い、マウスのボタンが押されている間時間が進みます。マウスを放すとアニブロックのセーブダイアログが出現します。

Mouse Controls Speedにチェックを入れると、マウスのドラッグ時に動かす速さがアニブロックの再生速度に影響します。
配置したアニブロックを右クリックして「Delete Selected aniBlock」を選択することで、それを削除することができます。


■aniPadタブのオプションメニュー

・Fill Skipped Framesオンオフの差がよくわかりません。
・Extend Framesアニメーション範囲を使う分だけ拡張していきます。
・Zoom to Fitレイヤーグリッドの表示範囲をアニブロック全部が見れるようにフィットさせます。
・Center Viewレイヤーグリッドの中心をすべてのアニブロックの中心と合わせます。
・Reset Viewレイヤーグリッドの表示範囲をリセットします。
・Add Layerレイヤーグリッドを追加します。
・Delete Layer現在表示されているレイヤーグリッドを削除します。
・Rename Layer現在表示されているレイヤーグリッドの名前を変更します。
・Clear Layer現在表示されているレイヤーグリッド上のアニブロックを全消去します。
・Clear Layer Animation現在表示されているレイヤーで記録されたアニメーションを消去します。aniPadでは記録したアニメーションは即アニブロックとして保存されますので、意味があるかどうかは不明です。
・Delete Selected aniBlock選択されているアニブロックを削除します。



■Puppeteerとの違い

aniPadは構成や使い方がPuppeteerと似ていますが、違う点がいくつかあります。また、アニブロックの再生についても若干違いがあります。それをご説明します。

 ・モーションは合成されません。レイヤーグリッド上でマウスポインタに一番近いアニブロックが再生されるのみで、歩きと踊りのアニブロックの間にポインタを置いても踊りながら歩くわけではありません。もちろん、アニブロックの繋ぎの部分はモーションが合成されます。
 ・マウスのドラッグの速さによってアニブロックの再生スピードをダイレクトに調整することが出来ます。
 ・Recordモードでは、マウスのドラッグによって生み出されたアニメーションは即アニブロックとして保存されます。
 ・画像をアニブロックと関連付けることは出来ませんが、アニブロックの上にその名前が表示されます。
 ・あるアニブロックから他のものに移行する時、フィギュアの位置や向きは初期位置・角度に戻ります。なので、歩行などよりも踊りのような動作の方が向いています。


■隠しメニュー?

ここからはaniTimelineの方の話題なのですが、いろいろいじっていると隠しメニューがあることに気づきました。
・V4 aniBlock -> V3 Characterアニブロックの再生をVictoria3フィギュア用に補正します。
・V4 aniBlock -> A3/S3/D3 Characterアニブロックの再生をAiko3/StephaniePetite3/David3フィギュア用に補正します。

これらは、メインメニューから Edit > Customize のダイアログのMiscellaneousアクションに見つけることが出来ます。aniTimelineタブのオプションメニューに追加してやるとよいでしょう。

aniMate 隠しメニュー追加

実行してみると確かに足首の角度などが補正されます。ただ、隠しで入っていると言うことは、動作が保障されたものではないということに注意してください。



今回のツールはこちら

aniMate2

aniMate2 Content Bundle




Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 セットアップ ShaderMixer バージョンアップ レタッチ Download カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ ファー NGM ERC D-Form Miki2 物理シミュレーション IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Terrain Genesis3 パーティクル モーフセット V5 Genesis8 カメラ インスタンス アナグリフ ロボット 3Dプリント GIMP RAMDisk SLG V8 ダイナミックヘア K4 Python Linux 日本語訳 モーションキャプチャ Hexagon 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター