FC2ブログ

カテゴリビューでランタイムを整理する その1

Category : Tips
ハードディスクにインストールしたフィギュアなどのアイテムをDAZ Studio(以下DS)から利用するためのContentタブ、これがなくては始まらない重要なタブですが、アイテム数が増えてくるにしたがってどんどん内容が複雑になり、目的のものを探すのが大変になってきます。
このタブには、フォルダ構造そのままで表示するフォルダビューと、ユーザーが自由にアイテムを分類できるカテゴリビューがあります。このブログではインストール場所の説明上フォルダビューをお勧めしてきましたが、今回は、カテゴリビューでアイテムを整理する方法をまとめたいと思います。
使い始めると便利なんです!コレガ!

カテゴリビュー SS
本文とはあまり関係ありませんが、DS3になってからはアクティビティを一つにまとめ、Contentタブはアイコンで随時呼び出すようにしています。

※3つ目のカテゴライズ方法を追記しました。

■インストールしたアイテムをリストアップする

まずはContentタブカテゴリビューに切り替えなければ始まりません。
Contentタブのオプションメニューから「View Categories As ~」をクリックします。ListTreeフォルダビューのように表示形式が違います。ここではListの方で説明していきます。
カテゴリビュー タブオプション

切り替えると何もリストに表示されなかったり、アイテム数が少なかったりすると思います。なので、インストールされたすべてのアイテムをスキャンしてリストアップさせます。同じくオプションメニューから「Search for Content」をクリックしてください。このようなダイアログが現れます。
カテゴリビュー スキャンダイアログ

ビューを切り替えた時点でこれが表示される人もいると思います。ここで「Yes」ボタンをクリックすると登録されたすべてのランタイムフォルダのスキャンが始まります。ちなみに「Do Not show this dialog when ~」にチェックをつけると起動時などカテゴリビューを開く際にスキャンダイアログが現れるのを防ぐことができます。

スキャンが終了するとこのような表示になると思います。
カテゴリビュー 最初のスキャン

Unassignedカテゴリには分類されてないアイテムが入っており、その下はランタイムと同じフォルダ構造になっています。
1からカテゴリ名を決めて仕分けしなきゃいけないの?と思うかもしれません。そんなことはなく、あらかじめ用意されたカテゴリがあるのですが、何もアイテムが入ってないカテゴリは非表示にされているだけです。リスト部分を右クリックして「Show Empty Categories」をクリックしてやればすべてのカテゴリが表示されるようになります。ここへ整理していくわけです。
カテゴリビュー 全カテゴリ表示


■アイテムの整理法(カテゴライズ)

このUnassignedカテゴリという1つの箱に押し込まれた多数のアイテムを手動でカテゴリ分け(カテゴライズ)して整理していかなければいけません。これがカテゴリビューがあまり使われない理由の1つですね。すでに多くのアイテムがインストールされていることを考えると、気が遠くなる方も多いでしょう。
気を取り直して、整理法を説明していきます。

1つ目の方法は、ドラッグ&ドロップ(D&D)です。
アイテム一つ一つや、複数アイテム、フォルダ、あるいは複数フォルダを選択しドラッグ、マウスを動かし目的のカテゴリへ分け入ったのちドロップという寸法です。
※多量のアイテムを一度に移動させようとした時にDSが強制終了してしまう場合がありますのでご注意下さい。そうなってもDSの再起動後に同じ操作をすれば完了できます。

2つ目の方法はアイテムの右クリックメニューで「Categorize」を実行することです。
カテゴリビュー カテゴライズ

すると「Categorize Content」ウィンドウが開きます。ここでチェックを付けたカテゴリへ分類されます。この方法で特徴的なのは、1つのアイテムを複数のカテゴリへ分類できるというところです。いろんなフィギュアで使える髪アイテムの分類などに便利かもしれません。その反面、フォルダごとCategorizeすることは出来ません。

3つ目の整理法は、フォルダビューで行います。これは特殊で、スキャン前のアイテムをカテゴライズする方法です。フォルダの右クリックメニューから「Create Category From Folder」を選択します。「Use Only This Folder」ならそのフォルダ内のみ、「Also Use Sub-Folders」なら下位フォルダ内も含めてカテゴリビューに登録します。カテゴリビューに切り替えるとUnassignedカテゴリの直下にフォルダができていますので、D&Dで好きなカテゴリへ移動してください。
この方法はスキャン時間が必要ないのが特長です。初めてカテゴリビューを使ってみようという場合に、スキャンせず、とりあえずよく使うアイテムから分類していこうという目的にいいかもしれません。

