DAZ Studio 3 Advanced その8:進化したUberEnvironment2を試す 静物編

Category : UberEnvironment
前回はDAZ Studio 3 Advanced(DS3Adv)に搭載されたIBL(Image-Based Lighting)システム『UberEnvironment2』を人物で試しました。今回は、それを調度品などの静物で試したいと思います。

UberEnvironment2 ピッチャー SS


■モード別のレンダリング

今回は机とピッチャーのシーンにしました。
プリセットはコントラストの強い「KHPark」のSaturation(彩度)を50%にしたものを使っています。他にはQualityを 4XHiにしています。光源と同じ方向からDistant Lightをスペキュラのみで1灯配置したのみで、影も含めて他は『UberEnvironment2』任せです。
レンダリングサイズはこのままの400pixels×300pixelsとなっています。

UberEnvironment2 ピッチャー ambient
Ambient(No Ray Tracing)
レンダリング時間 6秒


UberEnvironment2 ピッチャー AOsoft
Occulusion w/Soft Shadows
レンダリング時間 2分23秒


UberEnvironment2 ピッチャー AOdirect
Occulusion w/Directional Shadows
レンダリング時間 3分8秒


UberEnvironment2 ピッチャー ILsoft
Indirect Lighting w/Soft Shadows
レンダリング時間 12分16秒


UberEnvironment2 ピッチャー ILdirect
Indirect Lighting w/Directional Shadows
レンダリング時間 10分58秒


Directional Shadowsの付いているモードでは、IBLとは思えないぐらい影が伸びていますね。IL(Indirect Lighting)モードでは同系色ばっかりの部屋なのでちょっとわかりにくいと思いますが、ピッチャーの下部に机の照り返しが入っています。
Soft/Directionalの差はAOに関してのもの、ILモードではそれプラス隣接オブジェクトからの照り返しが入るということのようです。



今回の画像の素材はこちら

Old Fashioned Washstand

First Class Stateroom



Comment

非公開コメント

著書
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 マテリアル ライト DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス Genesis2 スクリプト セットアップ ShaderMixer レタッチ Download カスタマイズ SSS トゥーン バージョンアップ Photoshop ウェイトマップ NGM ファー D-Form ERC Miki2 IDL 大気 M4 物理シミュレーション ボリューム Terrain カラーコレクション Genesis3 モーフセット パーティクル インスタンス カメラ V5 アナグリフ RAMDisk ロボット ダイナミックヘア Hexagon GIMP 3Dプリント SLG モーションキャプチャ Python K4 Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター