スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAZ Studio 3 Advanced その7:進化したUberEnvironment2を試す

Category : UberEnvironment
DAZ Studio2.3(DS2.3)でかなり売れたであろうライトプラグイン『UberEnvironment Light Shader IBL/HDRI』がバージョン2として進化して帰ってきました。前バージョンはこのブログでも記事にしましたね。
今回はその『UberEnvironment2』の使いやすくなった部分や新機能を紹介したいと思います。これは、HDRI(High Dynamic Range Images)によるIBL(Image-Based Lighting)によってリアルなライティングを実現するライトシェーダです。バージョン2になって、従来のAmbient Occlusion(AO) - 環境閉塞 だけでなく、Indirect Lighting(IL) - 間接照明 のモードもつきました。Global Illumination(GI)については少し前の記事で触れましたので、今回は内容をHDRIを使ったモードに絞りたいと思います。

『UberEnvironment2』の製作者によるWikiマニュアルはコチラにあります。

UberEnvironment2 AOIL SS


■変わった点

まず、バージョンが上がって変わったところを挙げていきます。
 ・Raytrace(AO)のOn/Offスイッチがなくなり、モードとして選択できるようになりました。詳しくは後述します。
 ・UberEnvironment2ライトオブジェクトの子供に、シーンを覆う球体オブジェクトが付きました。そこにはライトソースの画像(HDRIをJPGに変換したもの)が貼り付けられ、光源の方向やレンダリング結果がわかりやすくなりました。
UberEnvironment2 Sceneタブ
 ・それと同時に、UberEnvironment2ライトオブジェクトを回転・移動させることで、簡単にライトの方向を変えることができるようになりました。

以上の変更点によって、ライトの調整が格段にしやすくなりました。
変更されていない点は前のバージョンと同じ様に使えますので、このブログの過去記事を参考にしてください。


■使い方

『UberEnvironment2』の使い方は前と変わりなく、Contentタブから DAZ Built-in Content > Lights > UberEnvironment2 を開きます。今回は、その中の「!UberEnvironment2 Base」アイコンをダブルクリックします。

DS4.5では、次の場所にあります。
 Smart ContentタブのLights>Otherカテゴリ
 Content LibraryタブのDAZ Studio Formats>>Light Presets>omnifreaker>UberEnvironment2

UberEnvironment2 Contentタブ

この状態ではHDR画像は読み込まれておらず、単色によるライティングとなります。
「Set HDR ~」と名前の付いているアイコンをダブルクリックすることで、対象のHDR画像を光源とすることが出来るようになります。
また、「Set Quailty ~」と名前の付いているものは、AOやおそらくILも含めたクオリティを変更します。0XLoが一番ノイジーでレンダリング時間が短く、4XHiが最もノイズが少なくレンダリング時間は増加します。
ちなみに「HDRConverter」はHDR画像を『UberEnvironment2』で使えるように変換します。

光源の方向を変更するには、ParametersタブのそれぞれのTransformsパラメータを変更します。


■モードの違い

ParametersタブEnvironment Modeを変更することで、AOやILのスイッチングをすることが出来ます。
UberEnvironment2 モードセレクタ

・Ambient(No Ray Tracing)AO、ILどちらも使いません。最も短いレンダリング時間ですむので、ライトの設定の確認をするのに便利です。
・Occulusion w/Soft ShadowsAOをOnにします。オブジェクトが隣接する部分に影ができるようになります。DS2.3版のRaytraceをOnにした状態がこれにあたります。
・Occulusion w/Directional ShadowsAOをOnにします。こちらは、ある程度指向性のある影になります。
・Indirect Lighting w/Soft ShadowsAOとILをOnにします。物体による照り返しの計算もしますので、よりリアリティが増す反面、レンダリング時間は長くなります。
・Indirect Lighting w/Directional ShadowsOcculusion w/Directional ShadowsにILを加えたものと考えられます。
・Bounce Light(GI)ここでは選ぶ意味はありません。おそらく。


とりあえず最初はAmbientモードで明るさや光源の方向を見て、そののち、AOやILのOn、Qualityのアップなどをしていくと良いと思います。

それぞれのモードでレンダリングしたシーンをレンダリング時間と共に見ていきましょう。
今回は人物です。『UberEnvironment2』のライトと、スペキュラを補助するためにDistantLightを1灯配置していますが、AOの効果がわかりやすいようにライトの影はつけていません。髪の毛は『UberSurface』によってAOが発生しないようにしています(この記事をご参照下さい)。ここでは縮小していますが、実際は800pixels×600pixelsでレンダリングしています。AOクオリティは3HiOcclusion Samplesのみ128にしています。
腕の内側や着衣のすそに注目してご覧ください。

UberEnvironment2 Briana ambient
Ambient(No Ray Tracing)
レンダリング時間 23秒


UberEnvironment2 Briana AOsoft
Occulusion w/Soft Shadows
レンダリング時間 4分42秒


UberEnvironment2 Briana AOdirect
Occulusion w/Directional Shadows
レンダリング時間 6分7秒


UberEnvironment2 Briana ILsoft
Indirect Lighting w/Soft Shadows
レンダリング時間 20分39秒


UberEnvironment2 Briana ILdirect
Indirect Lighting w/Directional Shadows
レンダリング時間 20分7秒


AOの効果はすばらしいものですが、ILの方はなんかAOと打ち消しあっちゃってますね。強度が100%だからかもしれませんが、人物向きの効果ではないのかもしれません。レンダリング時間もILモードではかなり膨れ上がってしまっています。

※キャラクターの肌にはとうふさんの『Tofu Skin Setting』 TYPE-1を使わせていただきました。Poser用のマテリアルがダブルクリック1回でDS向きの設定(DAZ Studio Defaultマテリアルです)に早変わりする便利なマテリアルプリセットです。
下の画像の左がPoserのマテリアルそのままになっているもの、右が『Tofu Skin Setting』適用後です。ひと目で違いが分かりますね。画像には写っていませんが、目のスペキュラもちゃんと入っています。
Tofu Skin Setting適用結果の比較


■HDR画像を背景にする

さて、最初に『UberEnvironment2』にシーンを覆う球体オブジェクトが付いたことを書きました。いわゆる天球なのですが、これはあくまでライティングの調整のためのもので、レンダリング時には透明になってしまいます。
せっかくいいものが用意されているので使わない手は無い!ということで、ライトソースのHDR画像をここに貼り付けて、一緒にレンダリングしてしまおうというコーナーです。
標準添付されているHDR画像は解像度が低いものしかないので、例として、HDR画像を使ったUberEnvironmentプリセットとして販売されている『Country Day HDRI LE』の「Balcony」を使ってみます。

前準備として高解像度HDR画像(.hdr)をテクスチャ(.jpg)にコンバートしなくてはいけません。Photoshop CSやHDR Shopを使ってください。Photoshop CS2の場合ですと、メインメニューのイメージ > モード > 8 bit/チャンネルHDR変換ウィンドウが開き、ここでコンバートすることが出来ます。

最初に、『UberEnvironment2』のなにかしらのプリセットを適用して天球にテクスチャが貼り付けられた状態にします。
次に、SceneタブEnvironmentSphereを選択し、Parametersタブの「Visible in Render」をOnにします。これで、天球がレンダリングされるようになりました。

では、使用したいHDR画像に変更しましょう。『Country Day HDRI LE』『UberEnvironment2』に対応していないので、手動でする必要があります。SceneタブでUberEnvironment2ライトオブジェクトを選択し、Parametersタブにて、Light > Basic欄のColorを使用したいHDR画像(.tif)に変更します。

今度は天球のテクスチャも変えてやらなくてはいけません。SurfacesタブでEnvironmentSphereサーフェイスを選択してAmbient Color(レンダリング用)とDiffuse Color(ビューポート用)をコンバートしたJPGテクスチャに変更します。
UberEnvironment2 environmentsphere サーフェイス

これで、レンダリング時に背景もつくようになりました。WARNINGがログに記録されますが、一応レンダリングはできているようです。
UberEnvironment2 environmentsphereレンダリング


■今日の一枚

最後にせっかくなのでモード比較に使った画像をちゃんとレンダリングしました。DistantLightの影をつけて、肌はスペキュラを上げてしっとりと、Indirect Lighting w/Soft ShadowsモードでILを弱くしてレンダリングしています。ダンベルにはShareCGの『Dumbbell for Poser』を使わせていただきました。これにはShaderMixerのChromeプリセットを適用しています。これ、ちゃんと周りが写りこんでいるのにレンダリングが早いんです。レンダラのバージョンアップ効果なんでしょうか。
ワークアウト エクササイズ1
Character:Briana (Atlethic)
Hair:Radiant Jaguar Hair
Costume:Hongyu's SportBaby for V4 , Workout for Hongyu's SportBaby for V4
Shader:UberEnvironment2
Prop:Dumbbell for Poser

チャンネル登録者数がすごい数でしたから、知っている方もいらっしゃると思いますが、YouTubeのBodyRock.TVに触発されて作りました~。



今回のツールと画像の素材はこちら

Country Day HDRI LE

Briana

Radiant Jaguar Hair

Hongyu's SportBaby for V4
Hongyu's SportBaby for V4
AD Workout for Hongyus SportBaby for V4
Workout for Hongyu's SportBaby for V4




Comment

拙作のプリセットを紹介していただき、ありがとうございます。ちょっと照れますね(;´∀`)
Daz StudioでもIBLレンダリング時に背景が付けられるようになったんですね!これは活用範囲が広いので、大変参考になります。m(_ _)m

とうふさんいつもコメントありがとうございます。
いえいえ、あのプリセットはDAZ Studioを始めたばかりの人でも簡単に使えて、効果もわかりやすいので、オススメできるものだと思いますよ。
wet skin shaderも期待してます!
非公開コメント

著書
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル DSシェーダ ライト DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender Genesis2 スクリプト ダイナミッククロス ShaderMixer セットアップ Download レタッチ トゥーン バージョンアップ カスタマイズ SSS Photoshop ウェイトマップ NGM D-Form ERC ファー Miki2 IDL M4 大気 物理シミュレーション ボリューム Terrain パーティクル カラーコレクション Genesis3 モーフセット インスタンス アナグリフ V5 カメラ ロボット RAMDisk ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。