他に整理時に便利な機能を紹介などをしていきますと

 ・カテゴリ名の右クリックメニューから、「Rename」でカテゴリ名を変更できます。ただし、日本語は使えません。また、アイコンにSマークのついているカテゴリ名は後述の自動カテゴライズと関わってきますので変更しない方がよいでしょう。
 ・カテゴリ名の右クリックメニューから、「Create Empty Category Here」で同じ階層に新たなカテゴリを作成します。この時、空カテゴリが非表示になっていると選択できませんので気を付けてください。「Delete」で選択しているカテゴリを削除します。
 ・2回目のスキャンからは新たに加わったアイテムのカテゴリ名とアイテムに色と*マークがついて表示されますが、整理が済んだら必要ないので右クリックメニューから「Mark as Viewed」で消すといいでしょう。
 ・同じカテゴリ内に同じ名前のアイテムは存在できますが、同じ階層に同じ名前のカテゴリは存在できませんので、D&Dの時に気をつけてください(ドロップ時にマージするかのダイアログが出ます)。
 ・DSで保存したファイルは保存場所にかかわらず自動でカテゴリビューに登録されます。その際、開いているカテゴリに登録されることに注意してください。
 ・カテゴリビューの分類内容はContentという名前のファイルに保存されます。定期的にバックアップを取っておくとよいでしょう。WindowsXPの場合は C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Application Data\DAZ 3D\Studio3 内にあります。
 ・分類されたアイテムをアンインストールしても、カテゴリビューにはそのアイテムの残骸が残っています。それをクリックすると「Missing Content」ウィンドウが出現し、どこかに移動しましたか?というふうに聞いてきます。本当に移動したものであれば「Locate File」ボタンで場所を指定してやり、すでにハードディスク上に無いものならば「Ok」ボタンで消してしまえばよいです。この時ウィンドウ最下段のチェックを入れておくとすべてのランタイムをチェックします。
カテゴリビュー ミッシング


■アイテムの整理例

例として、衣服『Hongyu's Corset 2 for V4』をインストール&カテゴライズしてみたいと思います。あくまで私流の整理例ですので、カテゴリなどは使いやすいように分類してください。

ファイルをインストールし「Search for Content」をすると、このようにインストールされた場所が色と*マークが付いてわかりやすく表示されます。
カテゴリビュー 衣服インスト1

Unassignedカテゴリ内 Figure>Hongyu's Corset フォルダを People>Victoria>Clothing>Intimates カテゴリへD&Dします。Intimatesは下着の意味ですね。
カテゴリビュー 衣服インスト2

今度はUnassignedカテゴリ内 Pose>Hongyu's Corset2 フォルダを People>Victoria>Clothing>Intimates>Hongyu's Corset カテゴリへD&Dします。名前がわかり難くなってしまったので、「Material」に変更しました。また、V4フィギュアへのINJファイル、それぞれのアイテムのモーフPoseファイルを別フォルダを作って(右クリックメニューから「Create Empty Category Here」)分けました。
カテゴリビュー 衣服インスト3

最後に「Hongyu's Corset」フォルダを右クリックして「Mark as Viewed」でマークを消して終わりです。


■ナビゲーションバー

カテゴリビューを使う上でとても便利な機能があります。
それはContentタブの上部に出現するナビゲーション用のツールバーです。
カテゴリビュー サーチ
左からエクスプローラなどでおなじみの、戻る、進む、上のカテゴリへとボタンが並び、その横にはキーワード検索ボックスがあります。
ここにキーワードを入力して虫眼鏡アイコンをクリックすれば、マッチするアイテムをすべてリストアップすることができます。

アイテムを整理したあとのカテゴリビューの使いやすさはとても良好です。
フィギュア読み込み、衣服読み込み&着用、マテリアル読み込み、ポーズ読み込みなどが最小限のカテゴリ移動で出来るようになります。
カテゴリ分けが面倒だと思いますので、アイテムをインストールするたびにスキャン&カテゴライズするのを習慣にする必要はありますね。



Comment

いつもながら大変参考になります。つい今しがた試してみたんですけど、これはすごく便利ですね。(;゚Д゚)
ただT2さんの言われたとおり、自動分類だとほとんどがUnassignedに分類されてしまいました。連休中に少し整理しようと思います。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とうふさんいつも見ていただいてありがとうございます。
そう、アイテムのカテゴリ分けさえしてしまえば便利なんですよ~。でもそれが大変…
非公開コメント

著書
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

Kotozone

Author:Kotozone
製品の取扱説明書を読むのが大好きです

FC2ブックマーク
最新記事
カテゴリ
タグリスト

DSプラグイン V4 ライト マテリアル DSシェーダ DS基本 セール Genesis IBL アニメーション タブ解説 iray LuxRender ダイナミッククロス スクリプト Genesis2 ShaderMixer セットアップ バージョンアップ Download レタッチ カスタマイズ トゥーン SSS Photoshop ウェイトマップ NGM ファー 物理シミュレーション ERC D-Form Miki2 IDL 大気 M4 カラーコレクション ボリューム Hexagon Terrain パーティクル Genesis3 モーフセット Genesis8 V5 カメラ アナグリフ インスタンス GIMP 3Dプリント ロボット RAMDisk SLG ダイナミックヘア K4 V8 Python モーションキャプチャ Linux 日本語訳 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ご意見ご感想はこちらに

名前:
メール: 
件名:
本文: 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター